「合理化」とは?

関連ニュース

PC1台で独立したアイデア社長 「岩崎流」省エネの売り込み方とは...... - 06月24日(日)13:00 

エンジニアの経験を生かし、転職した水道工事会社の事業を効率化。その後、パソコン1台で独立し、ITを駆使して水道工事の図面設計を手がける事業を興した。 25歳の1990年に会社名を「エプコ」とし、設備コンサルタントとして大手ハウスメーカーの設備工事の合理化とコストダウンを支援して成長すると、東京電力エナジーパートナーとエプコが共同出資して「TEPCOホームテック」を、2017年8月に設立。その初代社長に就任したのが、岩崎辰之氏だ。 「省エネなどのエネルギーソリューション分野で2021年度までに売り上げ500億円を目指す」という岩崎社長に、4月に導入した新サービスの「エネカリ」と今後の事業展望について聞いた。 東京電力グループがリフォーム市場に参入 ―― TEPCOホームテックを設立した経緯を、教えてください。 岩崎辰之社長「電力会社は、ここ数年『省エネ』分野に取り組んできました。その一方で、私が創業したエプコは、住宅の設備分野で事業を展開してきました。2016年4月の電力小売りの全面自由化によって、ガス会社や異業種が電力小売り分野に新規参入した一方、電力会社が新しいサービスを提供して、ガス会社などの市場参入に備えなければならないという危機感を持っていたという背景があります。そこで、東京電力グループがリフォーム市場に参入して電力小売りではなく、省エネ設備の工事代や省エネ機器の販売で収益...more
カテゴリー:

プレミアム果物の海外販路拡大を目指すAIデータプラットフォーム農林水産省の補助金対象事業に確定 - 06月19日(火)08:15 

[テックファームホールディングス] 補助金について  今回の支援は農林水産省の「平成30年度農山漁村6次産業化対策事業のうち食品流通合理化・新流通確立事業」として、公募により選出されました。食品の流通・販売において生産者と消費者双方がメ...
カテゴリー:

出雲村田製作所/38億円投じ、島根県出雲市に物流棟竣工 - 06月12日(火)13:30 

出雲村田製作所は6月12日、同社敷地内に第2厚生棟・物流棟を竣工したと発表した。 <第2厚生棟・物流棟> 新たに建設した第2厚生棟は福利厚生施設の充実を、また物流棟は構内物流の合理化と安全性の向上を目的としている。 ■第 […]
カテゴリー:

「紙が売れない」 日本製紙、180億円の赤字 - 05月28日(月)21:16  news

日本製紙(3863)は28日、今期(2019年3月期)の連結最終損益が180億円の赤字(前期は78億円の黒字)になるとの見通しを発表した。 中期経営計画を策定中として、従来予想は未定だった。需要減少を背景にした洋紙の生産能力削減に伴い、減損損失を200億円計上することが響く。 最終赤字となるのは、前回洋紙の生産能力を大幅に削減した12年3月期(当時は日本製紙グループ本社)以来、7期ぶり。  洋紙生産設備の稼働停止対象は北海道工場、富士工場、釧路工場の3拠点。 今月実施した秋田工場、石巻工場の一部設備停止と合わせ...
»続きを読む
カテゴリー:

民事IT化「推進を」=地高裁幹部に最高裁長官 - 06月20日(水)09:57 

 全国の高裁と地裁、家裁トップを集めた「長官・所長会同」が20日、最高裁で開かれた。冒頭のあいさつで大谷直人最高裁長官は民事訴訟手続きのIT化に触れ、「裁判全体の適正化、合理化を視野に入れ、推進すべきだ」との考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【富士ゼロックス】生産体制見直しで新潟の工場閉鎖へ - 06月14日(木)00:36  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180614/k10011476951000.html 「富士ゼロックス」 生産体制見直しで新潟の工場閉鎖へ 2018年6月14日 7時20分 情報機器メーカーの「富士ゼロックス」は、経営の合理化に向けた生産体制の見直しのため、新潟県柏崎市にある業務用のプリンターの工場を、来年3月末で閉鎖することを決めました。 富士ゼロックスが閉鎖を決めたのは、新潟県柏崎市にある子会社の工場です。 この工場では、業務用の大型プリンターを生産していますが来年3月末に閉鎖し、その後はグループ内の別の工場でプリンター...
»続きを読む
カテゴリー:

「時を休もう。」銀座和光の時計がひと休み。セイコーが時間について考えるキッカケを提案 - 06月11日(月)14:11 

正時に銀座四丁目の交差点に「キーンコーンカーンコーン」と鳴り響く、「銀座和光」時計塔のウェストミンスター・チャイム。実はこのチャイム、1954(昭和29)年6月10日の「時の記念日」から、半世紀以上に渡り交差点を行き交う人たちに時を知らせてくれている、歴史ある銀座の音なのだ。その銀座のシンボルである時計塔が、「時を休もう。」というコンセプトのもと平成最後の「時の記念日」に合わせ6月9日(土)〜10(日)の2日間だけ止まった。これは、和光本館リニューアルによる一時閉館時の2008年以来10年ぶりのことだそう。 直径2.4mの大きな時計には、「時を休もう。」のタペストリーが掲げられた/撮影/北村康行 「時の記念日」は、天智天皇が漏刻で太鼓や鐘を打って時を知らせる「時の奏」を行った日が、671年6月10日と「日本書紀」に記されていることから、1920(大正9)年に東京天文台(現在の国立天文台)と生活改善同盟が、日本国民に時間の大切さを尊重させ、時間をきちんと守り、生活の改善・合理化を図るために制定したそう。 そんな意義のある記念日に合わせ、セイコーホールディングス株式会社が、全国の10~60代の男女1,200人を対象に時間意識に関する実態調査を行い、「セイコー時間白書2018」としてまとめた。 その調査結果によると、「時間通りに効率的に行動する、時間管理意識が強い日本人。オンタイムだけで...more
カテゴリー:

「合理化」の画像

もっと見る

「合理化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる