「各市町村」とは?

関連ニュース

【ふるさと納税】寄附額の10%超が『手数料』等でサイト業者へ渡る驚きの実態。市町村のPRはまさに「金しだい」の状況 - 12月17日(月)09:41  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010000-tokai-soci ■過熱するふるさと納税獲得競争 霜降りの牛肉に、新鮮な野菜、名産のお酒…。全て、ふるさと納税の「お礼の品」です。 来場者の女性:「毎年やってます。食べ物系、季節のものとか」 同・男性:「3割といわず4割5割、地域の良さを出してほしい」 ふるさと納税が集中する年末、市町村はPRに声を枯らしますが、そのウラで取り交わされていたものが…。 (記者リポート) 「これらは、ふるさと納税を仲介する業者が市町村に営業をかける際に使うセールス資料で...
»続きを読む
カテゴリー:

「 高すぎるだろクソが!!」と思いながら買っているもの - 12月12日(水)23:01  poverty

高すぎる国保料“値下げ”できます 共産党が国保政策/1人当たり平均3万円引き下げに 国保料引き下げへ力を合わせようと呼びかける、(左から)由良ひろみ・京都市議候補、成宮まり子府議、河合ようこ京都市議=京都市西京区 公費1兆円投入、均等割・平等割廃止/府内全市町村で大幅引き下げ    日本共産党は11月、国保制度を立て直すための政策「高すぎる国民健康保険料(税)を引き下げ、住民と医療保険制度を守ります」を発表しま した。1兆円の公費投入と均等割と平等割の廃止で、保険料(税)を1人当たり平均3万円...
»続きを読む
カテゴリー:

うるま市議会 県民投票予算を否決 本会議は流動的 - 12月08日(土)10:16 

 【うるま】うるま市議会(幸地政和議長)の企画総務常任委員会は7日、県民投票実施のための事務費用として市当局が提案した予算案を賛成少数で否決した。県からの負担金を充てる形で県民投票関連経費の審議が各市町村議会で始まりつつある中、予算案が否決されたのは初めて。他の市町村議会の審議にも影響を与えそうだ...
カテゴリー:

琉球新報「沖縄ヘイトや在日コリアンへのヘイトの妙な共通点に気がついた!」 - 12月06日(木)08:02  seijinewsplus

<金口木舌>ヘイトの源流とは 予想通りと言うべきか。辺野古新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で正しくない情報がネット上に出てきた。県民投票が「民間団体主催」で、個人情報流出の恐れとも書き込む ▼これは正しくない。県民投票は県民投票条例に基づき県知事が執行し、実際の投開票事務は各市町村が担う。 選挙での投開票と同じような手続きとなり、民間が関与する仕組みはない ▼9月の知事選でも正しくない情報が飛び交った。ほとんどは玉城デニー氏に関する、事実ではない情報や誹謗(ひぼう)中傷の書き込み...
»続きを読む
カテゴリー:

【沖縄】県民投票のデマ、ネットで出回る 民間団体が主催? → 知事が執行〇 データ流出? → 公選法で規制〇 - 12月03日(月)22:29  newsplus

 来年2月24日に投開票される辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、インターネット上のツイッターで「民間団体主催」「全県民のデータが共産党に流れる可能性が高い」などとするツイート(つぶやき)が流れている。だが10月31日に県が公布した県民投票条例は第3条で「県民投票に関する事務は、知事が執行する」と定めている。民間団体ではなく条例に基づき県が実施するもので、ネット上のつぶやきは誤りだ。投開票事務は公職選挙法に基づき各市町村選挙管理委員会が担い、個人データは他の選挙と同様に保護される...
»続きを読む
カテゴリー:

スマホで出来る避難者登録「災害時避難所名簿管理クラウドシステム」のサービスを開始 - 12月13日(木)13:21 

2018年12月13日 星野総合商事株式会社 スマホで出来る避難者登録「災害時避難所名簿管理クラウドシステム」のサービスを開始 星野総合商事株式会社(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:星野晃一郎)は、災害時、スマートフォン・タブレットを利用して専用カードに印字されたQRコードを読み込むことで避難者把握リストを作成し、WEB上で避難状況をリアルタイムで把握出来るクラウドシステムのサービスを始めました。災害時には全国の各避難所に1,000人以上の避難者が集まります。各市町村や官公庁は、「誰がどこにいるのか」「年齢」「性別」「アレルギー有無」等を迅速に把握し対応する必要がありますが、従来の紙ベースでの名簿ではリアルタイムに状況を把握することが出来ません。そこで紙ベースではなく、インターネット上で避難者名簿を作成する星野総合商事の「災害時避難所名簿管理クラウドシステム」を利用していただくことで、QRコードの付いた名刺サイズの専用カードを避難者に配布し、スマートフォンでQRコードを読み取って情報を登録していただくと、登録したデータの仕分けや集計はクラウドのデータベースに官公庁様が即各避難所の情報を把握出来、手間が掛からず迅速に避難者把握リストの作成及び管理,閲覧ができます。更にリアルタイムで情報が保管されるため、離れた場所からでも被災地の"今"を把握することが可能です。...more
カテゴリー:

国民審査用紙82万枚を誤廃棄 徳島県内17市町村 - 12月08日(土)15:00 

徳島県選挙管理委員会は7日、10年間の保存義務がある最高裁裁判官の国民審査の開票済み投票用紙を県内17市町村が誤って廃棄していたと発表した。誤廃棄は約82万枚に及ぶとみられ、各市町村の担当者が保存期間を正しく認識していなかったことなどが原因としている。 県選管によると、廃棄されたのは、徳島市など17市町村で2009年8月と12年12月、14年12月に行われた国民審査。投票総数は計81万9703票で、同数が廃棄されたとみられる。
カテゴリー:

福島第1原発事故 21年度までに除染土の中間施設搬入完了へ - 12月06日(木)19:59 

 環境省は6日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で発生し、各市町村の仮置き場に保管されている土壌や廃棄物について、2021年度までに中間貯蔵施設(同県大熊、双葉町)への搬入を完了するとの見通しを明らかにした。両町の町議会全員協議会で説明した。
カテゴリー:

琉球新報「沖縄ヘイトや在日コリアンへのヘイトの妙な共通点に気がついた!」 - 12月06日(木)07:41  news

<金口木舌>ヘイトの源流とは 予想通りと言うべきか。辺野古新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で正しくない情報がネット上に出てきた。県民投票が「民間団体主催」で、個人情報流出の恐れとも書き込む ▼これは正しくない。県民投票は県民投票条例に基づき県知事が執行し、実際の投開票事務は各市町村が担う。 選挙での投開票と同じような手続きとなり、民間が関与する仕組みはない ▼9月の知事選でも正しくない情報が飛び交った。ほとんどは玉城デニー氏に関する、事実ではない情報や誹謗(ひぼう)中傷の書き込...
»続きを読む
カテゴリー:

【小中学校エアコン設置】宮城県内の設備業界悲鳴 教室数1万超、能力を超過「到底無理」 - 12月03日(月)10:59  newsplus

<小中学校エアコン設置>宮城県内の設備業界悲鳴 教室数1万超、能力を超過「到底無理」 12/3(月) 9:37配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000001-khks-soci  今夏の猛暑を受けて、宮城県内の自治体が相次いで予算化している小中学校へのエアコン設置を巡り、設備業界に懸念が広がっている。降って湧いた特需を歓迎する向きがある一方、「業界の能力を明らかに超える」と先行きを不安視する声が続出。多くの市町村が掲げる来年夏までの設置に「到底無理だ」と悲鳴も上がる。  県内の設備業界の関係者は、エアコ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「各市町村」の画像

もっと見る

「各市町村」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる