「四半期」とは?

関連ニュース

Waymo(元Google)のCEOが「運転手ナシの自動運転カーサービスが間もなく登場」と発言 - 11月15日(木)06:00 

Googleと同じくAlphabet傘下にある自動運転開発企業Waymoのジョン・クラシクCEOが、今後2カ月以内に世界初の商用自動運転カーサービスを開始させる予定であることを発表しました。Alphabetのルース・ポラットCFOは、2018年10月に「WaymoがEarly Riderプログラムを通して第3四半期に価格モデルをテストし始めた」「商業化に向けた初期段階に入った」と語っていましたが、これが正式に発表された形となります。
カテゴリー:

中国テンセント、7ー9月期は3割増益 中核のゲーム事業は精彩欠く - 11月15日(木)02:06 

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が発表した第3・四半期決算(7─9月)は、純利益が30%増加し、市場予想を上回った。中核のゲーム事業が精彩を欠く中、投資利益が業績の下支えとなった。
カテゴリー:

【韓国経済】現代自動車の株価・業績10年前水準に…米の関税爆弾現実化も懸念 - 11月14日(水)22:07  newsplus

☆ 韓ネタスレです 韓国自動車業界の「長兄」である現代自動車の株価と業績が10年前の水準に落ち込んだ。現代自動車を含む自動車メーカーの今年の国内生産台数もちょうど10年前に戻る様相だ。中国と米国市場の販売不振に米中貿易戦争、ウォン高、環境規制強化などあらゆる悪材料に巻き込まれなかなかどん底から抜け出せずにいるという診断だ。流れ弾に当たった部品業界は枯死直前だ。手を付ける暇もなく倒産する部品メーカーが続出している。 ◇自動車産業の危機長期化 13日の有価証券市場で現代自動車の株価は取引時間中に一...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP2期ぶりマイナス成長、回復は? - 11月14日(水)19:07 

 GDP=国内総生産が2四半期ぶりにマイナス成長に転じました。日本の経済成長にブレーキをかけたのは、この夏、相次いだ自然災害。今後、私たちの暮らしにどんな影響があるのでしょうか。
カテゴリー:

GDP、2四半期ぶりマイナス 7~9月期は0.3%減 - 11月14日(水)18:04 

内閣府は2018年11月14日、7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値を発表した。実質で前期より0.3%減で、2四半期ぶりにマイナス成長となった。
カテゴリー:

中国テンセント、7ー9月期は3割増益 中核のゲーム事業は精彩欠く - 11月15日(木)02:06 

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が発表した第3・四半期決算(7─9月)は、純利益が30%増加し、市場予想を上回った。中核のゲーム事業が精彩を欠く中、投資利益が業績の下支えとなった。
カテゴリー:

【不思議】 GDPマイナス1.2%の衝撃!毎月毎月いつもいつも緩やかに回復しているのに、何故なんだ?安倍さん!! - 11月14日(水)23:36  poverty

GDP実質年率1.2%減 7~9月期は2四半期ぶり減  2018/11/14 10:33  内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた 実質の季節調整値で前期比0.3%減だった。  年率換算では1.2%減。1~3月期以来、2四半期ぶりのマイナスとなった。  全国で相次いだ自然災害の影響で個人消費が伸びなかった。  輸出も大幅なマイナスとなった。 続きはうぇbで https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37733660U8A111C1MM0000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP:マイナス成長一因に輸出の5四半期ぶりマイナス - 11月14日(水)20:23 

7~9月期、自然災害が下押し 先行きも楽観できず  内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.2%減と、2四半期ぶりのマイナス成長に沈んだ。地震や台風など自然災害によ
カテゴリー:

ラオックス、18年12月期第3四半期決算は3億円の最終赤字、自然災害が影響大 - 11月14日(水)18:07 

 今夏は、西日本を中心とした記録的な豪雨や大型台風の上陸、地震など、観光地への自然災害が相次ぎ、同社の売り上げシェアで大きな割合を占める訪日外客数が大きく落ち込んだ。  また、5月に連結子会社となったシャディの物流拠点の一部が損壊する被害も生じ、配送遅延が発生。靴事業の店舗が西日本に集中していたこともあり、繁忙期の商戦に大きく影響が出た。  今回の事態を受け、ラオックスは日本のインバウンド市場で自然災害は不可避な課題であると捉え、災害時に緊急情報などにアクセスしにくくなる訪日外国人向けの「訪日客用緊急問い合わせWeChatサービス」を開設。24時間リアルタイムでの情報発信と問い合わせに対応した。  また、リテール事業では、日本製の商品をグローバル展開するため、越境ECや中国との貿易を強化。9月に中国越境ECサイトの「Kaola.com」と戦略的パートナーシップ契約を結んだことで、中国3大ECサイト(天猫国際、蘇寧易購、Kaola.com)とのプラットフォームを構築した。リテール事業の売上高は409億9700万円(同6.4%増)、営業利益は10億3400万円(同113.3%増)となった。  ラオックスは、業績の状況を踏まえ、通期の業績予想を下方修正した。売上高は変わらず1200億円のままだが、営業利益は10億円から3億円の赤字へ、経常利益も10億円から3億円の赤字へ修正した。
カテゴリー:

独GDP、第3四半期は前期比-0.2% 15年以来初のマイナス成長 - 11月14日(水)17:49 

ドイツ連邦統計庁が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.2%減と、2015年以来第1・四半期以来初のマイナス成長となった。
カテゴリー:

もっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる