「品質管理」とは?

関連ニュース

【悲報】 オロナミンC、元気ハツラツ過ぎてキャップが吹き飛ぶ不具合 800万本回収 - 07月20日(金)13:20  news

オロナミンC 800万本自主回収 キャップが飛んでけが 「オロナミンCドリンク」およそ800万本を自主回収。 自主回収されるのは、大塚製薬が製造を委託している大塚食品の釧路工場で製造された 「オロナミンCドリンク」およそ780万本と「オロナミンC ROYALPOLIS」およそ20万本。 ビンの口の部分の不具合で、開封時にキャップが勢いよく開いてしまうなどのケースがあるという。 7月中旬、キャップが飛んでけがをしたという報告があり、判明した。 大塚製薬は「今後、いっそうの品質管理の徹底に努める所存でございます」とコ...
»続きを読む
カテゴリー:

AI診断で迅速な血液検査を可能にするマシーン、Sight Diagnosticsが発売 - 07月16日(月)08:00 

コンピュータービジョンと機械学習テクノロジーを活用して迅速な血液検査を行う医療機器を手がけるイスラエルのスタートアップSight Diagnosticsは、医療現場で血液検査ができるシステムを売り出した。 このシステムは、OLOと呼ばれるデスクトップ式のコンパクトマシーンで、患者の血液を使い捨てのカートリッジにセットして分析するというものだ。ごくわずかな血液でラボレベルの全血球検査(CBC)ができるとしている。 患者から採血し、それを分析のためにラボに送るー往々にして数日かかかるーというのではなく、一般的な血液検査をこのマシーンを使って直接クリニックなどの現場で行えるようになるのだ。 また、このマシーンを使ったシステムでは、血液塗抹標本を顕微鏡でみるのではなく、高度なテクニックを使った別の検査方法も提供する。血液検査をする際に使えるテクニックだが、ただしこちらは専従の人を要する。 開発チームはこれまで、資金調達した額を明らかにしていなかった。しかしこのほど、Eric Schmidt(編集部注:Eric SchmidtはGoogleの会長)のInnovation Endeavorsー彼らはこの血液検査システムを米国での臨床試験につなげることを想定しているーを含むVCファームから、株式金融で(シリーズA、B)2500万ドルを調達したことを明らかにした。 Sight Diagnostic...more
カテゴリー:

【また不正】日産が排ガスや燃費の検査データ改ざん 検査した車の半数以上が不正 - 07月09日(月)23:01  newsplus

日産自動車は9日午後5時過ぎ、緊急会見を開き、車の排ガスや燃費の検査データを改ざんしていたことを明らかにした。日産では去年、資格のない検査員に車の検査をさせていたことも発覚しており、管理体制が改めて問われそうだ。 日産自動車・山内康裕氏「お客さまはじめ、関係者の皆様に深くおわびを申しあげます。申し訳ございませんでした」 日産によると、不正があったのは神奈川県の追浜や栃木など国内の複数の工場。新車を出荷する前に無作為に選んで排ガスや燃費の検査をする際、社内の基準に満たない結果が出ても、基準に...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】日産、新車の排ガス検査で不正 複数工場で測定値改ざん - 07月09日(月)15:58  bizplus

日産自動車の複数の工場で、新車の出荷前に行う排ガス性能の検査結果を、都合よく改ざんする不正が行われていたことがわかった。この検査は昨年、無資格者の従事が発覚した「完成検査」の工程のひとつで、日産の品質管理への姿勢が改めて厳しく問われることになりそうだ。  関係者によると、今回不正が発覚したのは、出荷前に車の性能をチェックする「完成検査」の中で、数百台から数千台に1台の割合で車を選んで実施する「抜き取り検査」という工程。そこで行われる排ガス性能の測定で、思わしくない結果が出た場合、都合のいい数値...
»続きを読む
カテゴリー:

【自主回収】「オロナミンC ドリンク」「オロナミンC ROYALPOLIS」 大塚製薬、一部商品回収のお知らせ (キャップでケガ) - 07月20日(金)07:57  newsplus

平素は、弊社商品に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申しあげます。 この度、弊社が販売しております「オロナミンC ドリンク」の一部商品の容器で、開栓時にキャップが勢いよく開くことがあるとのご指摘があり、また飛んだキャップによりお怪我をされたとのご報告をいただきました。 それを受けて、弊社において調査をいたしました結果、現時点で、弊社が製造委託している大塚食品株式会社釧路工場で生産した一部商品で上記現象が発生しやすいことが判明いたしました。   そこで、弊社としては、大塚食品株式会社釧路工場で生産され...
»続きを読む
カテゴリー:

銀座でゆったり!ロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」が国内最大規模の路面店をオープン - 07月14日(土)10:00 

ニューヨーク発の「LUKE’S LOBSTER(ルークスロブスター)」は、高級食材のロブスターをカジュアルなスタイルで食べられることで人気のロブスターロール専門店。2018年7月4日(水)オープンの銀座店は、国内のLUKE’Sの店舗の中ではいちばん広く、ゆったりした空間で旨味たっぷりのロブスターロールが手軽に味わえる。この夏は銀座ショッピングの合間に、ロブスターロールでひと息入れるのもいいかも。【甘くて柔らかい部位を贅沢に使ったロブスターロール】銀座店は、国内の店舗でいちばん広いだけでなく、これまでの既存店にはなかったボックス席などのゆったり落ち着ける内装も特色。シーフードにちなんで港をイメージしたカジュアルな世界観はそのままに、銀座らしく大人も楽しみやすい空間になっている。メインメニューの「ロブスターロール」は、「ツメ」と「拳(こぶし)」という甘みが強く柔らかい部位のみを使用。「USサイズ」(1706円)で5尾分、「レギュラーサイズ」(1058円)で3尾分を贅沢に使っている。味のよいアメリカ・メイン州産などのロブスターを、十分に堪能できるボリュームが嬉しい。【最小限の調味料で素材の味を引き立てるシーフードロール】身がたっぷりの「クラブロール」(1490円)も、ロブスター同様に産地や品質管理、環境への影響などについて徹底的にこだわったクラブ(カニ)を使用している。作り方のポイントも...more
カテゴリー:

やっちまったな、日産今度は排ガス検査で不正。社長交代じゃ済まないだろ? - 07月09日(月)16:43  news

日産自動車の複数の工場で、新車の出荷前に行う排ガス性能の検査結果を、 都合よく改ざんする不正が行われていたことがわかった。この検査は昨年、 無資格者の従事が発覚した「完成検査」の工程のひとつで、日産の品質管理への 姿勢が改めて厳しく問われることになりそうだ。 関係者によると、今回不正が発覚したのは、出荷前に車の性能をチェックする 「完成検査」の中で、数百台から数千台に1台の割合で車を選んで実施する 「抜き取り検査」という工程。そこで行われる排ガス性能の測定で、思わしくない結果が出た場合、 都...
»続きを読む
カテゴリー:

「品質管理」の画像

もっと見る

「品質管理」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる