「各選手」とは?

関連ニュース

サッカーのゲームをテーブルの上の拡張現実の3D映像で見る - 06月20日(水)10:39 

ワールドカップのシーズンなので、機械学習の記事もフットボールを取り上げないわけにはいかない。その見事なゲームへの今日のオマージュは、試合の2Dビデオから3Dのコンテンツを作り、すでに拡張現実のセットアップのある人ならそれをコーヒーテーブルの上でも観戦できるシステムだ。まだそれほど‘リアル’ではないが、テレビよりはおもしろいだろう。 その“Soccer On Your Tabletop”(卓上サッカー)システムは、試合のビデオを入力とし、それを注意深く見ながら各選手の動きを追い、そして選手たちの像を3Dモデルへマップする。それらのモデルは、複数のサッカービデオゲームから抽出された動きを、フィールド上の3D表現に変換したものだ。基本的にそれは、PS4のFIFA 18と現実の映像を組み合わせたもので、一種のミニチュアの現実/人工ハイブリッドを作り出している。 [入力フレーム][選手分析][奥行きの推計] ソースデータは二次元で解像度が低く、たえず動いているから、そんなものからリアルでほぼ正確な各選手の3D像を再構成するのは、たいへんな作業だ。 目下それは、完全にはほど遠い。これはまだ実用レベルではない、と感じる人もいるだろう。キャラクターの位置は推計だから、ちょっとジャンプするし、ボールはよく見えない。だから全員がフィールドで踊っているよ...more
カテゴリー:

【サッカー】いざ、W杯初戦!adidasの日本代表応援ムービーがかっこいい! - 06月19日(火)17:17  mnewsplus

いよいよ本日、ロシアワールドカップ初戦でコロンビアと対戦する日本代表。 直前にいろいろなことが起こったが、試合が始まってしまえばピッチに立つのはお互い11人、そしてボールは1つ。 各選手が様々な思いを背負い、勝利を目指して90分を戦い抜く。 そんな一戦に向けて、日本代表のオフィシャルサプライヤーであるadidasが、日本代表応援ムービー『勝色 THE NEW STORY 3』を公開した。 https://www.youtube.com/watch?v=JGyQzL2ou0E 先日公開された『勝色 THE NEW STORY 2』のロングバージョンとなる映像作品。 今大会の...
»続きを読む
カテゴリー:

さぁ、W杯! サッカー知らない女子に「日本代表ざっくり解説」 - 06月14日(木)18:00 

6月14日からいよいよ『2018 FIFAワールドカップ ロシア』が始まります。サッカーファンにとっては、心の底から楽しみな4年に1度のビッグイベントでありますが、特に興味のない女子には、監督が電撃解任されてちょっと騒いでるよね、レベルのことかもしれません。でも、せっかくのお祭りですから、乗っかってみませんか? 知識がなくてもこれを読めばわかる! ワールドカップ直前に押さえておきたい日本代表基礎知識をお伝えします! 文・伊藤順子 5月30日に行われた親善試合ガーナ戦を観戦! ©JFA 日本代表は現在、6月19日のコロンビア初戦に向けて、スイス(6月9日)、パラグアイ(同12日)との親善試合を交えたオーストリア直前合宿を経て、開催地ロシアでのキャンプ地となるカザンに到着しています。親善試合は日本でも開催されていて、5月末には日産スタジアムでガーナ戦が熱く繰り広げられました。いくつか好機はあったものの、相手キーパーのナイスセービングなどに阻まれ、結果はご存知のようにPKとFK(フリーキック)で2点を献上、0-2で敗戦してしまいましたが、観戦した筆者がとても印象に残ったのが、ゲーム後に行われた演出です。 照明が一斉に落ちて、観客全員に配られたブレスレット型ライト「SAMURAI BLUE LEDブレスレット」の青い光が浮かびあがり、スタジアムがまるでアーティストのコンサートのように...more
カテゴリー:

堂々の優勝候補! 松山英樹は全米ゴルフ協会発表の注目すべき選手9人に選出 - 06月12日(火)07:52 

<全米オープン 事前情報◇11日◇シネコック・ヒルズGC> 海外メジャー第2戦の「全米オープン」開幕を控え、各選手も調整に熱が入ってきている。公式練習日となった11日(月)は、ギャラリーも入場し、メジャーの雰囲気が一気に高まった。 【連続写真】松山英樹 最新スイング解析 タイガー・ウッズ(米国)の3年ぶりの本大会出場や、世界ランク1位に返り咲いたダスティン・ジョンソン(米国)ら、注目選手も続々と会場入り。本気モードの調整に入っている。 会場のシネコック・ヒルズGCは、大会を主催する全米ゴルフ協会(USGA)設立に尽力したコースの1つ。リンクス風の趣で傾斜の強いグリーンが大きな特徴。前回、同コースで開催された2004年大会では優勝スコアがトータル4アンダー(レティーフ・グーセン=南アフリカ)。アンダーパーはわずかに2人と過酷な戦いになった。 丸山茂樹が優勝争いに加わり4位タイに入ったのは記憶に新しいが、今年の優勝争いはどんな結末を迎えるのか。大会公式パンフレットでは、USGAの「注目すべき9選手」が発表されているが、3番目に名前が挙がっているのが松山英樹だ。 「ここまでの21メジャー大会で昨年の本大会2位を含め7度のトップテン。アジア人として、初の世界ゴルフ選手権覇者(2016年・WGC-HSBCチャンピオンズ)となったマツヤマが、日本人初のメジャー優勝者になろうとしている...more
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表>なぜ西野朗監督は「ベテラン」を選んだ? - 06月08日(金)23:24  mnewsplus

◆西野監督のメンバー選考は「手堅い」? 写真 ロシアW杯に挑む日本代表のメンバーは、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が選んだメンバーとは異なる色彩を映し出す。 前監督は久保裕也、浅野拓磨、井手口陽介、中島翔哉ら、25歳以下の選手たちを積極的に起用してきた。それに対して西野朗監督は、W杯出場経験のある選手たちを多く揃えた。久保ら4選手は、メンバーから漏れた。 経験と実績のある選手を揃えたことから、西野監督のメンバー選考は「手堅い」と言える。 ただし、各選手の置かれている状況が変わってきたのも確...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】長谷部は「非常に嬉しい」、長友は「嬉し過ぎますね」 日本代表喜びの声、続々 - 06月19日(火)23:13  mnewsplus

「ロシアW杯・H組、コロンビア1-2日本」(19日、サランスク)  下馬評を覆すコロンビアからの金星に、日本代表の各選手も喜びの声を挙げた。  主将のMF長谷部誠(Eフランクフルト)は「非常に嬉しいですね。早い時間で相手が退場になって。こういうゲームっていうのは難しいんですけど、勝ちきったのは大きいと思います」と言葉をかみしめながら振り返った。試合序盤で相手に1人退場になり数的優位に立っていた。ハーフタイムは1-1で迎えたが、「勝ちに行くところと、リスクを冒していくところとバランスを保つとこ...
»続きを読む
カテゴリー:

小平智は苦いトリスタートに「ふがいない、何もかもうまくいかなかった」 - 06月15日(金)10:03 

<全米オープン 初日◇14日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7,440ヤード・パー70)> 昨年に続いて出場している「全米オープン」で苦い思いをしたのは小平智だ。現地時間14日に開幕した世界一過酷な戦いの初日、小平は6ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの「81」。11オーバーの134位タイと、大きく出遅れた。 【写真】世界一過酷な戦いの様子を現地からの写真でチェック 「全米オープン」フォトギャラリー 出だしが痛かった。10番は短いパー4だが、強烈なフォロー風にピンは奥。グリーンのすぐ奥は芝が短く刈り込まれたエリアで、グリーンを越えると30ヤードは転がってしまう。小平もこのワナにはまってしまい、いきなりのトリプルボギー。「ピンポジが難しいし、そこに最初に打ったボールが戻ってきて…。そこから攻めきれなかった」と、奥からグリーンオンまで3打かかり、出鼻をくじかれた。 各選手が強風、コースコンディション、ピン位置に苦戦している中でも、「自分のふがいなさもある…。いろいろ…。何もかもうまくいかなかった。調整してまた明日。いいスコアで回りたいと思います」。米ツアー優勝組として、奇跡の巻き返しを誓った。(文・高桑均) 【関連リンク】 ・■「全米オープン」初日成績 ・■松山英樹の成績は? 一打速報で振り返る ・■小平智がドライバー試打を開催 『新RS』を全米オープンに投入!? ・...more
カテゴリー:

週末クルマライター栗原が行く!北海道初開催の「D1グランプリ」でドリフトとグルメを堪能(前編) - 06月14日(木)06:00 

ドリフト競技の最高峰「D1グランプリ」が開催18年目にして初めて北海道の地に上陸!モータースポーツ好き編集者の栗原は、帯広にある「十勝スピードウェイ」に行ってきました!今回は前編として土曜日の予選と、その日に食べたローカルグルメについてレポートします。 とかち帯広空港行きの飛行機に乗る乗客/撮影:栗原祥光 ■ 日本生まれのモータースポーツ「ドリフト」 ドリフト競技は速さとドリフト姿勢の美しさを競う日本生まれのモータースポーツ。採点競技で滑る様子から「モータースポーツ界のフィギュアスケート」とも例えられています。 D1グランプリはその中でもっとも歴史が古く、今年で18年目。日本各地だけでなく中国やロシアでもD1グランプリの大会は行われていますが、北海道で行われたことはなく、今回初めて河西郡更別村にある、道内で唯一のFIA公認サーキット・十勝スピードウェイで開催となりました。 ■ 羽田から十勝までは1時間30分ほど 都内から十勝スピードウェイへ行くには、羽田からとかち帯広空港へ向かい、そこから車を使うというルートになります。今回は仕事の都合で前泊することができなかったため、レース当日の土曜朝7時10分発の始発便で向かうことに。 そして朝8時30分。とかち帯広空港に到着。朝の羽田は気温20度でしたが十勝平野の気温は7度。6月とは思えない肌寒さです。 交通手段は自動車のみで電車はありませ...more
カテゴリー:

【サッカー】対戦相手に応じて予め役割をはっきり与えるハリルのほうが戦えた 試合中に対応力を求めるのは無理 - 06月10日(日)07:27  mnewsplus

ハリルホジッチ前監督のように、対戦相手に応じて各選手にはっきりと役割を与える対処療法の方が日本人には合っているのではないだろうか。西野監督が求める「対応力」は確かに日本人には必要だし、理想でもある。しかし、そのために残された時間は、あまりにも少なすぎる。唯一の希望は、連敗してもいつもと変わらない西野監督のメンタルの強さかもしれない。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180610-00543491-shincho-socc&p=2 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】武藤嘉紀が語る日本代表の同僚たち…大迫は「日本人で最も優れたFWの1人」 - 06月08日(金)08:55  mnewsplus

6月19日にロシア・ワールドカップの初戦を迎える日本代表。初のW杯に臨むFW武藤嘉紀(マインツ)が、6月6日付けのドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューで日本代表のチームメイトついて語った。ドイツ人記者がピックアップしたブンデスリーガで戦う日本人選手たちについて、武藤は各選手へのリスペクトを示しながら紹介している。 長谷部誠(フランクフルト) 「代表チームで最も重要な支柱となる存在です。僕らのキャプテンであり、中盤でチームをまとめてくれます。海外で何年にもわたってたくさんの経験を積んでいます。パ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「各選手」の画像

もっと見る

「各選手」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる