「四半期」とは?

関連ニュース

ネットフリックス、第4四半期売上高が予想下回る 株価引け後に3%安 - 01月18日(金)07:58 

米動画配信サービス大手ネットフリックスの2018年第4・四半期決算は、人気スリラーの「バード・ボックス」など独自コンテンツをリリースしたものの、売上高は市場予想を下回った。
カテゴリー:

モルガン・スタンレー、第4四半期利益が予想下回る 債券取引不振 - 01月18日(金)01:59 

米金融大手モルガン・スタンレーが発表した2018年第4・四半期(10─12月)決算は、市場が荒れる中で債券などの取引部門が振るわず、利益がアナリスト予想を下回った。
カテゴリー:

【悲報】韓国、半導体壊滅 サムスン大幅減益 更に日本のフッ化水素禁輸案浮上で追い討ちも - 01月17日(木)17:50  poverty

 さらなる暗転の始まりか-。韓国最大の企業「サムスン電子」が約2年ぶりとなる大幅減益を記録した。利益の大半を稼いできた半導体事業が、米中貿易戦争の あおりで急激に悪化したのだ。経済失政で雇用を低迷させている文在寅(ムン・ジェイン)政権だが、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、海上自衛隊の 哨戒機へのレーダー照射問題などで、日本との関係も最悪だ。自民党の外交部会・外交調査会が11日に開いた緊急合同会議では、韓国の半導体製造に打撃を 与える「フッ化水素輸出禁止」まで提案された。孤立無援の中で...
»続きを読む
カテゴリー:

Tintri by DDN 2018年第4四半期 対前期300%の売上げ増を達成 - 01月17日(木)13:00 

仮想統合ストレージプラットフォームのリーダーであるTintri by DDN(米国カリフォルニア州、サンタクララ本社)が、DDNによる買収後に記録的な300%の成長を達成したことを発表しました。 Tintri by DDNは、大手ストレージベンダーであるDDNに2018年9月に統合後、新たなレベルのワールドクラス・サポート、顧客体験、エンジニアリングを確立するために多額の投資を行ってきました。2018年第四半期のTintri by DDNの実績は、Tintr...
カテゴリー:

ランサムウェアの減少と仮想通貨発掘マルウェアの急増を報告--マカフィー - 01月17日(木)10:31 

マカフィーによれば、2018年第1~2四半期まで前年比で減少していた新規のマルウェア検知数が第3四半期に急増し、過去最大規模の2017年第4四半期と同等になった。
カテゴリー:

カメラ1個で運転席と助手席を監視、STマイクロが新センサーで - 01月18日(金)06:00 

 伊仏合弁STマイクロエレクトロニクスは、車室内の状況をモニタリングする用途に向けた近赤外CMOSイメージセンサーを開発した。歪みのない画像を撮影できる「グローバルシャッター方式」を採用した。画素数は230万と160万の2品種を用意した。2019年第3四半期(7~9月)に量産を開始する予定である。
カテゴリー:

南アフリカ中央銀行、仮想通貨に関する政策提言を公表。仮想通貨に関するサービス提供事業者に対して登録制の導入へ - 01月17日(木)19:53 

南アフリカの中央銀行South African Reserve Bank(以下、SARB)が1月16日、仮想通貨の政策提言に関する「Consultation paper」を公開した。Consultation paperの目的は、仮想通貨についてのリスクと利点の説明を行い適切な規制アプローチについての議論を行った上で、業界参加者および利害関係者に政策提案を提示することだ。 SARBによると、現時点で仮想通貨に脅威のないものの、仮想通貨によってもたらされる一般的なリスクや仮想通貨特有のリスクなど、想定されるさまざまなリスクがあるとされている。 仮想通貨によってもたらされるリスクには、①仮想通貨が中央銀行の通貨発行権に及ぼすリスク、②利用者保護の欠如やマネーロンダリング・テロ資金供与などの不正行為の増加リスク、が挙げられている。南アフリカでは仮想通貨の価格上昇に伴って顧客数や取引量が過去3年で大幅に増加してきており、市場の不完全さから潜在的なリスクがある可能性を把握しながらも、顕在化するリスクに対して優先的に対処していくとしている。仮想通貨特有のリスクについては、①法規制などが定まっていない中での仮想通貨売買がもたらすリスク、②決済・支払手段としてすらも十分に機能していないことのリスク、について述べられている。 仮想通貨には投資家および利用者の両面で利点がある。投資家としては特定の国の政...more
カテゴリー:

【悲報】某.韓.国さん、半導体壊滅 サムスン大幅減益 フッ化水素禁輸浮上で追い討ちも - 01月17日(木)17:28  livejupiter

 さらなる暗転の始まりか-。韓国最大の企業「サムスン電子」が約2年ぶりとなる大幅減益を記録した。利益の大半を稼いできた半導体事業が、米中貿易戦争の あおりで急激に悪化したのだ。経済失政で雇用を低迷させている文在寅(ムン・ジェイン)政権だが、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、海上自衛隊の 哨戒機へのレーダー照射問題などで、日本との関係も最悪だ。自民党の外交部会・外交調査会が11日に開いた緊急合同会議では、韓国の半導体製造に打撃を 与える「フッ化水素輸出禁止」まで提案された。孤立無援の中で、...
»続きを読む
カテゴリー:

Infor、将来的な新規株式公開(IPO)に先立ち15億ドルの投資を発表 - 01月17日(木)12:00 

 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Infor(以下インフォア)は、インフォアの株主であるKoch Equity Development LLC (以下KED)およびGolden Gate Capitalからの15億ドルの投資に合意したことを発表しました。 この投資は、KEDによる2017年初旬の20億ドルを超える投資に基づくもので、市場状況に左右されるものの、2019年あるいは2020年にインフォアが将来的な新規株式公開(IPO)を考慮する上での、重要なマイルストーンになります。 米インフォアの最高経営責任者(CEO)であるチャールズ・フィリップス(Charles Phillips)は、次のように述べています。「KochとGolden Gate Capitalは、インフォアにとって素晴らしいパートナーであり、17,300人の全社員が、次の成長に向けた今回のマイルストーンに興奮しています。」 フィリップスのリーダーシップおよび、KEDとGolden Gate Capitalとの長年のパートナーシップにより、インフォアは、過去5年間で約25億ドルを製品の設計と開発に投資し、475以上の新製品と1,870以上のインテグレーション、20,700以上の業界機能をCloudSuite製品群で提供してきました。現在、Infor CloudSuiteは、フロントオフィス...more
カテゴリー:

【日銀GPIF】公的年金運用、損失14兆円規模に 18年10~12月期  四半期ベースで過去最大 - 01月17日(木)09:28  seijinewsplus

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2018年10~12月期の収益額は14兆円規模の損失となったもようだ。市場運用を開始した01年度以来、四半期ベースでは過去最大の損失となる。10月からの世界的な株安が響いた。ただ今回の損失を織り込んでも累積収益額は57兆円規模のプラスで、年金財政上必要な水準は上回っている。 2月1日に運用実績を公表する。野村証券の西川昌宏チーフ財政ア 有料記事 日本経済新聞 2019年1月16日 17:00 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4007060016012019EE8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる