「地下鉄サリン事件」とは?

関連ニュース

声優界のレジェンド・野沢雅子が芦田、川栄、しょこたんの演技を絶賛「お世辞抜きでうまい!」 - 06月23日(土)09:00 

7月13日(金)公開の映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の公開アフレコイベントが22日、都内で行われ、ゲスト声優の芦田愛菜、川栄李奈、野沢雅子、中川翔子の4名が登場。それぞれが白熱の演技を披露した。ポケモン映画第21作目となる本作で、芦田は謎の少女・ラルゴを、川栄はポケモン初心者の女子高生・リサを熱演。そして、ポケモン映画には12年連続でゲスト参加となる中川は、リサの弟のリクを担当し、野沢は、ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん・ヒスイを演じた。今回は、川栄と中川、芦田と川栄のタッグによる収録と、芦田と野沢のソロによる収録を実施。アフレコでは野沢のアドリブも飛び出し、会場に詰めかけた報道陣からはどよめきが起こる一幕も。さらに、アフレコが終わったあとは野沢からの批評も飛び出した。最初は「私、だいたい皆さんがやっているときに割と細かく見る人なんですよ」と3人を脅かす野沢だったが、「お世辞抜きで、うまい3人! なぜかって言ったら、ちゃんと表情に合わせてやっているんですよ。気持ちをものすごく乗せているなっていうのが、すごく伝わってきて素晴らしい!」と太鼓判。これには3人も大感激し、中川は、「もう本当に、ただちに人間国宝に!」と興奮気味に野沢を称えていた。女子高生役を演じた川栄は、「JK役ってことで、けっこうテンションが高かったりとか、口調も明るかったりとか、私、普段は暗いの...more
カテゴリー:

田原俊彦、マイケル・ジャクソンの曲でキレキレのダンスを披露 - 06月22日(金)11:30 

来年歌手デビュー40周年を迎える田原俊彦が、6月23日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演。今なお健在なキレキレのダンスを披露することがわかった。ファンに変わらぬ“田原俊彦”を魅せ続けたいと、今も全国を回ってコンサートやディナーショーを毎年欠かさず続けている田原。彼は、高校卒業後、ドラマ『3年B組金八先生』で俳優デビーを飾り、近藤真彦、野村義男とともに“たのきんトリオ”の愛称で一躍人気アイドルに。その人気は凄まじく、ファンレターが月18万通来たこともあったという。さらに、19歳の時に「哀愁でいと」で歌手デビューを果たすと、38枚連続でオリコンシングルチャートTOP10入りを記録するなど、80年代を代表するアイドルとしてファンを魅了し続けた。今回、番組では『ザ・ベストテン』での貴重映像を振り返りながら、当時の思い出をたっぷりと語る。また、マイケル・ジャクソンが心底大好きらしく、「記憶の中で今もきらめく1曲」では、マイケルがメインボーカルを務めていたジャクソン5の名曲「I Want You Back」をあげ、スタジオでジャクソン5の音楽がかかるとテンションも最高潮となり、キレキレのダンスを披露する。 関連リンク 阿川佐和子が伝授「一対一のトーク」を成功させる秘訣とは ...more
カテゴリー:

銀杏BOYZ・峯田和伸、ドラマ『宮本から君へ』11話にカメオ出演 - 06月22日(金)11:02 

池松壮亮主演のドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系、毎週金曜24:57~)の第11話(6月22日)に、銀杏BOYZの峯田和伸がカメオ出演することが発表された。本作は、新井英樹の漫画「定本 宮本から君へ」を実写ドラマ化。大学を卒業して都内文具メーカーに勤務する営業マン・宮本浩(池松)が、恋に仕事に成長していく姿を描いた青春グラフティー。第11話では、一晩でサンプルをあげてもらう印刷会社探しに奔走する宮本に、文具問屋の安達(高橋和也)は付き合いのある印刷会社を紹介するも、断られてしまう。しかし粘り強い交渉の結果、宮本たちの熱意が届き、提出するサンプルが無事に完成するが、そこにさらなる問題が発生してしまい……というストーリー。もともと原作のファンだという峯田は、放送初回には自身のインスタグラムで、番組の感想コメントを寄せるなどのアクションも起こしていたほど。どんな場面に、どんな役柄で登場するかは明かされていないが、峯田は「原作がすごく好きなので、今回の実写化に、ほんとに少しでも関われただけで、僕としては光栄です」と感想を述べると「僕の大好きな池松くんが主演。(11話の撮影時に)会ったときの彼の顔が、すごく良い顔つきになっていたので、たぶん良い作品になるんだろうなと思いました」と語っていた。またメガホンをとった真利子哲也監督について、峯田は「作品は観たことあったんですけど、お会いするのは初...more
カテゴリー:

地下鉄サリン事件被害者の映画監督、重症に至らなかった理由を考察 - 06月22日(金)10:30 

「地下鉄サリン事件」の被害者である映画監督・さかはらあつしさんが、6月21日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。当時の状況と今も苦しめられる後遺症について明かした。「地下鉄サリン事件」とは、日比谷線、丸の内線、千代田線の車内でオウム真理教の幹部らがサリンを散布し、最終的に死者13名、負傷者6,000名以上を出した戦後最大の無差別テロ事件である。当時、築地にあった勤務先へ向かうため、日比谷線六本木駅から築地駅に向かったさかはらさんは、午前8時過ぎに先頭車両の3つ目のドアから乗車したという。すると、すぐ左に新聞紙とビニール袋を発見。当時はそれがサリンを包んでいるものとは知らず、そこに足を乗せて席に座ろうと思ったのだとか。しかし、周囲の乗客の「そこへ座るの?」という視線を感じ、少し離れた場所で立つことにしたのだそう。新聞を読んでいると、だんだん目の調子が悪くなり字が読めなくなってきた。当初は疲れのせいだと思っていたそうなのだが、シンナーのような匂いに違和感を感じたさかはらさんは、2両目に移る。しばらくすると、さきほどいた1両目から「失神している人がいる」との声があった。そちらに目を向けると、あの新聞紙近くに座っていた人がグッタリしているのを発見。さらにアナウンスで「築地で爆発事故が起きた」とのアナウンスが流れる。その日、...more
カテゴリー:

【山梨】サリン噴霧予告 「松本智津夫」名乗る人物から - 06月18日(月)19:26  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000083-mai-soci 毎日新聞  山梨県は18日、「松本智津夫」を名乗る人物から「私の死刑を中止しなければサリンをまく」などと書かれた電子メールが届いたと発表した。地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の教祖、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚を装っているとみられる。県警は偽計業務妨害の疑いもあるとみている。  県防災危機管理課によると、メールは18日午前0時17分、山梨県のホームページ内からアクセスできる「やまなし創造提案便」を通じて届いた。メールには...
»続きを読む
カテゴリー:

銀杏BOYZ・峯田和伸、ドラマ『宮本から君へ』11話にカメオ出演 - 06月22日(金)14:00 

池松壮亮主演のドラマ『宮本から君へ』(テレビ東京系、毎週金曜24:57~)の第11話(6月22日)に、銀杏BOYZの峯田和伸がカメオ出演することが発表された。本作は、新井英樹の漫画「定本 宮本から君へ」を実写ドラマ化。大学を卒業して都内文具メーカーに勤務する営業マン・宮本浩(池松)が、恋に仕事に成長していく姿を描いた青春グラフティー。第11話では、一晩でサンプルをあげてもらう印刷会社探しに奔走する宮本に、文具問屋の安達(高橋和也)は付き合いのある印刷会社を紹介するも、断られてしまう。しかし粘り強い交渉の結果、宮本たちの熱意が届き、提出するサンプルが無事に完成するが、そこにさらなる問題が発生してしまい……というストーリー。もともと原作のファンだという峯田は、放送初回には自身のインスタグラムで、番組の感想コメントを寄せるなどのアクションも起こしていたほど。どんな場面に、どんな役柄で登場するかは明かされていないが、峯田は「原作がすごく好きなので、今回の実写化に、ほんとに少しでも関われただけで、僕としては光栄です」と感想を述べると「僕の大好きな池松くんが主演。(11話の撮影時に)会ったときの彼の顔が、すごく良い顔つきになっていたので、たぶん良い作品になるんだろうなと思いました」と語っていた。またメガホンをとった真利子哲也監督について、峯田は「作品は観たことあったんですけど、お会いするのは初...more
カテゴリー:

田原俊彦、マイケル・ジャクソンの曲でキレキレのダンスを披露 - 06月22日(金)11:22 

来年歌手デビュー40周年を迎える田原俊彦が、6月23日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演。今なお健在なキレキレのダンスを披露することがわかった。ファンに変わらぬ“田原俊彦”を魅せ続けたいと、今も全国を回ってコンサートやディナーショーを毎年欠かさず続けている田原。彼は、高校卒業後、ドラマ『3年B組金八先生』で俳優デビーを飾り、近藤真彦、野村義男とともに“たのきんトリオ”の愛称で一躍人気アイドルに。その人気は凄まじく、ファンレターが月18万通来たこともあったという。さらに、19歳の時に「哀愁でいと」で歌手デビューを果たすと、38枚連続でオリコンシングルチャートTOP10入りを記録するなど、80年代を代表するアイドルとしてファンを魅了し続けた。今回、番組では『ザ・ベストテン』での貴重映像を振り返りながら、当時の思い出をたっぷりと語る。また、マイケル・ジャクソンが心底大好きらしく、「記憶の中で今もきらめく1曲」では、マイケルがメインボーカルを務めていたジャクソン5の名曲「I Want You Back」をあげ、スタジオでジャクソン5の音楽がかかるとテンションも最高潮となり、キレキレのダンスを披露する。 関連リンク 阿川佐和子が伝授「一対一のトーク」を成功させる秘訣とは ...more
カテゴリー:

地下鉄サリン事件被害者の映画監督、重症に至らなかった理由を考察 - 06月22日(金)10:43 

「地下鉄サリン事件」の被害者である映画監督・さかはらあつしさんが、6月21日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。当時の状況と今も苦しめられる後遺症について明かした。「地下鉄サリン事件」とは、日比谷線、丸の内線、千代田線の車内でオウム真理教の幹部らがサリンを散布し、最終的に死者13名、負傷者6,000名以上を出した戦後最大の無差別テロ事件である。当時、築地にあった勤務先へ向かうため、日比谷線六本木駅から築地駅に向かったさかはらさんは、午前8時過ぎに先頭車両の3つ目のドアから乗車したという。すると、すぐ左に新聞紙とビニール袋を発見。当時はそれがサリンを包んでいるものとは知らず、そこに足を乗せて席に座ろうと思ったのだとか。しかし、周囲の乗客の「そこへ座るの?」という視線を感じ、少し離れた場所で立つことにしたのだそう。新聞を読んでいると、だんだん目の調子が悪くなり字が読めなくなってきた。当初は疲れのせいだと思っていたそうなのだが、シンナーのような匂いに違和感を感じたさかはらさんは、2両目に移る。しばらくすると、さきほどいた1両目から「失神している人がいる」との声があった。そちらに目を向けると、あの新聞紙近くに座っていた人がグッタリしているのを発見。さらにアナウンスで「築地で爆発事故が起きた」とのアナウンスが流れる。その日、...more
カテゴリー:

松本智津夫が犯行予告 - 06月18日(月)19:43  news

山梨県は18日、「松本智津夫」を名乗る人物から「私の死刑を中止しなければサリンをまく」などと書かれた電子メールが届いたと発表した。地下鉄サリン事件などを 起こしたオウム真理教の教祖、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚を装っているとみられる。県警は偽計業務妨害の疑いもあるとみている。  県防災危機管理課によると、メールは18日午前0時17分、山梨県のホームページ内からアクセスできる「やまなし創造提案便」を通じて届いた。 メールには「山梨県内の住宅街の施設内複数箇所にサリン噴霧装置を仕掛けさせてもらっ...
»続きを読む
カテゴリー:

バブルから30年…「オジサンの生き様」はどう変化した? - 06月18日(月)15:55 

バブル経済に沸いた40代男性=オジサンと、デフレ不況を粛々と生きる今のオジサン。実際はどちらが幸せなのだろうか。さまざまなデータを基に、この30年間で中年男がどう変化したのか追った。 ◆時代に翻弄されたオジサンの30年  オジサンは世につれ、世はオジサンにつれ変化してきた。「中年男性の変わらない価値観が時代に置いてけぼりを食ったのがこの30年です」と話すのは、時事ネタの読み解きに定評のある“時事芸人”プチ鹿島氏。週刊SPA!創刊の’88年から’18年までの30年間を4つに分け、時代ごとの40代男性=オジサンを振り返ってもらった。  ’80年代後半は「24時間戦えますか。」「5時から(男)」の栄養ドリンクCMが流行したが、プチ鹿島氏は「当時の中年男性は高度資本主義を空元気で乗り切った」と言う。オジサンのやせ我慢に限界がくるのはバブルが崩壊し、オジサンの時代遅れな性価値観への風当たりが強くなった’90年代からだ。 「オジサンの’90年代は’89年の宇野宗佑首相の女性問題で始まります。従来の永田町の価値観なら芸妓や愛人は当り前でしたが、趨勢が変わる。スクープした『週刊朝日』の当時の編集長・鳥越俊太郎の淫行疑惑が’16年にあり、28年越しのブーメランとなったのも皮肉でした」  ちなみに「セクハラ」が流行語になったのも’89年。今年は「#MeToo」が話題だが、約30年たっても男...more
カテゴリー:

もっと見る

「地下鉄サリン事件」の画像

もっと見る

「地下鉄サリン事件」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる