「国内旅行」とは?

関連ニュース

JTB、ラグジュアリーバスで巡る日本一周の旅を発売 - 06月19日(火)10:33 

JTBは、ラグジュアリーバス「ROYAL ROAD PREMIUM」を利用した国内旅行商品「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 日本一周の旅(東日本編・西日本編)」を発売する。 高品質旅行商品を専門に企画・実施する旅行専門店「ロイヤルロード銀座」の15周年記念企画として、「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 日本一周の旅」を発売する。テーマは「日本再発見」で、日本全国にある様々な観光地を巡る。美しい日本の風景を堪能できる全席窓側、大型バスにわずか10席のラグジュアリーバスならではの旅行を体験できる。 「東日本編」は昨年満員御礼で実施した日本一周の旅(東日本編)に参加した顧客の声を元に、初日の出発時間を遅めに設定する、旅の中盤に二連泊するなど工夫を施す。日光東照宮、松島を経由し北海道・函館へ向かい、グルメや夜景を楽しんだのち、本州に戻り、五能線の「リゾートしらかみ」号への乗車などを体験しながら日本海側を経由し東京に戻る。出発日は9月17日で、旅行代金は1人150万円(2名1室)。 「西日本編」は、紅葉の京都を出発し2018年新造船のフェリー「さんふらわあ」号を利用して九州本島最南端の佐多岬まで抜けるダイナミックなコース。移動はラグジュアリーバスが基本だが、途中、清流沿いを走る人気の観光列車など様々な交通機関も取り入れる。紅葉が美しい京都の街並みをワイドな車窓から楽しみながら、...more
カテゴリー:

『トラベルジェイピー』、月間訪問数1500万を突破いたしました! - 06月18日(月)13:04 

[株式会社ベンチャーリパブリック] [画像: https://prtimes.jp/i/15630/60/resize/d15630-60-797237-0.jpg ] 『トラベルジェイピー(Travel.jp)』は、海外および国内旅行の総合旅行情報メディアです。大手旅行会社を含む約250社が販売する厳選さ...
カテゴリー:

阪急交通社、国内ダイナミックパッケージの販売開始 - 06月14日(木)19:41 

阪急交通社は、航空券やバスと宿泊を自由に組み合わせることができる「ダイナミックパッケージ」を国内旅行にも導入し、6月14日より受付を開始した。 航空券はバニラエアとジェットスター・ジャパン、バスはWILLER EXPRESSの全路線と国内宿泊を自由自在に組み合わせた旅行商品を検索、予約することができる。 今後は、航空会社などの交通手段の種類を充実させていくほか、国内旅行のフリープランパッケージの商品数を増やすことで、利用客が幅広い選択肢の中から希望する商品を選部ことができるよう整備していく。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【医療】病院悲鳴!訪日外国人の医療費未払い続出で「経営圧迫」。一人数百万円も・・・ - 06月12日(火)12:51  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000500-san-soci 訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出している。 一人の未払い額が数百万円にのぼる例もあり、病院経営への影響を危惧する声も出始めた。 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客数が増えれば混乱はさらに深まる恐れもある。 ■タイ人に治療費1500万円 東京医科歯科大学病院(東京都文京区)は昨年1月、国内旅行中に倒れた20代のタイ人女性の救急搬送を受けた。 病名は「虚血性心不全」...
»続きを読む
カテゴリー:

4月創刊の新コンセプトガイドブックに4点追加「COLOR+(カラープラス)」第二弾発売 - 06月08日(金)14:06 

[株式会社昭文社]  株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、この4月に創刊した国内旅行ガイドブックシリーズ「COLOR+(カラープラス)」の第二弾として、2018年6月12日※より、「箱...
カテゴリー:

JTB、ラグジュアリーバスで巡る日本一周の旅を発売 - 06月19日(火)10:33 

JTBは、ラグジュアリーバス「ROYAL ROAD PREMIUM」を利用した国内旅行商品「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 日本一周の旅(東日本編・西日本編)」を発売する。 高品質旅行商品を専門に企画・実施する旅行専門店「ロイヤルロード銀座」の15周年記念企画として、「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 日本一周の旅」を発売する。テーマは「日本再発見」で、日本全国にある様々な観光地を巡る。美しい日本の風景を堪能できる全席窓側、大型バスにわずか10席のラグジュアリーバスならではの旅行を体験できる。 「東日本編」は昨年満員御礼で実施した日本一周の旅(東日本編)に参加した顧客の声を元に、初日の出発時間を遅めに設定する、旅の中盤に二連泊するなど工夫を施す。日光東照宮、松島を経由し北海道・函館へ向かい、グルメや夜景を楽しんだのち、本州に戻り、五能線の「リゾートしらかみ」号への乗車などを体験しながら日本海側を経由し東京に戻る。出発日は9月17日で、旅行代金は1人150万円(2名1室)。 「西日本編」は、紅葉の京都を出発し2018年新造船のフェリー「さんふらわあ」号を利用して九州本島最南端の佐多岬まで抜けるダイナミックなコース。移動はラグジュアリーバスが基本だが、途中、清流沿いを走る人気の観光列車など様々な交通機関も取り入れる。紅葉が美しい京都の街並みをワイドな車窓から楽しみながら、天橋立、丹後...more
カテゴリー:

『「国内旅行の情報収集」に関するアンケート調査』を実施しました - 06月15日(金)14:00 

[株式会社JTB] ■ 「WEBサイト」から情報を入手している方が約40% Q1. 国内旅行の旅マエ(旅行前)の情報は何で入手していますか?(複数選択) [画像1: https://prtimes.jp/i/31978/98/resize/d31978-98-312627-0.jpg ] 国...
カテゴリー:

阪急交通社、国内個人旅行に新サービス「国内ダイナミックパッケージ」きょうから - 06月14日(木)19:41 

阪急交通社は昨今の個人旅行ニーズの高まりとその多様化に応えるため、航空券などと宿泊を自由に組み合わせて選ぶことができる「ダイナミックパッケージ」を国内旅行にも導入、6月14日に、当社予約サイトにて受付を開始した。 航空券はLCCの「バニラエア」「ジェットスター・ジャパン」、バスは「WILLER EXPRESSバス」の全路線と国内宿泊を自由自在に組み合わせ、自分好みの「航空券+ホテル」「バス+ホテル」商品を予約サイトで簡単に検索、予約することができる。 今後は、航空会社などの交通手段の種類を充実させていくほか、国内旅行のフリープランパッケージの商品数を増やすことで、利用客が幅広い選択肢の中から希望する商品を選部ことができるよう整備していく。 ⇒詳細はこちら 投稿 阪急交通社、国内個人旅行に新サービス「国内ダイナミックパッケージ」きょうから は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ストレス少なく生活できそうな都道府県ランキング - 06月10日(日)07:30 

“ストレス社会”とも言われている現代。毎日の満員電車通勤や人混みに疲れてしまう人も多数。少しでもストレスを軽減するために、生活する環境を変える人も少なくありません。 そこで今回は、47都道府県の中でストレスが少なく生活できそうだと思う都道府県について探ってみました。 1位 沖縄県 2位 北海道 3位 静岡県 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「沖縄県」! 透き通った美しい海と青い空…日本の楽園として知られている沖縄県。国内旅行先人気ランキングでは常に上位に選ばれています。沖縄県を訪れた人の多くはキレイな海に癒されて帰ってきますね。 そして細かいことは気にしない、おおらかで穏やかな県民性も有名。きっちりと時間を決めることがない“ウチナータイム”という時間の概念が存在することからも、そのゆるりとした県民性がうかがえます。 時間に追われてあくせく働く人から見て、沖縄はストレス少なく生活できる魅力的な地域に思えるようです。 2位は「北海道」! 沖縄同様、国内旅行先人気ランキングで常に上位に選ばれている北海道。小樽や富良野をはじめとしたさまざまな観光スポットや、お寿司や海鮮丼、ジンギスカン、ラーメンといったおいしいグルメが多数楽しめることでも知られています。 北海道の魅力の一つが広大な敷地と自然。北海道の道路は道幅も広くまっすぐな道が多く、気持ちよくドライブすることができ...more
カテゴリー:

逆に迷惑!「働き方改革」で会社から旅行プレゼント…の落とし穴 - 06月06日(水)15:53 

 安倍政権の目玉である働き方改革関連法案。ずるずると不毛な議論を続けつつ、ようやく具体的な内容が見えてきた。結果は“働かせ方改革”と揶揄されるほど、管理サイド寄りのズレたことばかり。いち早くお国の動きに反応した企業にも、おかしなレボリューション旋風がちらほら巻き起こっているようだ。  働き方改革の一環として、業績に応じてインセンティブを与える企業も増えてきた。今回はその結果、会社から“旅行”をプレゼントされたというIさん(38歳)のケースを紹介しよう。一見おいしい話にも思えるが、「デメリットだらけ」だという。果たして、その理由は……!? ◆問題だらけの“インセンティブ”に現場の社員は涙目…  Iさんが勤めている飲料メーカーでは、ここ数年で成績に応じたインセンティブが与えられるようになった。 「元々、営業部では個々のノルマ達成率によってボーナスがもらえたのですが、新しく加わったのは担当地域で区切られたチームごとの評価。東北チーム、北関東チーム、東京チームといった感じですね」  個人戦だけでなく、団体戦も開催されるようになったというわけだ。 「達成率をベースにランキング付けされ、上位3チームの全員にボーナスが。3位には10万円以下の家電、2位は国内旅行、トップになれば海外旅行です。しかも、チームで相談して商品や場所を指定できるんです」  個人ボーナスとは別に支給されるので...more
カテゴリー:

もっと見る

「国内旅行」の画像

もっと見る

「国内旅行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる