「国会審議」とは?

関連ニュース

国民民主党が自民党と国会運営で合意 →立憲民主党・蓮舫「何裏切ってんだ!」 ネット「内ゲバはじまったか」「どっちもクソ」 - 06月23日(土)14:56  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/25146 ?resize=728%2C407 空転していた国会は、来週、予算委員会での集中審議などを開催することで与野党が合意し、正常化することになったが、野党内の不協和音が表面化した。 国会は、与党が20日、32日間の会期延長に踏み切ったことに、野党側が反発し、空転していた。 この事態を打開するため、22日、自民党と国民民主党の参院会派の国対委員長が会談し、野党側が求めていた予算委員会の集中審議を週明け25日に、党首討論を27日に開催することで合意し、正常化することになった。 一方...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日社説】参考人にやじ 言論の府をおとしめた - 06月23日(土)08:52  seijinewsplus

 法案審議の参考にするために招いた民間人に対し、国会議員が心ない暴言を吐く。言論の府を自らおとしめるヤジに驚きあきれ、憤りを感じる。  受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案を審議中の衆院厚生労働委員会で先週、自民党の穴見陽一衆院議員(大分1区)が、参考人として出席した肺がん患者に向け、「いい加減にしろ」とヤジを飛ばしていたことがわかった。  自民党内では昨年5月、大西英男衆院議員が、対策を訴えた同僚議員に「(がん患者は)働かなければいいんだよ」と発言し、謝罪している。  改正案は、飲食店...
»続きを読む
カテゴリー:

国会審議再開へ 与党「働き方改革」「TPP」来週成立目指す - 06月23日(土)05:03 

来月下旬まで会期が延長された国会では週明けから審議が再開されることになり、与党側は、参議院で審議が続く働き方改革関連法案と、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の関連法案を、来週中に成立させたい考えです。
カテゴリー:

週明けに参院予算委で集中審議、国会審議再開へ - 06月22日(金)15:22 

 会期延長を理由に野党側が反発し国会日程の調整が進まない中、22日午後、自民党と国民民主党が週明けに参議院予算委員会で集中審議を行うことなどで合意しました。
カテゴリー:

国会 週明けから審議再開へ - 06月22日(金)13:39 

国会の会期が来月22日まで延長されたことを受けて、自民党と国民民主党の参議院国会対策委員長は、来週25日に予算委員会で集中審議を、27日に党首討論を行うことで合意し、週明けから国会審議が再開することになりました。
カテゴリー:

警察が機能してない国に行って鈍器で3000人くらい殺したら誰が裁くの? - 06月23日(土)09:52  news

空転していた国会は、来週、予算委員会での集中審議などを開催することで与野党が合意し、正常化することになったが、野党内の不協和音が表面化した。 国会は、与党が20日、32日間の会期延長に踏み切ったことに、野党側が反発し、空転していた。 この事態を打開するため、22日、自民党と国民民主党の参院会派の国対委員長が会談し、 野党側が求めていた予算委員会の集中審議を週明け25日に、党首討論を27日に開催することで合意し、正常化することになった。 一方で、国民民主党が、ほかの野党に相談せずに、与党側と合意したこ...
»続きを読む
カテゴリー:

立憲民主党「何裏切ってんだ!」 国民民主党「またカーちゃんが国会サボるなってうるさくて…」 - 06月23日(土)07:26  news

空転していた国会は、来週、予算委員会での集中審議などを開催することで与野党が合意し、正常化することになったが、野党内の不協和音が表面化した。 国会は、与党が20日、32日間の会期延長に踏み切ったことに、野党側が反発し、空転していた。 この事態を打開するため、22日、自民党と国民民主党の参院会派の国対委員長が会談し、 野党側が求めていた予算委員会の集中審議を週明け25日に、党首討論を27日に開催することで合意し、正常化することになった。 一方で、国民民主党が、ほかの野党に相談せずに、与党側と合意したこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国会正常化】野党不協和音が表面化 国民民主党が、ほかの野党に相談せずに、与党側と合意 - 06月22日(金)23:49  seijinewsplus

◆国会正常化...与野党合意 野党不協和音が表面化 6/22(金) 21:52配信 FNN https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180622-00394871-fnn-pol (リンク先に動画ニュースあり) 空転していた国会は、来週、予算委員会での集中審議などを開催することで与野党が合意し、正常化することになったが、野党内の不協和音が表面化した。 国会は、与党が20日、32日間の会期延長に踏み切ったことに、野党側が反発し、空転していた。 この事態を打開するため、22日、自民党と国民民主党の参院会派の国対委員長が会談し、野党側が...
»続きを読む
カテゴリー:

国会 審議再開へ 25日集中審議 27日党首討論で与野党合意 - 06月22日(金)14:37 

国会の会期が来月22日まで延長されたことを受けて、自民党と国民民主党の参議院国会対策委員長は、来週25日に予算委員会で集中審議を、27日に党首討論を行うことで合意し、週明けから国会審議が再開することになりました。
カテゴリー:

あの産経、読売まで...... 新聞社説が総スカン!「カジノ法案」がこれほど嫌われるワケ - 06月21日(木)20:00 

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案、いわゆる「カジノ法案」が多くの問題点を残しながら2018年6月19日衆院を通過した。同時に1か月の会期延長も決まり、政府・与党は何が何でも成立を目指す構えだ。 大阪府や和歌山県などカジノ誘致に意欲を示す自治体や、観光客の増加による経済効果に期待する経済団体など、カジノ法案に賛成するところもあるが、主要メディアはオール野党の状態だ。なかでも、働き方改革や原発再稼働などの問題では賛否が割れる大手新聞が、そろって社説で反対の論陣を張っている。なぜ反対するのか、どこに問題があるのか、大手各紙の社説を読むと――。「人の不幸に頼るカジノが、成長戦略にふさわしいのか」 カジノ法案に限っては、比較的政権寄りとみられている産経、読売を含め、朝日、毎日、日経、東京(中日)の主要6紙が「さまざまな弊害が指摘されており、慎重な審議が求められる」(読売・6月21日)として、今国会での性急な成立に批判的だ。 その理由については、まずカジノが本来もっている賭博性、不健全さを各紙とも一様に指摘する。 「そもそも、ギャンブルに入れ込んだ顧客の散財に期待するような成長戦略は健全とは言えない。持続的な観光振興のためには、街並みや食、伝統芸能など、地域の魅力を生かした、地に足のついた取り組みが求められる」(読売・2月27日)。 「人の不幸を前提とするカジノが、浮揚策として本...more
カテゴリー:

もっと見る

「国会審議」の画像

もっと見る

「国会審議」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる