「国際オリンピック委員会」とは?

関連ニュース

「オリンピックデー」 日中韓と北朝鮮の卓球代表選手が親善試合 - 06月23日(土)21:09 

 IOC=国際オリンピック委員会の創立を記念したイベントで、日・中・韓に北朝鮮を加えた4か国の卓球代表選手が親善試合を行いました。
カテゴリー:

サイン入りラケットを寄贈 - 06月23日(土)09:22 

国際オリンピック委員会のイベントに参加し、バッハ会長(中央)と記念撮影する張本智和(後列左から2人目)、福原愛(前列左)ら参加選手。全員のサイン入りラケットは五輪博物館に寄贈された=22日、スイス
カテゴリー:

安倍首相と東京で会談も=IOC会長 - 06月21日(木)22:18 

記者の質問に答える国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。11月末から12月にかけて東京で理事会を開催する際に安倍晋三首相と会談する可能性を示唆した=21日、スイス・ローザンヌ
カテゴリー:

今日の歴史(6月20日) - 06月20日(水)00:00 

1947年:国際オリンピック委員会(IOC)が韓国の加盟を承認 1952年:反独裁護憲救国宣言を発表した野党国会議員らが暴漢に襲われる「釜山国際倶楽部事件」発生 1962年:住民登録法施行 1980年:南北首相会談に備えた板門店「自由の家」別館が完成 1985年:第3回南北経済会談を板門店で開催 1991年:広域議会選挙で保守与党・民主自由党が圧勝 2002年:中国外務省が北京の韓国大使館領事部に駆け込んだ北朝鮮脱出住民(脱北者)23人の韓国行き許可を発表 2005年:盧武鉉(ノ・ムヒョン)
カテゴリー:

東京五輪の入場券、最高30万円=最低2000円 - 06月12日(火)10:06 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般向けの五輪チケットについて、最高額を開会式の30万円、最低額を競技の2000円とする案をまとめたことが分かった。11日の理事会で了承された。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会での承認を目指す。 組織委は当初、12年ロンドン五輪を参考に最高額を約29万円、最低額を約2900円とする方向で検討していたが、有識者会議での議論を踏まえて価格帯の上下の幅を広げた。 [時事通信社]
カテゴリー:

福原選手も参加“南北融和”卓球の親善試合 6/23 17:48更新 - 06月23日(土)17:48 

IOC(=国際オリンピック委員会)は22日、スイスで、韓国と北朝鮮との融和に向けた卓球の親善試合を行った。日本からは福原愛選手らも参加し、南北の交流に一役買った。
カテゴリー:

卓球で南北融和ムード演出=日中韓と北朝鮮で混合ダブルス-IOC - 06月23日(土)06:50 

 【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)は22日、創設記念日となる翌日のオリンピック・デーに合わせ、スイス・ローザンヌの五輪博物館でイベントを開催した。日本、中国、韓国、北朝鮮の4カ国による卓球のエキシビションマッチを実施。2020年東京五輪、22年北京冬季五輪へ向けて、韓国と北朝鮮の南北融和ムードを演出した。 日本からは福原愛(ANA)と張本智和(エリートアカデミー)が参加。福原はリオデジャネイロ五輪男子金メダルの馬竜(中国)、張本は同五輪女子銅メダルのキム・ソンイ(北朝鮮)と組んで、混合ダブルスを1試合ずつ戦った。 IOCのバッハ会長は「他国との混合チームで戦うことにより、スポーツが懸け橋を築けるということを選手たちが示してくれた」と語った。 [時事通信社]
カテゴリー:

IOC会長、安倍首相と東京で会談も - 06月21日(木)21:55 

 【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は21日、スイスのローザンヌで一部メディアとの会見に応じ、北朝鮮に関するIOCの支援や2020年東京五輪参加について話し合うため、11月末から12月にかけて東京で理事会を開催する際に安倍晋三首相と会談する可能性を示唆した。「(日本政府と)コンタクトを取りながら、会談が可能かどうかを探っていく」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

東京五輪入場券、最高は開会式の30万円 組織委理事会で了承  - 06月12日(火)15:25 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪の一般向け入場券の価格帯について、最高額を開会式の30万円、最低額を競技の2千円とする案をまとめたことが12日までに分かった。11日の理事会で提示し、了承された。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を目指す。
カテゴリー:

【冬季五輪】札幌「26年撤退」にIOC「手を挙げ続けて」 26年大会招致から降りる国が相次ぎ、危機感 - 06月12日(火)09:11  mnewsplus

札幌「26年撤退」にIOC「手を挙げ続けて」 6/12(火) 7:57配信 読売新聞 札幌市が冬季五輪・パラリンピックの招致年を2026年から30年に変更することを望んでいることに対し、 国際オリンピック委員会(IOC)側が難色を示していることが11日、地元関係者への取材でわかった。 関係者によると、IOC側は日本オリンピック委員会(JOC)側に対し、 「30年大会を見据えるにしても、26年大会でも手を挙げ続けてほしい」と求めたという。 26年大会の招致レースから降りる国が相次ぎ、26年大会の選択肢が少...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「国際オリンピック委員会」の画像

もっと見る

「国際オリンピック委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる