「国際研究チーム」とは?

関連ニュース

ネス湖の「ネッシー」、湖からDNA採取で解明なるか - 05月24日(木)12:20 

英国のネス湖で目撃報告がある、首長竜のような姿の未確認生物「ネッシー」。ニュージーランドの科学者が率いる国際研究チームが、DNA鑑定によりその存在の有無を明らかにしようとしていると、米TIME誌などが5月23日に伝えた。
カテゴリー:

北朝鮮が閉鎖すると言った核実験場、やっぱりボロボロになったから捨てるだけの模様 - 05月11日(金)11:15  news

北朝鮮「核実験、必要なくなった」 実験場廃棄を宣言 https://www.asahi.com/articles/ASL4P2C8WL4PUHBI00D.html ↓ 北朝鮮の核実験場、損傷は当初の見立てより甚大 国際研究チームの報告、半径800メートル規模で崩落か  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が閉鎖すると表明した豊渓里の地下 核実験場について、核実験による損傷が当初の評価よりも甚大だったことが国際研究チー ムの新たな調査分析で分かった。  シンガポールやドイツ、中国、米国の研究者らが10日付の科学雑誌で発表した報告書に よれば、...
»続きを読む
カテゴリー:

天王星、腐った卵の臭いがすると判明 …NASAなど - 05月03日(木)14:30  news

天王星は腐った卵の臭い? 謎だった雲の組成を解明 - NASAなど 太陽系第7惑星の天王星は、腐った卵のような臭いがするのかもしれない――。 米国航空宇宙局(NASA)などが参加する国際研究チームは2018年4月24日、天王星の雲の上部に、 硫化水素が含まれていることを発見したと発表した。論文は『Nature Astronomy』誌の4月23日号に掲載された。 天王星の雲の組成は、これまで完全には判明しておらず、長年の謎だった。 研究チームは、硫化水素は海王星にもあると考えているが、一方で木星や土星といった他のガス惑星では 観測さ...
»続きを読む
カテゴリー:

「最も遠い酸素」発見=132.8億光年先の銀河-国立天文台など - 05月17日(木)02:45 

 132億8000万光年先の銀河から酸素の存在を示す電波を検出したと、大阪産業大や国立天文台などの国際研究チームが発表した。これまでで最も遠い宇宙での酸素検出という。論文は16日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。 大阪産業大の橋本拓也博士研究員らは、しし座方向の遠い銀河を南米チリにあるアルマ電波望遠鏡で観測。酸素が存在する場合に特徴的に見られる波長の電波を検出した。 宇宙は膨張を続け、遠方の銀河は地球から遠ざかっているため、検出された電波の波長は引き延ばされている。波長の伸びから距離を逆算すると、この銀河は132億8000万光年先にあることが判明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北朝鮮】北核実験の山が変形 頂上沈む - 05月11日(金)07:39  newsplus

北朝鮮が昨年9月3日に6回目となる核実験を行った際、地下実験場がある万塔山は頂上付近が約50センチ沈降し、水平方向に最大3.5メートル広がるように変形したことが分かった。シンガポール・南洋理工大や米カリフォルニア大などの国際研究チームが10日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。   ドイツの地球観測衛星「テラSAR-X」が核実験の前にレーダーで観測した画像と、核実験後の昨年9月4日から12日に観測した画像を比較し、地震データと併せて解析した。   爆発の中心は海抜1750メートルで、山頂の...
»続きを読む
カテゴリー:

「国際研究チーム」の画像

もっと見る

「国際研究チーム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる