「地球上」とは?

関連ニュース

メアリー・E・ウィンステッド、恋人E・マクレガーの娘にディスられる - 07月18日(水)12:13 

 海外ドラマ『FARGO/ファーゴ3』で共演した俳優ユアン・マクレガーと交際中の女優メアリー・エリザベス・ウィンステッドが、ユアンの長女クララ・マクレガーに「人間のくず」と批判されていたことが明らかになった。【写真】一糸まとわぬ姿も…ユアンの娘クララ・マクレガーがプレイボーイデビュー メアリーとの不倫が発覚し、ユアンが22年連れ添った妻でクララの母イヴ・マブラキスと離婚に至ったとあり、クララはメアリーにいい感情を抱いていない模様。E!Onlineによると、クララはメアリーのファンが展開するインスタグラムのファンページにあった投稿に批判コメントを寄せていたという。 2014年のアカデミー賞のアフターパーティーで撮影されたというメアリーの写真が投稿されると、「この地球上で最高に美しく、才能のある女性ですって???」と、ファンページのプロフィールに書かれたメアリーの説明に疑問を投げかけたクララ。「なんてこと。あなたたちの妄想もいいとこよ。あの女は人間のくずよ」と痛烈批判したという。 メアリーのファンのひとりがクララを「メアリーに面と向かって言えもしないくせに」と批判し、結婚をダメにした人間はふたりいるとして、メアリーばかりが責められる理由はないと反論すると、クララは「そう、ふたりいる。メアリーと私の父」と応答したとのことだ。 本件に関してユアンやメアリーからコメントは出ていない。 ■...more
カテゴリー:

【生物】女王アリの秘密「精子を体内に10年以上貯蔵」―驚愕の生態に女性研究者が迫る[07/16] - 07月17日(火)15:05  scienceplus

地球上で最も繁栄している生物の一つとされるのがアリ。身のまわりにもたくさんいるが、その生態は意外と知られていない。 なかでも興味深いのは女王アリで、他の生物にはない驚く能力が備わっている。交尾するのは巣を飛び立つ1回だけ。 その際にオスからもらった一生分の精子を、体内の袋にためて10年以上に渡って大事に使用するのだ 女王アリはなぜそれほど長い間、精子を体内に貯蔵できるのか。 仕組みを解明できれば、ヒトや家畜の精子の保存への応用が期待できるという。 この分野で世界の研究をリードする、甲南大理工学...
»続きを読む
カテゴリー:

7月16日は海の日!「海の不思議」雑学クイズ - 07月16日(月)13:00 

 7月16日は海の日です。海は地球の70%を占めていますが、人間が把握していることは、そのごく一部だとされています。というわけで今回は、この季節にふさわしく、謎がいっぱいの海を取り上げましょう。(文中敬称略 出題/小泉珍事郎) 【Q1】「不死身のクラゲ」はなぜそう呼ばれる?  海には不思議な生物が数多く生息しています。考えてみると、日本でよく知られる「チョウチンアンコウ」もかなり独特です。何しろ、提灯にたとえられる頭部の突起部分から、発光液を噴出して、周囲を明るくするんですから。  太平洋北部の亜寒帯海域に分布する魚「デメニギス」も、かなりオリジナリティがあります。胴部の見た目は一般的な魚と同じながら、頭部のみ透明というから驚きです。そのうえ、眼球の形状が変わっています。なんと、それは望遠鏡のような筒状をしているんです。その筒は外に飛び出しているのではなく、中に引っ込んでいます。そして、頭部が透明なので、それが外から確認できるんです。  直径4~10ミリ程度の「ベニクラゲ」は、その驚異の特性から“不死身のクラゲ”なる異名があります。さて、なぜ、そう呼ばれているのでしょう? (1)2つに裂いても、それぞれが生き続けるから (2)地球上の生物で唯一、若返ることができるから (3)天敵がおらず、300年以上生きるから 【Q2】日本周辺の海にまつわるミステリーは...more
カテゴリー:

年度重磅天象:7月27日火星迎十五年一遇“大冲” - 07月15日(日)16:38 

  原标题:本年度重磅天象:7月27日火星迎来十五年一遇“大冲”   新华社天津7月15日电(记者周润健)作为2018年天宇重磅天象,火星将于本月27日上演“冲日”表演,这次“冲日”特别之处在于这是十五年一遇的“大冲”。届时,地球上的人们会看到一颗火红火红的亮星几乎彻夜闪....
カテゴリー:

【アイスランドの捕鯨に非難】絶滅危惧種のシロナガスクジラを殺傷か - 07月13日(金)21:26  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44816607 アイスランドの捕鯨に非難 絶滅危惧種のクジラを殺傷か 2018/07/13 7時間前 マット・マグラス環境担当編集委員 アイスランドの捕鯨業者が、地球上に残っている最も大きな動物とされるシロナガスクジラとみられるクジラを殺傷した。 反捕鯨活動家による証拠写真には、巨大なクジラが輸出のためにさばかれている様子が写されている。 専門家らは写真に写っているのは若いオスのシロナガスクジラだと結論付けた。シロナガスクジラは1978年以降、捕獲されていない。...
»続きを読む
カテゴリー:

資産17兆5000億円! Amazonのジェフ・ベゾスCEO、これまでの記録を更新する世界一のお金持ちに - 07月18日(水)11:30 

Image: David Ryder/Getty Images News/ゲッティ イメージズ ビル・ゲイツよりもお金持ち。プライムデーではお得に買い物できました? 世界中が沸いている裏で、Amazon(アマゾン)のジェフ・ベゾスCEOが世界のお金持ちランキングトップに躍り出ていました。アメリカ現地時間の7月16日(月)午前中、Bloombergが公開しているビリオネアインデックスにて、ベゾスの純資産額が1500億ドル(約16兆9000億円)を突破、世界トップへ。現在はさらにあがって、純資産額1551億ドル(約17兆5000億円)ほど。2位はビル・ゲイツで、資産は953億ドル(約10兆7500億円)。ちなみに、ベゾスの1551億ドルは、近年史の最高資産額を更新してのトップです。インターネット・バブル時代、1999年のゲイツの資産が約1000億ドルで、今の価値に換算すると1490億ドルということなので、最盛期のゲイツよりも今のベゾスの方がお金持ち。Bloombergいわく、フォーブス誌がお金持ちランキングを始めた1982年以降で最大のお金持ち。過去36年、この地球上で1番のお金持ち。とんでもないお金持ち。想像できないレベルのお金持ち。人類お金持ち史を更新しつつ、もっとお金持ちになるであろうお金持ち。 A...more
カテゴリー:

【サッカー】「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出! - 07月17日(火)10:12  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00044077-sdigestw-socc 「おい、これは地球上で起こっていることなのか?」 6月14日に開幕したロシア・ワールドカップは全64試合を消化し、フランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。史上最高レベルの大会との呼び声が高く、数多の名場面や名勝負が想起される。    英紙『The Guardian』は、今大会の取材に13人の記者(フリーランスを含む)を送り込んだ。7月16日付けのウェブサイトで展開したのは大々的なレビュー企画で、それぞれの記者が思い思いに項目別の“ベ...
»続きを読む
カテゴリー:

科学家在南极发现中微子,或改变我们认识宇宙方式 - 07月16日(月)09:15 

图为艺术家绘制的星系中央概念图。此次“冰立方”观测站探测到的中微子也许就源自此处。   新浪科技讯 北京时间7月16日消息,据国外媒体报道,科学家在地球上发现了一个“幽灵般”的亚原子粒子,一个困扰了科学家半个多世纪的宇宙之谜也许总算能就此解开。   此次找到的高能中....
カテゴリー:

自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で知りたい欲を刺激する - 07月13日(金)23:00 

昆虫を愛する子どもたちはもちろん、夏休みの自由研究に頭を悩ませているママたちにも朗報! 7月13日(金)から国立科学博物館で特別展『昆虫』が行われます。実は、科博で大型の昆虫の特別展が開かれるのは初めての試み。日本初づくしの展示がめじろ押しのこの特別展、PRの中里弘毅さんに、展示の特徴や子連れで見る注目ポイントを取材してきました。館内でもらえる会場マップは昆虫の日常を独特のタッチで描いた『ゆるふわ昆虫図鑑』でおなじみのじゅえき太郎さんが作成。クスッと笑えるイラストが満載で、お土産として持ち帰りたくなります。裏側には「愛を叫んで昆虫に変身! ARアプリ」のQRコード付き■常識をくつがえす「昆虫展を国立科学博物館で開催」の意味絶滅したアリエノプテラ目の標本を日本初公開! 奇跡的に琥珀に閉じ込められた状態で発見されたのだとか「科博で開催するからには、昆虫マニアの大人も満足できるクオリティにしなければならい、でも同時に、子どもたちにとっても楽しくわかりやすくすることにこだわりました」と話すのは、特別展『昆虫』のPRを担当するフジテレビの中里弘毅さん。実はこれまで昆虫にはほとんど触れる機会がなく、子ども時代に昆虫採集をした経験も皆無だというから驚きです。でも、今回の準備を通して知れば知るほど夢中になり、今は自宅でカブトムシを飼っているのだそう。「昆虫の種類は、現在確認できているだけでも100...more
カテゴリー:

国立科学博物館の特別展「昆虫」がスタート!見逃したくないポイントはここだ - 07月13日(金)17:15 

東京・台東区にある国立科学博物館では7月13日(金)より10月8日(月・祝)まで特別展「昆虫」を開催する。名付けられているものだけで約100万の種が存在し、その数は地球上に生息する生物の半数以上になるともいわれる昆虫。本展は約5万点にのぼる国内外の昆虫標本やCG、体感型展示などを駆使して、多種多様な昆虫の体の仕組みや能力、生態を多角的に学習できる国立科学博物館初の昆虫をテーマにした大型特別展だ。 【写真を見る】管理担当者が最後まで公開をためらったというヤンバルテナガコガネのホロ標本。次はいつ見られるかわからない貴重なものだ “昆虫とは”、“昆虫の多様性”、“昆虫の生態”、“昆虫の能力”、“昆虫の研究室”、5つのテーマに分けて開催される特別展「昆虫」。昆虫好き必見の厳選ポイントをご紹介しよう! ■ 世界に1点!貴重なヤンバルテナガコガネのホロタイプ標本が展示 1984年に新種と発表された日本最大の甲虫ヤンバルテナガコガネ。その種の基準となるホロタイプ標本は1種につき1点しか存在しない稀有なもの。これまで一切公開されたことがなかったこの貴重な標本は、見逃し厳禁だ。 ■ 日本初公開!琥珀に閉じ込められた絶滅した昆虫 人類よりもはるか前に地球に存在していた昆虫の中には、すでに絶滅してしまった種も多い。今回、奇跡的に樹脂に閉じ込められ、悠久の時を経てその姿を現在に残す“アリエノプテラ目”...more
カテゴリー:

もっと見る

「地球上」の画像

もっと見る

「地球上」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる