「吉沢亮」とは?

関連ニュース

注目映画紹介:「BLEACH」福士蒼汰と吉沢亮が仮面ライダーフォーゼ… - 07月19日(木)20:30 

 久保帯人さんの人気マンガが原作の映画「BLEACH」(佐藤信介監督)が、20日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。俳優の福士蒼汰さんが演じる、死神の力を身に着けた高校生・黒崎一護(…
カテゴリー:

【ドラマ】山本美月が再びメーテル役に “福田組”参加に喜び「楽しみにして」 - 07月17日(火)13:06  mnewsplus

2018-07-17 12:00 山本美月が再びメーテル役に “福田組”参加に喜び「楽しみにして」  女優の山本美月(26)が、8月18日から「dTV」で配信されるdTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』(深0:00~)に、メーテル役でゲスト出演することが17日、わかった。実写版『銀魂』の福田雄一監督が手掛けたテレビドラマ『アオイホノオ』(2014年)でもメーテルを演じた山本は「楽しんで演じたので、原作にはいない彼女がどんな風に登場するのか、楽しみにしていてください」と呼びかけている。  同ドラマは、映画版と同じ、...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能ニュース舞台裏】神木隆之介ら出演 和やかイベントに水を差した出来事とは - 07月17日(火)11:30 

 俳優の神木隆之介(25)や吉沢亮(24)らが出演したファン感謝祭「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017」のDVD発売記念ハイタッチ会が先ごろ行われた。
カテゴリー:

波瑠主演『サバイバル・ウェディング』初回視聴率10.4% - 07月17日(火)09:40 

 女優の波瑠が主演する日本テレビ系連続ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜 後9:00)第一話が14日放送され、初回平均視聴率が10.4%だったことが17日、わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。 【場面カット】イケメン王子様を演じる吉沢亮  同ドラマの原作は大橋弘祐氏による小説『SURVIVAL(サバイバル)・ WEDDING(ウェディング)」(文響社)。勤めていた出版社を寿退社した日に、婚約破棄されてしまった29歳の主人公・黒木さやか(波瑠)。そんな残念な彼女の前に人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)が現れ、「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させる。  宇佐美は海外有名ブランドのマーケティング手法を応用した恋愛テクニックを伝授し、さやかの“市場価値”を、ハイブランドのように高めようと戦略を企てる。そして結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載することをさやかに命じるのだった…。さやかは傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、恋に仕事に全力で立ち向かっていく。  第一話ではどん底だったさやかが、元上司のつてで宇佐美が編集長を務める今までとは畑がまったく違う女性向けライフスタイル誌『riz』の編集部へとやってくる。さやかの市場価値の低さを指摘する宇佐美は結婚破棄された元彼・和也(風間俊介)と復縁→結婚を最短...more
カテゴリー:

唐沢寿明が「黒い財前五郎」に?テレ東のSPドラマ&連ドラで初主演 - 07月16日(月)23:57 

唐沢寿明が、2018年秋にテレビ東京で放送されるドラマスペシャル『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!(仮)』と、10月期の連続ドラマ『テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム(仮)」』で主演を務めることが明らかになった。唐沢はテレビ東京のドラマ初主演となり、“元外科医の殺し屋”と“ハラスメント事件を解決する会社員”といった正反対な2つの役柄を演じる。『あまんじゃく』は、唐沢が長年にわたって映像化を熱望していた、藤村いずみ氏の同名小説が原作。法の裁きをすり抜け悪事を働く医者を、医学の知識を利用した華麗なる手口の完全犯罪で裁いていく元外科医の殺し屋・折壁(唐沢)が、社会に潜伏する大きな闇の組織に立ち向かっていく様を描いた医療エンターテインメント。『白い巨塔』(フジテレビ系)主人公の外科医・財前五郎役で知られる唐沢だが、同じ医療をテーマにした今作で、ダークヒーローとも言える主人公をどのように演じるのか、注目が集まりそうだ。監督は『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)などヒットを連発する木村ひさしが務める。また、月曜22時枠のドラマ『ハラスメントゲーム』は、「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など「ハラスメント」事件をテーマしたドラマ。唐沢演じる“コンプライアンス室”の室長・秋津が、社内に起こる様々なハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決...more
カテゴリー:

久保帯人氏、実写『BLEACH』に2つの要望 完成作に「日本映画として新しいレベルに到達した」 - 07月18日(水)12:00 

 俳優の福士蒼汰主演で人気漫画を実写化した映画『BLEACH』(20日公開)。今週末に公開を控えるなか、原作者・久保帯人氏からのコメントが到着し、映画化にあたり2つの要望を伝えていたことを明かした。 【動画】森田成一が熱いエール 『BLEACH』特別映像  同作は、幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、死神を名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花)から力を譲り受け、家族と仲間を守るために人間の魂を喰らう悪霊=虚<ホロウ>と死闘を繰り広げる…というストーリー。  久保氏は「キャラクター同士の距離と関係性を原作から変えないこと」「キャラクターの感情と行動に齟齬(そご)をきたさないこと」という要望を伝えたといい、結果として「スピードとスケール感のあるアクションは、日本映画として新しいレベルに到達しています」と太鼓判を押した。  あわせて特別映像も解禁され、2004~12年まで放映されたアニメ『BLEACH』で主人公・黒崎一護を演じた声優・森田成一が「一護よ、命をかけて熱く生きろ」と熱いエールを送っている。 ■久保帯人氏のコメント全文 僕は実は今回の映画には2つの理由から余り大きく関わっていません。1つ目は、佐藤(信介)監督が実写として原作のどこを使ってどこを削るのか見てみたい、という気持ちがあったこと。2つ目は、映画の話を頂いた時が丁度連載終盤のストーリーを固めて...more
カテゴリー:

山本美月が再びメーテル役に 福田組参加に喜び「楽しみにして」 - 07月17日(火)12:00 

 女優の山本美月(26)が、8月18日から「dTV」で配信されるdTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』(深0:00~)に、メーテル役でゲスト出演することが17日、わかった。実写版『銀魂』の福田雄一監督が手掛けたテレビドラマ『アオイホノオ』(2014年)でもメーテルを演じた山本は「楽しんで演じたので、原作にはいない彼女がどんな風に登場するのか、楽しみにしていてください」と呼びかけている。 【画像】実写映画版の正式タイトル&エピソード  同ドラマは、映画版と同じ、坂田銀時(小栗旬)、神楽(橋本環奈)、真選組・土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)、近藤勲(中村勘九郎)といった面々が出演するが、メーテルは、原作の中では描かれていないスペシャルな出演とあって、まさに「dTV」のドラマ版でしか見ることが出来ない貴重な映像となる。  物語は、眠れないループに入った神楽が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、真選組・土方十四郎が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成。原作の数あるエピソードでも『銀魂』の真骨頂であるギャグが冴えわたる渾身のエピソードを、脚本...more
カテゴリー:

福士蒼汰・川上洋平 インタビュー 映画『BLEACH』が描く普遍的なヒーロー像  - 07月17日(火)11:00 

映画『BLEACH』主人公である黒崎一護を演じた福士蒼汰と主題歌・挿入歌を担当している[ALEXANDROS]の川上洋平に話を聞いた。ユウレイが見えること以外は普通の高校生がひょんなことから死神代行として活躍する漫画『BLEACH』。ストーリーこそ知らない人はいるかもしれないが、名前を耳にしたことがない人はいないのではないだろうか。それもそのはず、「週刊少年ジャンプ」で2001年から2016年まで連載され、単行本は全74巻にも及ぶ超人気コミックだ。これまでアニメ化はもちろん、ゲームや舞台にもその表現を広げてきた。そして、この夏、満を持して実写映画が公開される。原作でも人気が高い「死神代行編」を基軸に繰り広げられるストーリーは、ファンタジーな世界ながらも自分の呪縛と戦う主人公たちに共感せざるをえない。今回は、主人公である黒崎一護を演じた福士蒼汰と主題歌・挿入歌を担当している[ALEXANDROS]の川上洋平に映画の見どころや劇中歌に対する思いを語ってもらった。―お二人とも映画をご覧になったそうですが、特に印象に残っているのはどのシーンでしょうか。川上:僕が一番好きなのは最後のシーンなんですけど、それを話すとネタバレになっちゃうので(笑)。そのほかだと、家族のシーンが好きでしたね。食卓の場面で一護がお父さんの作ったご飯を食べないで自分の部屋に行っちゃうんですよ。すごく美味しそうだったか...more
カテゴリー:

唐沢寿明が「黒い財前五郎」に?テレ東のSPドラマ&連ドラで初主演 - 07月17日(火)06:00 

唐沢寿明が、2018年秋にテレビ東京で放送されるドラマスペシャル『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!(仮)』と、10月期の連続ドラマ『テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム(仮)」』で主演を務めることが明らかになった。唐沢はテレビ東京のドラマ初主演となり、“元外科医の殺し屋”と“ハラスメント事件を解決する会社員”といった正反対な2つの役柄を演じる。『あまんじゃく』は、唐沢が長年にわたって映像化を熱望していた、藤村いずみ氏の同名小説が原作。法の裁きをすり抜け悪事を働く医者を、医学の知識を利用した華麗なる手口の完全犯罪で裁いていく元外科医の殺し屋・折壁(唐沢)が、社会に潜伏する大きな闇の組織に立ち向かっていく様を描いた医療エンターテインメント。『白い巨塔』(フジテレビ系)主人公の外科医・財前五郎役で知られる唐沢だが、同じ医療をテーマにした今作で、ダークヒーローとも言える主人公をどのように演じるのか、注目が集まりそうだ。監督は『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)などヒットを連発する木村ひさしが務める。また、月曜22時枠のドラマ『ハラスメントゲーム』は、「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など「ハラスメント」事件をテーマしたドラマ。唐沢演じる“コンプライアンス室”の室長・秋津が、社内に起こる様々なハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決...more
カテゴリー:

<西郷どん>小栗旬の龍馬登場に女子騒然!「男くささがたまらない!!」 - 07月16日(月)19:18 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が7月15日放送の第26回「西郷、京へ」で新章に突入。主人公・吉之助(鈴木)が島流しから戻り、本格的に時代が明治維新へと動き始める中、ドラマに小栗旬演じる坂本龍馬が初登場した。 【写真】“男くささ”がたまらない!小栗旬の“龍馬”姿/※画像は番組公式Instagram(nhk_segodon)のスクリーンショットです ■ 「海上がりのサーファー」ビジュアルも好評! 第26回で、藩主・茂久(長田成哉)の許可を得て京へと上った吉之助。都では、大久保一蔵(瑛太)やお虎(近藤春菜)、ふき(高梨臨)とも再会を喜び合う。その頃、「参与会議」はころころと意見を変える一橋慶喜(松田翔太)と、開国を迫る島津久光(青木崇高)との亀裂がますます深まっていた。事態を打開するため、吉之助は“ヒー様”こと慶喜と面会。慶喜と久光の会談を取り付ける。 幕府の屋台骨が大きく揺らぐ中、龍馬(小栗)と勝海舟(遠藤憲一)が初登場。ひょっとこ踊りを披露する龍馬に勝が「下手くそで見ちゃいられねえ」と軽快な江戸言葉で“ダメ出し”。龍馬が土佐弁で「また叱られたぜよ」と返す…という一連に、明治維新きっての人気者の登場を待ち望んだ視聴者は大喜び! 小栗らのキャスト発表会見では、主演の鈴木が龍馬の風貌を「ちょっと海上がりのサーファーみたい」とイ...more
カテゴリー:

もっと見る

「吉沢亮」の画像

もっと見る

「吉沢亮」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる