「国際研究チーム」とは?

関連ニュース

ヒトの脳に固有の「ローズヒップ・ニューロン」は、こうして発見された - 09月17日(月)19:00 

ヒトの脳に固有である可能性が高いニューロン(神経細胞)が、国際研究チームによって発見された。人間に知性をもたらす一因を担っているかもしれないこのニューロンは、花びらの落ちたバラを思わせる見た目から「ローズヒップ・ニューロン」と名づけられた。この新しいニューロンは、いかに発見されるにいたったのか。
カテゴリー:

【深海ヤバイ】地球上のほぼ全ての生物が即死する水深7500mの深海で新種の魚3種が発見される - 09月16日(日)00:26  poverty

7500メートルの深海で新種の魚3種発見、南米西岸沖のアタカマ海溝 南米西岸沖のアタカマ海溝(Atacama Trench)の水深7500メートルの深海で、クサウオ科とみられる新種の魚3種が発見された。 3種とも半透明でうろこを持たず、地球上のほとんどの生物が即死すると思われる極限の環境に完全に適応している。  国際研究チームは最新の水中カメラで調査を行った。生物の生息に適さない環境にこれらの魚が多数いたことに驚いたという。  英ニューカッスル大学(Newcastle University)のアラン・ジェイミーソン(Alan Jamieson)上...
»続きを読む
カテゴリー:

目前に迫った小麦ゲノムの全解読、これで食糧問題は解決できるのか? - 09月12日(水)17:00 

ヒトより5倍も多く遺伝子をもつ小麦のゲノムを、国際研究チームが13年がかりで94パーセントも解読した。これによって気候変動や病害に強い新品種を、遺伝子編集によって開発しやすくなる。人工知能の活用などで解析が加速すれば、地球の人口増に伴う食糧問題が解決する日が近づくかもしれない。
カテゴリー:

古代エジプトの妊娠検査法、3500年前のパピルスで発覚 - 09月05日(水)15:38  poverty

(CNN) 3500年前の古代エジプトの女性も、現代の女性と同じように尿によって妊娠の有無を判定していた可能性がある。研究者らによる同時代のパピルスの分析から明らかになった。 新王国時代に当たる紀元前1500~1300年に書かれたこのパピルスは、デンマークのコペンハーゲン大学に在籍する国際研究チームが解読した。その結果、当時の女性に対し、尿を使用した妊娠検査の方法を教授する内容が含まれていたという。 そこには神官文字で、袋に入れた大麦とエンマー(小麦の一種)にそれぞれ尿をかけ、「それらが育て...
»続きを読む
カテゴリー:

古代エジプトの妊娠検査法、3500年前のパピルスに記載 - 09月05日(水)15:28 

3500年前の古代エジプトの女性も、現代の女性と同じように尿によって妊娠の有無を判定していた可能性がある。研究者らによる同時代のパピルスの分析から明らかになった。 新王国時代に当たる紀元前1500~1300年に書かれたこのパピルスは、デンマークのコペンハーゲン大学に在籍する国際研究チームが解読した。その結果、当時の女性に対し、尿を使用した妊娠検査の方法を教授する内容が含まれていたという。 そこ...
カテゴリー:

深海7500mの極限の世界では生物は自らの重みの為に水圧で潰れてしまう⇇わかりやすく説明しろ - 09月16日(日)06:05  news

7500メートルの深海で新種の魚3種発見、南米西岸沖のアタカマ海溝 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000021-jij_afp-sctch 【AFP=時事】南米西岸沖のアタカマ海溝(Atacama Trench)の水深7500メートルの深海で、クサウオ科とみられる新種の魚3種が発見された。3種とも半透明でうろこを持たず、地球上のほとんどの生物が即死すると思われる極限の環境に完全に適応している。 【関連写真】アタカマ海溝で発見された新種の骨の構造図  国際研究チームは最新の水中カメラで調査を行った。生物の生息に適さない環境...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査研究】7500メートルの深海で新種の魚3種発見、南米西岸沖のアタカマ海溝 「人の小指に800キロの重りを載せた相当の水圧」 - 09月15日(土)19:17  newsplus

7500メートルの深海で新種の魚3種発見、南米西岸沖のアタカマ海溝 アタカマ海溝の深海で見つかったクサウオ科とみられる新種の魚。英ニューカッスル大学提供(2018年9月14日提供)。(c)AFP PHOTO /University of Newcastle 東太平洋のアタカマ海溝の深海で見つかったクサウオ科とみられる新種の魚の骨の構造図。英ニューカッスル大学提供(2018年9月14日提供)。(c)AFP PHOTO /University of Newcastle 東太平洋のアタカマ海溝の深海で見つかったクサウオ科とみられる新種の魚。英ニューカッスル大学提供(2018年9月14日提供)。...
»続きを読む
カテゴリー:

宇宙空間、粒子同士は触れずにエネルギーやりとり 初めて直接観測 - ITmedia NEWS - 09月10日(月)07:06 

宇宙空間、粒子同士は触れずにエネルギーやりとり 初めて直接観測 - ITmedia NEWS地球周辺の宇宙空間で、粒子から粒子へ電磁波がエネルギーを運ぶ過程の観測に成功したと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの国際研究チームが9月7日に発表した。高エネルギー電子の加速メカニズムや、電子機器に悪影響を及ぼす「磁気嵐」が発達する過程の解析などに応用が期待できるという。 粒子が電磁波へエネルギー...
カテゴリー:

【考古学】古代エジプトでも女性の尿によって妊娠検査をしていたらしい 3500年前のパピルスに方法記載 - 09月05日(水)15:36  newsplus

古代エジプトの妊娠検査法、3500年前のパピルスに記載 (CNN) 3500年前の古代エジプトの女性も、現代の女性と同じように尿によって妊娠の有無を判定していた可能性がある。  研究者らによる同時代のパピルスの分析から明らかになった。  新王国時代に当たる紀元前1500~1300年に書かれたこのパピルスは、デンマークのコペンハーゲン大学に在籍する国際研究チームが解読した。  その結果、当時の女性に対し、尿を使用した妊娠検査の方法を教授する内容が含まれていたという。  そこには神官文字で、袋に...
»続きを読む
カテゴリー:

暴走するかのように星々を生み出すモンスター銀河 国立天文台の研究報告 - 09月04日(火)20:43 

国立天文台を中心とする国際研究チームは、124億光年の彼方で爆発的に星を作っているモンスター銀河COSMOS-AzTEC-1をアルマ望遠鏡で観測し、形成初期の銀河においてかつてない高解像度で分子ガスの地図を描き出すことに成功した。
カテゴリー:

もっと見る

「国際研究チーム」の画像

もっと見る

「国際研究チーム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる