「地方銀行」とは?

関連ニュース

多死社会「50兆円相続」に地銀活路 - 06月25日(月)05:00 

今年130万人、2年後は140万人-。高齢化社会日本の毎年の死亡者数は、銀行にとっては長く付き合った顧客の喪失を意味する。資金流出を食い止めようと、地方銀行では…
カテゴリー:

「マネロン特需」狙う セブン銀が地銀向け支援サービス - 06月22日(金)16:07 

 全国でコンビニATMを展開するセブン銀行は、犯罪組織の資金洗浄(マネーロンダリング)への利用が疑われる口座を特定し、銀行に通報するサービスを今月から始めた。全国の地方銀行を顧客として想定し、まず荘内…
カテゴリー:

ビズリーチが三重の地銀信金と事業承継支援で包括協定 - 06月20日(水)16:34 

 転職サイト運営のビズリーチ(東京都渋谷区)は20日、三重県内に本店を置くすべての地方銀行、信用金庫との間で、中小企業の事業承継支援に関する包括協定を結んだと発表した。同社はこれまで各地の地域金融機関と個別に協定を結んでいたが、都道府県単位での包括協定はこれが初めて。
カテゴリー:

地銀の黒字額5年ぶり1兆円割れ 不動産融資が大半、「担保主義」変わらず - 06月14日(木)07:40 

 全国地方銀行協会や金融庁などのまとめによると、地銀106行の平成30年3月期決算は単体ベースの最終損益の合計が前期比0・4%減の9965億円の黒字で、5年ぶりに1兆円を割り込んだ。一方で3月末の貸出金残高は前期末より増え260兆円を超えた。住宅ローンを含む不動産向けの低利融資が大半を占め厳しい経営環境下で「担保主義」が変わっていない構図が浮き彫りとなった。
カテゴリー:

資金洗浄対策に苦慮の地銀 コスト減へ他行委託の動き - 06月14日(木)06:15 

 マネーロンダリング(資金洗浄)対策が地方銀行の経営の重しになっている。2019年に国際組織による審査を控え、金融庁は今年度内に対策が不十分な地銀や信用金庫への立ち入り検査を検討。ただ、地銀は低金利や人口減少で収支悪化に苦しむ中、監視体制の整備に苦慮しており、他行に対策を委託する動きも出始めた。
カテゴリー:

「優良地銀」の看板にチヤホヤされて...... スルガ銀行が凋落したワケ!?(大関暁夫) - 06月23日(土)09:00 

地方銀行のスルガ銀行で、サブリースローンと言われる不動産投資融資に端を発し、リスクの高い融資案件が内部不正により大量に審査を通していたなど、組織ぐるみの不正行為が明らかになり、問題化しています。 スルガ銀行といえば、マイナス金利に喘ぐ地方銀行界にあって、独自のビジネスモデルで高い収益を上げ監督官庁である金融庁からも「優良地銀」の手本のように持ち上げられてきた銀行です。貸出金利が比較的高い個人ローンの残高を伸ばすことで地銀ナンバーワンと言われる収益を稼ぎ、「優良地銀」の地位を築いてきたのです。常識では考えられない現象の裏にある「心理」 不正のメカニズムはじつに簡単です。順調に収益を積み上げることで、収益ナンバーワン地銀の地位を確固たるものにし金融庁の「おぼえ」もますますよくしたい。そんな思いから収益増強というトップの大号令が、無条件に部下たちを高収益融資実行に向かわせ、書類改ざんなどによるザル審査状態をつくり上げたと言えそうです。 この手の組織ぐるみ不正の問題、特に大手企業で業種を問わず続発しているように思えます。たとえば、東芝の不正会計やタカタのエアバック事故問題。どちらもスルガ銀行のケースと同じく、本来はやってはいけない対応をしていたり、やるべき対応を怠っていたりすることで、最終的に経営を揺るがすような大問題に発展すること至ってしまうのです。 これらの常識では考えられない現象の裏...more
カテゴリー:

天下り地銀トップに逆風 生え抜き主導の刷新相次ぐ - 06月21日(木)05:00 

地方銀行のトップに天下りした旧大蔵省OBらに逆風が吹いている。19日には、横浜銀行と東日本銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)で旧大蔵…
カテゴリー:

【高論卓説】地銀への業務改善命令 低収益性を問題視、再編の波風 - 06月15日(金)06:00 

 1990年代後半から2000年代初頭にかけて、大手銀行に吹き荒れた金融再編の序章を思い起こさせる光景だ。ただ、20年を経て、再編の舞台は大手銀行から地方銀行に移った。
カテゴリー:

【金融】地銀 最終益1兆円割れ、厳しい経営 - 06月14日(木)07:15  bizplus

全国地方銀行協会、金融庁などが13日までにまとめた全国の地銀106行の2018年3月期決算概要によると、単体ベースの最終損益の合計は前期比0.4%減の9965億円の黒字だった。日銀のマイナス金利政策による貸出金利ざやの低下や債券運用部門の不振が響き、2年連続の減少となった。黒字が1兆円を割り込むのは5年ぶり。 3月期末の貸出金残高は前期末より増え、260兆円を超えた。増加したのは住宅ローンを含む不動産向けの低利融資が大半。マイナス金利の影響で貸し出しの増加が収益につながっていない現状が鮮明にな...
»続きを読む
カテゴリー:

地銀 最終益1兆円割れ、厳しい経営 - 06月14日(木)06:15 

 全国地方銀行協会、金融庁などが13日までにまとめた全国の地銀106行の2018年3月期決算概要によると、単体ベースの最終損益の合計は前期比0.4%減の9965億円の黒字だった。日銀のマイナス金利政策による貸出金利ざやの低下や債券運用部門の不振が響き、2年連続の減少となった。黒字が1兆円を割り込むのは5年ぶり。
カテゴリー:

もっと見る

「地方銀行」の画像

もっと見る

「地方銀行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる