「名護市辺野古」とは?

関連ニュース

【翁長 沖縄県知事】沖縄慰霊の日 「辺野古移設、平和に逆行」翁長県知事ついにカツラを脱ぐ - 06月24日(日)02:24  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20180624/k00/00m/010/120000c 沖縄慰霊の日 「辺野古移設、平和に逆行」翁長知事 毎日新聞 2018年6月23日 22時38分(最終更新 6月23日 23時22分)  73年前の沖縄戦などの犠牲者を悼む「慰霊の日」の23日、沖縄県内各地で追悼行事や慰霊祭があった。糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では県など主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、翁長雄志(おなが・たけし)知事は平和宣言で、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を「全く容認できない」と強く批判した...
»続きを読む
カテゴリー:

【沖縄】安倍首相、辺野古移設「最高裁判決に従い進める」 - 06月23日(土)17:26  newsplus

安倍首相、辺野古移設「最高裁判決に従って、進めていく」記者団に(12:58)  安倍晋三首相は沖縄全戦没者追悼式後、記者団に対して「戦後73年たった今も沖縄県のみなさまに、大きな基地負担を負っていただいており、この状況は是認できるものではない」と語り、基地負担の軽減を進めていく考えを強調した。  首相は「(沖縄県宜野湾市にある米軍)普天間基地の固定化は、絶対に避けなければならない」とも強調。同県名護市辺野古への移設に向けて「最高裁の判決に従って、進めていく」との考えも改めて示した。  また、...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄慰霊の日、平和誓う=翁長氏は辺野古移設批判 - 06月23日(土)13:09 

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の地上戦で犠牲となった多くの住民らを悼む「慰霊の日」を迎えた。73年前の沖縄戦で最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が開かれ、平和への誓いを新たにした。 式典で翁長雄志知事は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について、「アジアの緊張緩和の流れに逆行している」と批判し、政府に移設計画の見直しを求めた。 追悼式には、安倍晋三首相や衆参両院議長ら5100人が出席。犠牲者の冥福を祈り、正午に1分間の黙とうをささげた。 翁長氏は平和宣言で、米朝首脳会談の実現に触れ、「東アジアをめぐる安全保障環境は大きく変化し、緊張緩和に向けた動きが始まっている」と指摘。「20年以上も前に合意した辺野古移設が普天間問題の唯一の解決策と言えるのか」と訴えた。 その上で、「辺野古に新基地を造らせないという私の決意は県民とともにあり、みじんも揺らぐことはない」と強調した。沖縄の基地の現状や日米安全保障体制について、国民的議論を求めた。 首相はあいさつで、米軍基地の返還を進めてきた実績を挙げ、「『できることは全て行う』の方針の下、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と語った。 浦添市立港川中3年の相良倫子さん(14)が自作の詩「生きる」を朗読。当たり前に生きられる平和な世界の実現を呼び掛けた。 73年前の6月23日は、国内最大の地上戦...more
カテゴリー:

「辺野古新基地建設はアジアの緊張緩和の流れに逆行」 翁長知事、平和宣言で言及 - 06月23日(土)12:55 

 翁長雄志知事は23日の沖縄全戦没者追悼式の平和宣言で、「朝鮮半島の非核化への取り組みや平和体制の構築について緊張緩和に向けた動きが始まっている」と述べ、対話による東アジアの安全保障環境の変化を歓迎した。  その上で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画について「平和を求める大きな流れの中にあっ...
カテゴリー:

【沖縄】希少サンゴ1群体が消失 準絶滅危惧のヒメサンゴ - 06月22日(金)21:45  newsplus

2018/06/22 19:35 https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201806/sp/0011378086.shtml  防衛省沖縄防衛局は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域で見つかった希少サンゴ1群体が消失したと発表した。台風6号に伴う高波で流失した可能性があるとしている。  沖縄防衛局によると、消失したのは準絶滅危惧「ヒメサンゴ」1群体。14日の調査で生息が確認されていたが、22日に存在が確認できなくなった。  埋め立て工事に関連し、防衛局は3月2日にこのサンゴを別...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相 辺野古移設「待ったなしの課題」 6/23 17:38更新 - 06月23日(土)17:38 

沖縄は23日、73年前の沖縄戦で、旧日本軍の組織的な戦闘が終結した日とされる「慰霊の日」を迎えた。式典に出席した安倍首相は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設は「待ったなしの課題だ」と強調した。
カテゴリー:

安倍首相「辺野古移設進める」 - 06月23日(土)13:49 

 安倍晋三首相は23日、沖縄全戦没者追悼式典終了後に記者団の質問に答えた。翁長雄志知事が平和宣言で改めて反対を表明した米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設について、「普天間基地の固定化は絶対にさせてはならないのが大前提だ。辺野古に移る機能は岩国や九州に分散しており、飛行経路も住宅...
カテゴリー:

安倍首相「基地負担の軽減に全力を尽くす」 米軍機事故への言及なし - 06月23日(土)12:56 

 安倍晋三首相は23日の沖縄全戦没者追悼式であいさつし、米軍西普天間住宅地区跡地の返還跡利用の進展を踏まえて「『できることは全て行う』の方針の下、沖縄の基地負担の軽減に全力を尽くす」と述べた。  一方で、国として8月17日の埋め立て開始を県に通知した米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設や、相次ぐ米軍...
カテゴリー:

辺野古のプロ土人「ウミガメを見た!海を埋めるな!」 - 06月22日(金)23:06  news

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で22日、米軍キャンプ・シュワブ沖合の「K9護岸」では、台船から砕石を搬入する作業が確認された。 「K4護岸」では護岸造成工事が進められ、市民らは早朝から抗議船3隻、カヌー14艇で海へ繰り出し、抗議した。 両端から埋め立てられるように工事作業が進められている「K4護岸」は、残り数百㍍でつながる状態にまで進んでいる。 海上で抗議活動をしていた市民の一人はこの日、ウミガメを目撃したようで、工事現場に向かって「沖縄の海を埋める...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄サヨク「助けて!辺野古の賛否を問う県民投票の署名が全然集まらないの!」 ネット「もう答え出たやん」「どうせまた重複とか県外とか… - 06月22日(金)21:36  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/25140 ?resize=728%2C486 名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の実現に向け、23日で「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)が署名集めを開始してから1カ月を迎える。 県民投票へ協力を決めた政党・団体も増え、運動も徐々に広がりつつあるが、複数の関係者によると、署名は最低限必要な数の半分にも達していない。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/271286 管理人 ネットの反応 名無し どうせまた重複とか県外とか集めるんでしょ 名無し 勝手に名前書...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「名護市辺野古」の画像

もっと見る

「名護市辺野古」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる