「合意形成」とは?

関連ニュース

協調減産緩和、陰に米の存在 日本の原油輸入、イラン制裁懸念 - 06月25日(月)05:54 

石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産は緩和されることが決まった。協調減産を主導し、今回の増産に向けた合意形成にも奔走したサウジアラビアやロシ…
カテゴリー:

与党「地方を大切にしよう。憲法守ろう」 特定野党「反対!」 参院選挙制度改革 - 06月24日(日)13:04  news

定数増 与党「過疎地の代表維持」 野党は反発、討論番組  与野党9党の幹部は24日のNHK番組で、参院定数を6増やす公職選挙法改正案を議論した。 自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長は「過疎地の代表が過度に減ることは望ましくない」と今国会での成立に理解を求めた。 野党は「合区で議席を失う自民党議員の救済制度だ」(共産党の小池晃書記局長)と強く反発した。  立憲民主党の福山哲郎幹事長は同法案について「論外だ。定数増が国民の理解を得られるのか」と批判した。 国民民主党の古川元久幹事長は「党利党略だ。合区の...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】立憲民主党・福山哲郎「会期内に法案処理ができないのは政府・与党の責任で、延長は断じて認めるわけにはいかない」 - 06月20日(水)17:36  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000028-asahi-pol  安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は20日午前、国会内で会談し、同日に会期末を迎えた通常国会の会期を7月22日まで32日間延長することで合意した。両党は衆参両院議長に会期延長を要請。20日午後の衆院本会議で、与党の賛成多数で議決した。  党首会談では、首相が「働き方改革関連法案の成立を図りたい」と言及。山口氏は、19日に衆院を通過したカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案などを念頭に「衆院から送付された重要...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。横暴を、これ以上許してはいけない - 06月17日(日)15:11  seijinewsplus

https://www.asahi.com/articles/DA3S13542216.html  国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。安倍政権下でさんざん繰り返されてきた会期末の横暴を、これ以上許してはいけない。  与党はきのう、さまざまな疑問や矛盾が指摘されている「カジノ法案」の採決を衆院内閣委員会で強行した。  刑法が禁じる賭博を解禁する全251条からなる新規立法で、約20年前に成立した介護保険法(215条)以来の大型法案だ。にもかかわらず、与党は慎重審議を求める野党の反対を押し切った。  さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【強行採決】朝日新聞社説「安倍政権で繰り返された会期末の横暴を許してはいけない」 ネット「数の暴力と怒る段階」 - 06月16日(土)13:03  seijinewsplus

◆(社説)国会最終盤 自民よ、また「数の力」か 2018年6月16日05時00分 朝日新聞デジタル  国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。安倍政権下でさんざん繰り返されてきた会期末の横暴を、これ以上許してはいけない。  与党はきのう、さまざまな疑問や矛盾が指摘されている「カジノ法案」の採決を衆院内閣委員会で強行した。  刑法が禁じる賭博を解禁する全251条からなる新規立法で、約20年前に成立した介護保険法(215条)以来の大型法案だ。にもかかわらず、与党は慎重審議を...
»続きを読む
カテゴリー:

【地域】「六本木ヒルズ、どんな街にするんだ」 - 06月24日(日)15:31  bizplus

 東京都港区六本木の「六本木六丁目地区再開発準備組合」の事務所が毎日通う職場だと聞いた家田玲子(44=現タウンマネジメント事業部部長)は少しがっかりした。 1996年4月。森ビルに入社した家田は都市開発の部署に配属された。「再開発」と聞いてどんな仕事をするかピンと来なかったが当然、職場は当時本社があったアークヒルズ(東京・港)だと勝手に思い込んでいたのだった。  家田も東京で初めての複合開発に憧れ森ビルに入社したうちの1人。アークヒルズの本社への出勤は「外せなかった」。  ところが出社するのは六本...
»続きを読む
カテゴリー:

【読売新聞社説】参院選改革 小手先にすぎない自民党案「選挙制度が複雑化」「自民党の姿勢に疑問」「党利党略」「有権者の混乱を招く」 - 06月21日(木)05:15  seijinewsplus

◆参院選改革 小手先にすぎない自民党案 2018年06月20日 06時00分 読売新聞  抜本改革を避け、小手先の対応を繰り返してきた結果だろう。参院の選挙制度がさらに複雑化する弊害は小さくない。  自民党は、参院の選挙制度を改革する公職選挙法改正案を国会に提出した。来夏の参院選から実施するため、延長後の今国会で成立させる考えだ。  野党の指摘を勘案しながら、合意形成に努力すべきだ。  2015年の改正公選法は付則で、選挙制度の抜本改革について「結論を得る」と明記した。  だが、自民党は、合区を解消する...
»続きを読む
カテゴリー:

【新潟県知事選挙】 野党の敗北理由は争点を単純化し「不安と憎悪に火をつける」選挙戦に仕立てた - 06月19日(火)12:43  seijinewsplus

10日に投開票がおこなわれた新潟県知事選挙は、花角英世候補(無所属)が当選した。 花角候補が自民・公明の支援を受け、立憲民主党・国民民主党・日本共産党・自由党・社民党・無所属の会という野党6党・会派は、 野党系県議の池田千賀子候補(無所属)を推薦。 事実上の〝与野党の対決〟とも目されたことで、その勝敗の行方が注目されていた。 花角候補が国と県を繋ぐ自身の実績と能力をアピールしたことに危機感を覚えたのだろう。 野党側はわざわざ「新潟のことは新潟で決める」というキャッチフレーズまで作り、SNSで...
»続きを読む
カテゴリー:

アホの朝日新聞「カジノ法案強行採決、数の横暴を許すな!採決ありきの姿勢は国会の権威を失墜させる」 - 06月17日(日)12:49  news

国会が最終盤にさしかかり、いよいよ自民党が「数の力」をむき出しにしてきた。 安倍政権下でさんざん繰り返されてきた会期末の横暴を、これ以上許してはいけない。 与党はきのう、さまざまな疑問や矛盾が指摘されている「カジノ法案」の採決を衆院内閣委員会で強行した。 刑法が禁じる賭博を解禁する全251条からなる新規立法で、約20年前に成立した介護保険法(215条)以来の大型法案だ。 にもかかわらず、与党は慎重審議を求める野党の反対を押し切った。 さきの新潟県知事選での与党の勝利が、強気の国会運営に拍車...
»続きを読む
カテゴリー:

突然の自民案、協議打ち切りに野党猛反発 選挙制度改革 - 06月15日(金)09:37 

 自民党は14日、参院選挙制度改革をめぐる与野党協議を一方的に打ち切り、一票の格差是正や合区対策として定数を6増する公職選挙法改正案を提出した。与野党間の合意形成を事実上諦め、委員会審議を経て与党の多…
カテゴリー:

もっと見る

「合意形成」の画像

もっと見る

「合意形成」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる