「国際舞台」とは?

関連ニュース

【オシム】「欧州や南米では日常にサッカーが根づいている」「日本はサッカーの地位は高くない。W杯の時だけ勝て勝て、では勝てない」 - 07月19日(木)17:55  mnewsplus

※6月15日付紙面の記事です 小さな国が国際舞台で活躍できるのはスポーツのいいところだ。欧州や南米では日常生活にサッカーが根づいていて、 月曜日は職場や学校でも市場でも、土日の試合結果が話題になる。 日本はまだそこまでいっていないし、サッカーの社会的地位は高いとは言えない。W杯の時だけ「勝て勝て」というのでは勝てないのだ。 今回は特に、日本を含むアジア勢の健闘を期待したい。 アアジアはサッカーの未来の「開拓地」だ。中国とインドといった潜在的超大国が力をつければ 世界のサッカー界の構図全体が変化...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<ユーゴスラビア>存続していればW杯優勝していたかも..今は7つの代表チームが存在★2 - 07月13日(金)13:19  mnewsplus

クロアチアの頑張りは感動的だった。決勝トーナメント1回戦、準々決勝と連続PK戦勝ち。中3日で疲労は明らかだった。早々とイングランドに先制され、ゴールにカギをかけられた。それでも、ひたすら献身的にゴールを目指した。  チームの心臓でもあるモドリッチは、ミスで奪われたボールを鬼の形相で追った。決勝点は少しのチャンスも見逃さずにマンジュキッチが決めた。体力的に限界でも、集中力は最後まで切れなかった。 同点ゴールのペリシッチは「我々のような小さな国にとって、この勝利がどれだけ重要か」と言った。人口約...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<西野監督>カタールが年俸5億円オファーか? - 07月12日(木)19:53  mnewsplus

中東諸国が日本の名将に熱視線だ。ロシアW杯で日本をベスト16に導いた西野朗監督(63)は7月末の任期満了をもって退任する。 わずか2か月でチームを再建した手腕と勝負に徹する姿勢に評価は高まっており、カタールをはじめとする中東諸国がオファーを検討している。 その一方で“金満”で知られる中国サッカー界は日本人監督にまったく興味を示していないという。その理由とは――。 すでに退任が決まった西野監督には中東諸国が関心を示しているという。公認資格を持つ代理人は「国際舞台(W杯)で活躍したから今後はいろいろ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<W杯後の日本代表に選ぶべき若き新戦力4人>懸案は長谷部の後継者か? - 07月10日(火)00:48  mnewsplus

W杯の現場で眺める日本代表の躍動は、格別なものがあった。コロンビア戦、セネガル戦、ベルギー戦といずれも勝ち負けは違ったわけだが、誇らしい気持ちにさせられた。 「日本人が自分たちに誇りを持ってくれるような戦いをしたかった」 主将である長谷部誠は、すべての戦いを終えた後に語っている。 では、新生日本代表に求められる指標とは? それは、選手の顔ぶれやプレースタイルは多少違ったとしても、人の心を動かせるか、にあるべきなのだろう。 今大会の日本代表チームは、平均年齢が明らかに高かっただけに、世代交代...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカーW杯】カズはクロアチア応援 99年ザグレブでプレー - 07月15日(日)11:05  mnewsplus

7/15(日) 7:50配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00268568-nksports-socc 横浜FCカズ(2018年3月25日撮影)  横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で初めて決勝に進出したクロアチアにエールを送った。  カズは、クロアチアがW杯フランス大会で3位になった翌年の99年にザグレブ(現ディナモ・ザグレブ)でプレー。フランス大会はクロアチアがユーゴスラビアから独立後、初の国際舞台だったことを挙げ「サッカーが、世界にクロアチアという国を広めてくれた...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<ユーゴスラビア>存続していればW杯優勝していたかも..今は7つの代表チームが存在。 - 07月13日(金)05:28  mnewsplus

クロアチアの頑張りは感動的だった。決勝トーナメント1回戦、準々決勝と連続PK戦勝ち。中3日で疲労は明らかだった。早々とイングランドに先制され、ゴールにカギをかけられた。それでも、ひたすら献身的にゴールを目指した。  チームの心臓でもあるモドリッチは、ミスで奪われたボールを鬼の形相で追った。決勝点は少しのチャンスも見逃さずにマンジュキッチが決めた。体力的に限界でも、集中力は最後まで切れなかった。 同点ゴールのペリシッチは「我々のような小さな国にとって、この勝利がどれだけ重要か」と言った。人口約...
»続きを読む
カテゴリー:

<ベガルタ>ジュニアユースDF及川選手国際舞台へ U―14Jリーグ選抜入り - 07月10日(火)09:59 

サッカーJ1仙台ジュニアユースのDF及川空(そら)選手(13)=名取市名取一中2年=が10〜24日にスウェーデンへ遠征するU−14(14歳以下)Jリーグ選抜に、東北でただ一人選出された。現地で行われる
カテゴリー:

W杯後の日本代表に選ぶべき若き新戦力4人。懸案は長谷部の後継者か - 07月09日(月)16:00 

W杯出場国のなかでも選手の平均年齢が高かった日本代表W杯の現場で眺める日本代表の躍動は、格別なものがあった。コロンビア戦、セネガル戦、ベルギー戦といずれも勝ち負けは違ったわけだが、誇らしい気持ちにさせられた。「日本人が自分たちに誇りを持ってくれるような戦いをしたかった」主将である長谷部誠は、すべての戦いを終えた後に語っている。では、新生日本代表に求められる指標とは?それは、選手の顔ぶれやプレースタイルは多少違ったとしても、人の心を動かせるか、にあるべきなのだろう。今大会の日本代表チームは、平均年齢が明らかに高かっただけに、世代交代は急務だろう。もっとも、単純に若返ればいいわけではない。また、ロシアW杯を戦った選手たちが伝えるべきものも多分にある。さらに、若い選手が自らポジションを奪い取るような野心がなければ、本当の世代交代は起こらない。「ベテランを切り、若い選手を登用するだけ」という世代交代では、むしろ競争力が落ちてしまうはずだ。代表として力をつけるには、やはりひとり一人の選手のレベル向上が欠かせない。その点、海外で揉まれ、ポジションをつかんだ選手はすぐにでも抜擢すべきだろう。オランダリーグで二桁得点した堂安律、ポルトガルリーグで二桁得点した中島翔哉、スペイン2部で3シーズンを過ごしている鈴木大輔、オーストリアでたくましさを増した南野拓実。4人の欧州組は、新生代表に選ばれるべきだ。...more
カテゴリー:

「国際舞台」の画像

もっと見る

「国際舞台」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる