「四半期」とは?

関連ニュース

シルクエアー、ランカウイ・プカンバル・カリボ〜シンガポール線をスクートへ移管 - 02月19日(月)12:06 

シルクエアーは、ランカウイ、プカンバル、カリボとシンガポールを結ぶ3路線をスクートに移管すると発表した。 シンガポール〜ランカウイ線は4月8日、シンガポール〜プカンバル線は5月30日、シンガポール〜カリボ線は6月28日から、スクートでの運航を開始する。シルクエアーではそれぞれ週3便を運航している。 スクートはすでに、タイガーエアとの合併によってシンガポール〜ランカウイ線を週3便、シンガポール〜カリボ線を週4便運航している。プカンバルへの乗り入れは初めてとなり、航空券の販売は政府認可取得後の2018年第1四半期内を予定している。 スクートは、2月にクアンタン、6月にベルリンへ就航することをすでに発表しており、18カ国の66都市にネットワークを拡大する。シルクエアーは引き続き、マレーシアはコタキナバル、クアラルンプール、ペナンの3都市、インドネシアはバリクパパン、バンドン、デンパサール、ロンボク、マカッサル、マナド、メダン、スマラン、スラバヤ、ジョグジャカルタの10都市、フィリピンはセブ、ダバオの2都市へのネットワークを維持する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マーケットエンタープライズ 3Qは2ケタ増収、筋肉質な体質改善により損失幅も縮小 - 02月19日(月)11:16 

マーケットエンタープライズ<3135>は14日、2018年6月期第2四半期(2017年7月-2017年12月)連結決算を発表した。
カテゴリー:

スターティア 3Qは売上高2ケタ増、損失から黒字に転換、各セグメントが順調に推移 - 02月19日(月)08:17 

スターティア<3393>は10日、2018年3月期第3四半期(2017年4-12月)連結決算を発表した。
カテゴリー:

イメージ情報開発 3Q減収となるも、新たなサービスの創造とマーケットの開拓、収益創出事業の展開を図る - 02月19日(月)08:13 

イメージ情報開発<3803>は14日、2018年3月期第3四半期(2017年4-12月)連結決算を発表した。
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★7 - 02月19日(月)06:55  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

シルクエアー、ランカウイ・プカンバル・カリボ〜シンガポール線をスクートへ移管 - 02月19日(月)12:06 

シルクエアーは、ランカウイ、プカンバル、カリボとシンガポールを結ぶ3路線をスクートに移管すると発表した。 シンガポール〜ランカウイ線は4月8日、シンガポール〜プカンバル線は5月30日、シンガポール〜カリボ線は6月28日から、スクートでの運航を開始する。シルクエアーではそれぞれ週3便を運航している。 スクートはすでに、タイガーエアとの合併によってシンガポール〜ランカウイ線を週3便、シンガポール〜カリボ線を週4便運航している。プカンバルへの乗り入れは初めてとなり、航空券の販売は政府認可取得後の2018年第1四半期内を予定している。 スクートは、2月にクアンタン、6月にベルリンへ就航することをすでに発表しており、18カ国の66都市にネットワークを拡大する。シルクエアーは引き続き、マレーシアはコタキナバル、クアラルンプール、ペナンの3都市、インドネシアはバリクパパン、バンドン、デンパサール、ロンボク、マカッサル、マナド、メダン、スマラン、スラバヤ、ジョグジャカルタの10都市、フィリピンはセブ、ダバオの2都市へのネットワークを維持する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「モデル3」の量産に苦しむテスラ、目標達成に向けた「生産地獄」の実態 - 02月19日(月)08:30 

テスラが「手の届く」価格の電気自動車(EV)として投入した「モデル3」の生産が、遅れに遅れている。四半期ベースで過去最高となった赤字が拡大する可能性すらあるといい、今後も山積する課題の解決に向けたキャッシュアウトが続くばかりだ。イーロン・マスクの前に立ちはだかる「生産地獄」は、いまどんな状況にあるのか。
カテゴリー:

スカラ 2Qは2ケタ増収、SaaS/ASP事業が好調に推移 - 02月19日(月)08:15 

スカラ<4845>は14日、2018年6月期第2四半期(2017年7-12月)連結決算(IFRS)を発表した。
カテゴリー:

大幸薬品 3Qは2ケタ増収(+10%)、期末配当予想の増配(+10円)を発表 - 02月19日(月)08:09 

大幸薬品<4574>は9日、2018年3月期第3四半期(2017年4-12月)連結決算を発表した。
カテゴリー:

2017年第4四半期の米国家計債務が過去最高を更新 - 02月19日(月)05:00 

ニューヨーク連銀が2月13日に公表した2017年第4四半期の米国の家計における負債残高は13.15兆米ドルとなり、データを取得できる2003年以降で過去最大を前四半期に続いて更新しました。自動車ローンが1.22兆米ドルと2003年以降で最大、学生ローンも1.38兆米ドルと2003年以降で最大となっています。第4四半期はモーゲージやクレジットカードに係るローンの増加率が高くなっています。 家計の負債残高の内訳として一番大きいモーゲージローンは2008年第3四半期に9.29兆米ドルを記録しています。モーゲージローンといえば2007年から2008年に表面化したサブプライム問題です。これは債務返済能力の低い層(サブプライム)向けのローンの焦げ付きでした。当時は不動産価格の上昇を背景にサブプライム向けの不動産を担保とするモーゲージローンが積み上がっていましたが、不動産価格の下落によってモーゲージローンの延滞や債務不履行が増え、株価の下落を伴い金融危機に発展していきました。2017年第4四半期のモーゲージローンの残高は8.88兆米ドルなのでサブプライム問題が表面化したときに比べるとまだ低い水準ですが、徐々に増えてきています。また、ローンの延滞状況については30日以上の延滞の割合はさほど増えていないものの、2016年第4四半期から債務不履行の割合が若干増加傾向にあります。 2008年当時はあまり...more
カテゴリー:

もっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる