「営業利益」とは?

関連ニュース

NEC、ソリューションビジネス強化で中計営業利益1500億円を目指す - 08月21日(火)11:47 

8月7日、日本電気(NEC)は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会で同社の顔認証システムが正式導入されたと発表した。
カテゴリー:

トヨタ自動車とか言う日本を支える大黒柱ww - 08月21日(火)05:29  livejupiter

トヨタ  売上高 29兆3795億円  営業利益 2兆3999億円  経常利益 2兆6204億円    純利益 2兆4940億円 ...
»続きを読む
カテゴリー:

大韓航空、2018年の「世界で最も優れた業績をあげた航空会社」に選出 ATW発表 - 08月20日(月)11:33 

大韓航空は、航空業界誌のAir Transport World(ATW)が発表した、2018年の「世界で最も優れた業績をあげた航空会社」に選出された。 2017年の純利益は8億5,000万米ドルで、2016年から約14億米ドルの増加を記録。営業収入ではトップ20、営業利益およびRPK(有償旅客キロ)でもトップ25にランクインしている。 大韓航空では、数値的な成長よりも質的な成長に力を入れたことやマーケティング戦略の多様化、キャパシティコントロールの柔軟化、路線ごとの収益性のモニタリング、カスタマーサービスの差別化、ボーイング787型機などの新たな機材の導入の継続といったことが要因と分析している。 ジョン・ジャクソン米州担当常務は、「大韓航空は、財務の面でも、グローバルなオペレーションという面でも、非常に強力な航空会社です。私たちは太平洋横断航路に就航する航空会社の中では最大の企業であり、デルタとの合弁会社の設立によって、太平洋横断航路における最も強力な企業連合体としての位置も確立しています。また、来年の春には、提携航空会社であるデルタとともに、ボストンやミネアポリス/セントポールといった新航路への進出も計画しています。今、大韓航空は素晴らしい時期を迎えています」とコメントした。 ⇒詳細はこちら 投稿 大韓航空、2018年の「世界で最も優れた業績をあげた航空会社」に選出 ATW発表 ...more
カテゴリー:

【スマートフォン】販売不振のサムスン、新Galaxy Note9発表イベントに見る苦悩 ── なぜ主役が端末ではなかったのか - 08月19日(日)23:48  newsplus

サムスンが先週、8月9日にアメリカ・ニューヨークで主力端末の1つ、「Galaxy Note9」を発表した。 ペン内蔵の大型スマートフォンであるNoteシリーズは毎年夏に発表されるが、 今回の新モデルでは、内蔵するタッチペンが本体のリモコンにもなり、カメラのシャッターを切ったり、動画再生のコントロールなどが可能になった。 今年のフラグシップ機が不調のサムスン 実は、同社のモバイル事業の直近の業績は、決して明るい物ではない。 7月31日に発表されたサムスン電子の2018年第2四半期の業績は、2月に発表したGalaxy S9/S9+の不振...
»続きを読む
カテゴリー:

【ちょい飲み】帰宅前のちょい飲み「フラリーマン」客狙え ハンバーガー店、酒類とセット販売  居酒屋よりもお安く - 08月17日(金)11:34  newsplus

ビール、ハンバーガー、サイドメニューの「モスバル」を提供するモスバーガー 昼のランチ利用が多いファストフードのハンバーガー店で、夜の需要を取り込む動きが加速してきた。ボリューム感あるメニューで「夕食代わり」や、ビールとおつまみのセット販売で「ちょい飲み」をアピール。節約志向にマッチする価格帯を武器に、働き方改革で勤務が早めに終わった後もまっすぐ帰宅しない「フラリーマン」の集客を強める狙いだ。  日本マクドナルドは3月から午後5時以降にわずか100円の追加料金でパティの量が2倍になる「夜マッ...
»続きを読む
カテゴリー:

じげん 平尾丈 社長に聞く、なぜ「ビジネスモデル」に徹底的にこだわるべきか - 08月21日(火)07:10 

2006年の創業以来、11期連続で増収増益で成長を続けている「じげん」。2018年3月期の売上高は102億円、営業利益は33億円と前年比の伸び率は30%を超え、6月末には東証マザーズから東証一部に市場を変更した。同社は人材、不動産、自動車、旅行などの30以上のサービスにおよぶ「ライフメディアプラットフォーム事業」において、「P on P(Platform on Platform)」というユニークなビジネスモデルで手掛ける。快進撃を続ける同社の平尾 丈社長に急成長の理由を聞いた。
カテゴリー:

行動分析で事務効率化、来年にも新事業 富士ゼロックス・玉井光一社長 - 08月20日(月)21:34 

 富士ゼロックスの玉井光一社長が20日、産経新聞のインタビューに応じ、従業員の行動をセンサーで収集・解析してオフィスのレイアウトを最適化する事業を来年にも始める計画を明らかにした。本業の複合機に続く収益源として「事務効率を革新的に高める『スマートワークイノベーション』に注力」(玉井氏)し、足元で約8%の営業利益率を平成32年3月期に10%超へ引き上げたいという。
カテゴリー:

ドン・キホーテの「魔境」みたいな店内が莫大な利益を生む理由 - 08月20日(月)05:00 

以前掲載の「なぜ、ファミリーマートは異業種の『ドンキ』の手を借りたのか?」でもお伝えしたとおり、ドン・キホーテのノウハウを取り入れ、リニューアルするや途端に売上が1.5倍となったファミマの2店舗。ドンキは他にも不振にあえいでいた総合スーパーのユニーの再生を果たすなど、その勢いは同業他社を圧倒しています。もちろん本業「激安の殿堂」も絶好調、その秘訣は一体どこにあるのでしょうか? 今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、同社が次々と繰り出す「新たな手」を紹介しつつ、ドンキ好調の理由を探っています。 ドンキがファミマとユニーを再生できた理由 「馬鹿の一つ覚えみたいに、チェーンストアとは真逆の非合理的でアナログの極致とも言える『魔境』作りに大真面目に組織を挙げて取り組んでいる」──。 2018年6月期の決算説明会でドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は、アマゾンなどネット通販業者にはないドン・キホーテの強みとして「熱帯雨林やジャングルのような売り場」を挙げ、それを「魔境」と表現しました。「ここにこそネットでは決して味わえないドンキの実店舗としての強さと魅力の本質が凝縮されている」(大原孝治社長)といいます。 場所を問わず所狭しと商品を大量に陳列する「圧縮陳列」で無秩序な空間を形成するドンキ流の売...more
カテゴリー:

アプライド マテリアルズ 2018年度第3四半期決算を発表 売上高と営業利益が前年同期比で堅調な伸びを達成 - 08月17日(金)14:00 

[アプライド マテリアルズ ジャパン 株式会社] ●四半期売上高:44億7,000万ドル、前年同期比19%増 ●1株当たり利益:GAAPベースで1.17ドル、前年同期比38%増、非GAAPベースで1.20ドル、同40%増 ●アプライド グローバル サービスとディスプレイの両セグメントは...
カテゴリー:

【テレビ】民放キー局の18年度1Q決算出揃う、日テレ&テレ東は増収、フジ大幅増益 - 08月17日(金)10:07  mnewsplus

テレビ民放キー局各社の2018年度第1四半期決算(2018年4月~6月)が出そろった。東京地区の投下量が低調であったことから、スポット収入が各社減収した。その一方、タイム収入は「サッカーW 杯ロシア大会」によって増収。また配信、イベントなど、放送外収入がけん引した動きもあった。各社の特徴的な動きをまとめた。 ◆「シルク・ドゥ・ソレイユ」公演が貢献、フジが前年比183.2%の大幅増益  18年度第1四半期のテレビ民放キー局の結果を各社別に見ると、日本テレビは売上高全体で前年比0.7%プラスの770億5800万円で増収したが、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる