「商用化」とは?

関連ニュース

【Google】二足歩行ロボ撤退、アルファベット(グーグルの親会社)がロボット事業再構築へ - 11月19日(月)15:26  newsplus

アルファベット(グーグルの親会社)は、二足歩行ロボットの開発という野心的なプロジェクトの中止を決めた。このロボットは、2013年に買収した日本企業「シャフト(Schaft)」によって開発が進められていた。 アルファベットの方針転換は、ロボット革命が当初考えられていた以上に時間がかかることをアルファベット自らが認めた一例だ。アルファベットは話題を集めたロボット企業ボストン・ダイナミクスを2017年にソフトバンクへ売却した。だが、それはロボットのより実用的な用途に的を絞っていくという、1つの計画を示しているのか...
»続きを読む
カテゴリー:

洋上風力発電:不採算の1基撤去へ 福島県の計画頓挫 - 11月14日(水)23:08 

 政府が東京電力福島第1原発事故からの復興の象徴にしようと福島県沖に設置した浮体式洋上風力発電施設3基のうち、世界最大級の直径167メートルの風車を持つ1基を、採算が見込めないため撤去する方向となっている。商用化を目指し実証研究を続けていたが、機器の不具合で設備利用率が低い状態が続いていた。
カテゴリー:

【技術】Winny開発者の遺志を継ぐ者たち。日本が失った天才、金子勇の光と影★2 - 11月12日(月)11:06  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00010002-wired-sci イノヴェイターとして脂ののった時期にWinny事件で逮捕され、紆余曲折を経て無罪を勝ち取ったものの、 あっという間に他界した不世出の天才。金子勇がたどった無念の生涯は、「出る杭が打たれる」の典型といえるだろう。 その社会的損失の大きさを伝えるべく、2018年現在、いろんな立場の人間が表現方法を模索している。 なかでもユニークなのが、事件の映画化を目論む古橋智史だ。 「出る杭が打たれない。そういう国にしたいと、本気で考えているんですよ...
»続きを読む
カテゴリー:

Winnyの思い出といえば - 11月11日(日)08:40  news

とあるソフトウェアエンジニアが42歳という若さでこの世を去り、5年が経とうとしている。 31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を実現し、34歳で京都府警に逮捕された。 無罪を勝ち取るまでに7年かかり、カムバック後、心臓の病であっという間に天国へ。 もしも生前の彼が、いかんなく能力を発揮していたら? あるいは彼がいまも生きていたら…。 仮想通貨に一喜一憂する日本のIT業界に、ぽっかり空いた「金子勇」という穴。 その大きさを語り告ぐために、若きフォロワーが奮闘している。 イノヴェイターとして脂ののった...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】出遅れたスパコン開発競争、韓国と世界との性能格差は数年後には1000倍以上に - 11月10日(土)11:08  newsplus

☆ 韓ネタスレです 記事によると、中国では今年に入ってからエクサフロップス・スーパーコンピューターを3回発売した。中国は当初、米国のけん制により核心部品である中央演算処理装置(CPU)半導体の輸入が途絶えたため次世代スーパーコンピューターの開発は難しいとみられていたが、最近では独自にスーパーコンピューター用高性能CPUチップを開発するまでになったという。中国が開発に力を入れているのは、スーパーコンピューターが第4次産業革命の中核インフラとして浮上しているため。一般の高性能コンピューターより演算速度が数千...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDI、山岳救助ドローン開発  富士山で商用化へ - 11月15日(木)21:14 

 KDDIは15日、携帯電話回線を利用して飛行する小型無人航空機(ドローン)を活用した山岳救助システムを公開した。カメラ付きドローンが登山道で倒れている遭難者を確認して救助隊に伝える。静岡県御殿場市の富士山登山道で先月末に実験し、技術実証は終了しており、来夏の富士山の開山期に合わせて実用化を目指す考え。
カテゴリー:

【Winny開発者】日本が失った天才、金子勇の光と影[11/10] - 11月13日(火)21:16  scienceplus

とあるソフトウェアエンジニアが42歳という若さでこの世を去り、5年が経とうとしている。31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を実現し、34歳で京都府警に逮捕された。無罪を勝ち取るまでに7年かかり、カムバック後、心臓の病であっという間に天国へ。もしも生前の彼が、いかんなく能力を発揮していたら? あるいは彼がいまも生きていたら…。仮想通貨に一喜一憂する日本のIT業界に、ぽっかり空いた「金子勇」という穴。その大きさを語り告ぐために、若きフォロワーが奮闘している。 イノヴェイターとして脂ののった時期にWinny事...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】Winny開発者の遺志を継ぐ者たち。日本が失った天才、金子勇の光と影 - 11月12日(月)05:22  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00010002-wired-sci イノヴェイターとして脂ののった時期にWinny事件で逮捕され、紆余曲折を経て無罪を勝ち取ったものの、 あっという間に他界した不世出の天才。金子勇がたどった無念の生涯は、「出る杭が打たれる」の典型といえるだろう。 その社会的損失の大きさを伝えるべく、2018年現在、いろんな立場の人間が表現方法を模索している。 なかでもユニークなのが、事件の映画化を目論む古橋智史だ。 「出る杭が打たれない。そういう国にしたいと、本気で考えているんですよ...
»続きを読む
カテゴリー:

【Winny】日本が失った天才、金子勇の光と影 - 11月11日(日)02:34  bizplus

とあるソフトウェアエンジニアが42歳という若さでこの世を去り、5年が経とうとしている。31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を実現し、34歳で京都府警に逮捕された。無罪を勝ち取るまでに7年かかり、カムバック後、心臓の病であっという間に天国へ。もしも生前の彼が、いかんなく能力を発揮していたら? あるいは彼がいまも生きていたら…。仮想通貨に一喜一憂する日本のIT業界に、ぽっかり空いた「金子勇」という穴。その大きさを語り告ぐために、若きフォロワーが奮闘している。 イノヴェイターとして脂ののった時期にWinny...
»続きを読む
カテゴリー:

モノづくり強国復活なるか。5G移行で日本にも巡ってきたチャンス - 11月07日(水)23:45 

第5世代の移動通信システムがいよいよ2019年から運用開始となります。スマホなどで馴染みのある現在の4Gから一体なにが変わるのでしょうか。その特徴と5Gがもたらす経済効果、今後の焦点となる覇権争いなどについて、今回の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』で著者の嶌さんが解説しています。 5Gの登場で変わる業界図 2019年から移動通信システムがいよいよ第5世代(5G=ジェネレーション)に突入する。移動通信システムは1980年代に商用化された第1世代(1G)から、90年代には音声とショートメールが送れる2G、2000年代に音声とデータ通信が可能となった3G、10年代には大容量のデータ通信が可能となった4G時代に入り、5Gには人とモノ、モノ同士で情報をやり取りできるようになる。 4G時代には画像や映像をアップできるSNS(交流サイト)が可能となったが、5G時代になると4K、8Kなどの超高精細映像やVR(仮想現実)映像などを受信しながら同時に再生もできるようになる。自動運転には数センチ単位で表示する高精密地図や車が乗り越えにくい段差、縁石などの情報をリアルタイムで送信できるようになるというのだ。 また車、道路、歩行者の双方向通信で1,000分の1秒以下の時間(現在は10分の1秒)に短縮し、ロボットの遠隔操作もできる。従来は送信者が情報を送っても機械側の受信が遅いと、その速度の...more
カテゴリー:

もっと見る

「商用化」の画像

もっと見る

「商用化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる