「国務省」とは?

関連ニュース

【1972年】沖縄返還時の核再持ち込み密約 米国務省が内部文書公開 - 06月21日(木)19:06  newsplus

1972年の沖縄返還にあたって、沖縄から核兵器を撤去するものの、有事の際には再び持ち込むことを日本が容認したとされる密約について、当時のアメリカ軍統合参謀本部が核兵器の再持ち込みを強く求め、日本の容認を歓迎したことなどが記された内部文書が、アメリカ国務省によって公開されました。 この密約は、当時の佐藤栄作総理大臣とアメリカのニクソン大統領が1969年11月の首脳会談で、沖縄の返還で合意した際に結ばれたとされるもので、沖縄から核兵器を撤去するものの、有事の際には再び持ち込むことを日本が容認したとされていま...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ米政権、国連人権理事会からの離脱を発表 - 06月20日(水)10:01 

トランプ米政権が国連人権理事会からの離脱を決めた。ヘイリー国連大使が19日、国務省で発表した。 発表にはポンペオ国務長官も同席した。ヘイリー氏は、人権理事会が「長年にわたって人権侵害の加害者を擁護し、政治的偏見の温床になってきた」と主張。理事国による人権侵害から目をそらすため、人権を守ってきた国に罪を押し付けていると批判した。 ヘイリー氏はまた、人権理事会が米国の求める改革に応じていないと批判...
カテゴリー:

【速報】アメリカが国連人権理事会から離脱を表明「イスラエルに偏見」 - 06月20日(水)06:45  news

アメリカのヘイリー国連大使は、首都ワシントンの国務省で記者会見し、世界各地の人権問題に取り組む国連人権理事会から離脱することを表明しました。 その理由についてヘイリー大使は「国連人権理事会は、イスラエルに対する慢性的な偏見を抱えている」という問題があるなどと説明しました。 トランプ政権は、これまでも国連人権理事会がイスラエルと対立するパレスチナ寄りで、中立性が保たれていないと批判し、離脱を辞さない姿勢を示してきました。 アメリカは、去年10月にもユネスコ=国連教育科学文化機関が「反イスラエル的...
»続きを読む
カテゴリー:

米国務省イラン担当官「イランへの投資抑制を」 日本政府などに呼びかけ - 06月19日(火)21:34 

 アメリカ国務省のイラン問題担当者がJNNのインタビューに応じ、日本の政府や経済界にイランへの投資を抑制するよう呼びかけました。
カテゴリー:

米国務長官とカナダ外相、G7サミットのぎくしゃく修復できた? NAFTA再交渉など電話協議 - 06月17日(日)19:28 

 【ワシントン=加納宏幸】ポンペオ米国務長官は16日、カナダのフリーランド外相と電話会談し、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」をともに目指すことを改めて確認するとともに、ベネズエラ情勢をめぐる協力のあり方を協議した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の協議を継続する重要性についても意見交換した。米国務省が発表した。
カテゴリー:

大阪地震支援メッセージを日本語で発表した台湾総統のブレない絆 - 06月21日(木)05:00 

6月18日に発生した大阪北部地震。不幸にも5人の方が亡くなり400名以上の負傷者を出したこの災害に、台湾の蔡英文総統は日本語での支援メッセージをいち早くツイートしました。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、日台間における支援の応酬は習慣化した感があるとした一方、JALとANAが台湾の表記を中国側の強要で「中国台湾」にしたことについて、台湾外交部が両社に抗議すると発表したとの報道も紹介。日台関係を重視する一方で、親交国であろうと抗議すべきは抗議する蔡英文政権のぶれのなさを評価しています。 【台湾】大阪地震への支援表明した台湾が目指す華僑支配からの脱却 ● 大阪の地震、台湾のトップが日本語で表明 「出来る限り支援をする用意ある」 6月18日震度6弱の地震が大阪を襲いました。死傷者が続々と出る中、蔡英文総統の反応は早かった。地震当日に、ツイッターで支援の意思を日本語で表明したのです。以下、報道を引用します。 ツイートは午後1時半ごろ、安倍晋三首相の投稿を引用リツイートする形であった。   “日本の近畿地方で発生した地震で被害に遭われた日本国民の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、被害に遭われた方々の速やかな回復と被災地の早期復旧を心からお祈り申し上げます。台湾は震災後の動向に注目していくとともに、日本に対して...more
カテゴリー:

米、国連人権理から離脱表明 - 06月20日(水)08:50 

ヘイリー米国連大使は19日、国務省で、「米国は国連人権理事会(定数47)から公式に離脱する」と表明した。写真は、記者会見するヘイリー国連大使(左)とポンペオ国務長官。
カテゴリー:

アメリカが国連人権理事会から離脱を表明「イスラエルに偏見」 - 06月20日(水)06:34 

アメリカのヘイリー国連大使は、首都ワシントンの国務省で記者会見し、世界各地の人権問題に取り組む国連人権理事会から離脱することを表明しました。その理由についてヘイリー大使は「国連人権理事会は、イスラエルに対する慢性的な偏見を抱えている」という問題があるなどと説明しました。
カテゴリー:

米韓外相「次の段階」協議=対北朝鮮で電話会談 - 06月19日(火)05:58 

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は17日、韓国の康京和外相と電話会談し、シンガポールでの米朝首脳会談を受けた「次の段階」について協議した。国務省が18日、発表した。ポンペオ氏が主導する今後の米朝交渉の方針などについて話し合ったとみられる。 両外相は、北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求める立場に変わりがないことを確認。北朝鮮が非核化するまで圧力をかけ続けることで一致した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ロシア渡航「再考を」=W杯サッカー開幕、危険度据え置き-米国務省 - 06月16日(土)08:54 

 【ワシントン時事】米国務省は15日、外国渡航者に提供する国別の危険度情報を更新し、サッカーのワールドカップ(W杯)が開幕したロシアについて、4段階のうち2番目に危険で「渡航を考え直すように」と勧告する「レベル3」に据え置いた。 国務省は「W杯など大規模な国際イベントは、テロリストの格好の標的になる」と強調し、競技場や観光スポット、交通ターミナルなどが狙われる恐れがあると警告した。また、ロシアでは「米国民は警察など当局者から、嫌がらせや不当な扱いを受けることが多い」と注意を促した。 その上で、チェチェンなど北カフカスについて「暴動とテロ」を理由に渡航中止を勧告。ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島も「占領当局(ロシア)による嫌がらせ」があると警告し、渡航しないよう呼び掛けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「国務省」の画像

もっと見る

「国務省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる