「国内総生産」とは?

関連ニュース

【調査】外国人労働者に「魅力なし」 人材競争力、日本29位-スイスIMD調査 - 11月21日(水)08:46  newsplus

【ロンドン時事】スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)がこのほど発表した2018年の世界人材競争力調査で、日本の総合順位は29位と、前年から二つ上がった。ただ、高度技能を持つ外国人労働者に対する魅力は下位にとどまり、国内で外国人材の受け入れ拡大に向けた論戦が本格化する中、課題が浮き彫りになった。   調査は63カ国・地域を対象に、人材投資・開発や労働者に対する魅力、教育システムなど30項目を点数化した。首位はスイスで、デンマーク、ノルウェーと続いた。米国は12位、韓国は33位、...
»続きを読む
カテゴリー:

【景気対策】 安倍さん、実体経済悪化で事実上の景気対策実施!表向きは消費税10%の前倒し対策 - 11月20日(火)07:20  poverty

首相、2次補正の編成指示 消費増税対策を前倒し 税・予算 経済 政治 2018/11/20 6:30  安倍晋三首相は20日午前の閣議で、防災・減災対策の公共事業を柱とする2018年度の 第2次補正予算案の編成を指示する。  19年10月に予定する消費税率10%への引き上げを控え、インフラ整備を通じて景気浮揚を目指す。  消費増税対策を前倒しで実施する。増税対策は19年度の当初予算案にも盛り込み、切れ目なく景気を下支えする。  19年1月召集の通常国会冒頭に提出し、早期成立を目指す。  首相は16日の記者会見で「自然災害などで...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】大阪、名古屋に抜かれオワコンへ - 11月19日(月)12:41  poverty

リニア効果で名古屋が脱・3番手? 大阪にオフィス賃料肉薄、「GDP」は逆転 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018111902000055.html 二〇二七年を目指すリニア中央新幹線の開業に向け、大都市としての名古屋の価値が高まっている。 大阪に大きく水をあけられていたオフィス賃料は、その差が二十年前の十分の一以下に縮まった。 商業地の地価や都道府県版の国内総生産(GDP)「県内総生産」では大阪と名古屋の逆転現象も。 名古屋は東京、大阪に続く「三男坊」という長年の構図に変化の兆しが見られる ...
»続きを読む
カテゴリー:

マカオ転職で年収4倍の日本人「え?まだあんな後進国で労働してるの?wへぇーw」 - 11月18日(日)14:57  poverty

日本で働いていた料理人がマカオのレストランに転職が決まり、年収が4倍になったという話がネットで話題となっている。  中国の都市圏における経済発展は日本の想像をはるかに超えており、日本はアジアの中でも賃金が安い国となりつつある。 日本人が仕送りなどを目的にアジアに出稼ぎに行くようになる日はそう遠くないのかもしれない。  Twitterで情報発信している和食の料理人が、マカオのレストランへの転職が決まったとつぶやいたところ、 日本とのあまりの待遇差にネット上でちょっとした話題となった。年収が4倍になり、...
»続きを読む
カテゴリー:

帰国後直ちに2次補正予算の編成指示=安倍首相 - 11月16日(金)19:53 

[ダーウィン/東京 16日 ロイター] - 安倍晋三首相は16日、豪北部のダーウィンで日豪首脳会談を行った後に記者会見した。夏の相次ぐ自然災害で国内総生産(GDP)の悪化など景気への悪影響が懸念されるため、「切れ目のない対策で景気に万全を期していく」として、「帰国後直ちに(2018年度)二次補正予算の編成を指示する」方針を示した。 シンガポールで14日行われた日ロ首脳会談で1956年の日ソ共同宣言
カテゴリー:

【日本の解き方】GDPマイナス成長を読む 自然災害だけが原因なのか…デフレ脱却の方向見極めよ - 11月20日(火)07:30 

 今年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値(1次速報)が2四半期ぶりのマイナス成長となった。自然災害による消費の落ち込みが原因とする見方もあるが、低迷は一過性なのか、今後もリスクはあるのか。
カテゴリー:

タイ、第3四半期成長率は前期比ゼロ 政府は18年見通し弱める - 11月19日(月)13:20 

タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は、季節調整済みで前期比0.0%となり、プラスの予想に反して成長が停滞した。輸出や観光が軟調だった。同庁は2018年の成長率について、これまでより控えめな見通しを示した。
カテゴリー:

個人消費の低迷 - 11月19日(月)05:15 

国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費が、なかなか低迷を抜け出せない。日本経済が内需中心の自律的成長の軌道に乗り、デフレの完全脱却を実現するためには、個人消費の本格回復が不可欠だ。その大きな鍵を握っているのは賃金の上昇である。 個人消費の指標はこのところ弱い数字が目につく。9月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は実質で前年同月比1・6%減と、3カ月ぶりにマイナスとなり、総務省は基調判断を5カ月ぶりに下方修正した。
カテゴリー:

マカオ転職で年収4倍の日本人「え?まだあんな国で労働してるの?wへぇーw」 - 11月18日(日)14:45  news

日本で働いていた料理人がマカオのレストランに転職が決まり、年収が4倍になったという話がネットで話題となっている。  中国の都市圏における経済発展は日本の想像をはるかに超えており、日本はアジアの中でも賃金が安い国となりつつある。 日本人が仕送りなどを目的にアジアに出稼ぎに行くようになる日はそう遠くないのかもしれない。  Twitterで情報発信している和食の料理人が、マカオのレストランへの転職が決まったとつぶやいたところ、 日本とのあまりの待遇差にネット上でちょっとした話題となった。年収が4倍になり、...
»続きを読む
カテゴリー:

帰国後直ちに2次補正予算の編成指示=安倍首相 - 11月16日(金)19:22 

安倍晋三首相は16日、豪北部のダーウィンで日豪首脳会談を行った後に記者会見した。夏の相次ぐ自然災害で国内総生産(GDP)の悪化など景気への悪影響が懸念されるため、「切れ目のない対策で景気に万全を期していく」として、「帰国後直ちに(2018年度)二次補正予算の編成を指示する」方針を示した。
カテゴリー:

もっと見る

「国内総生産」の画像

もっと見る

「国内総生産」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる