「司法省」とは?

関連ニュース

米司法省、ビットコインなど仮想通貨の価格操作の可能性を捜査--Bloomberg - 05月25日(金)08:20 

Bloombergによると、米司法省は、ビットコインなどの仮想通貨の価格がトレーダーによって操作されている可能性がないかを調べる刑事捜査を開始したという。
カテゴリー:

米国司法省、BTCの価格操作を証明へ【フィスコ・ビットコインニュース】 - 05月25日(金)01:24 

*01:24JST 米国司法省、BTCの価格操作を証明へ【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

【USA】トランプ大統領のツイッター 批判ブロックは憲法違反 連邦地裁 - 05月24日(木)08:28  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011450231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019 5月24日 6時11分 アメリカのトランプ大統領が、みずからのツイッターに自分に批判的な人の書き込みができないようにしていることについて、アメリカの連邦地方裁判所は「異なる考え方の人を排除する差別で、憲法違反だ」という判断を示し、ブロック機能を解除するよう命じました。 トランプ大統領は、みずからのツイッターに批判的な書き込みをした人に対して、ブロック機能を使ってツイッターへのアクセスができないよ...
»続きを読む
カテゴリー:

米国:スパイ疑惑調査本格化 トランプ氏、司法幹部と会談 - 05月22日(火)19:23 

 2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑を調べるため連邦捜査局(FBI)がトランプ陣営幹部に「スパイ」を接触させていたと報じられた問題で、司法省は21日、FBIの捜査に不適切な点がなかったか調べる調査を拡大して実施するよう監察官に指示した。サンダース大統領報道官が明らかにした。
カテゴリー:

トランプ氏「大統領選でFBIが陣営にスパイ送り込んだ」 - 05月22日(火)10:27 

アメリカのトランプ大統領は、おととしの大統領選挙でFBI=連邦捜査局がみずからの陣営にスパイを送り込んだ可能性があるとして、司法省に調査を要請し、調査が行われることになりました。トランプ大統領としてはロシア疑惑をめぐる捜査が政治的に偏向していると主張する狙いがあると見られ、捜査当局との攻防が続きそうです。
カテゴリー:

BTC続落、7000ドル目指す、米司法省の価格操作に関する捜査開始を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】 - 05月25日(金)06:16 

*06:16JST BTC続落、7000ドル目指す、米司法省の価格操作に関する捜査開始を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

批判ブロックに違憲判決=米大統領ツイッターは「公的な場」 - 05月24日(木)14:54 

 【ワシントン時事】米各メディアによると、ニューヨークの連邦地裁は23日、トランプ大統領がツイッターで自身に批判的な利用者をブロック(閲覧拒否)することは憲法違反に当たるとする判決を下した。大統領や他の政府高官のツイッターアカウントを「公的な討論の場」と見なし、ブロックは憲法で保障された言論の自由を侵害すると認定した。 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によれば、提訴したのはツイッターでトランプ氏にブロックされた大学教授やコメディー作家ら。原告に加わったコロンビア大の研究所は、判決を受け「新しいコミュニケーションの場における政府の検閲に、言論の自由の核心を適用した」と歓迎する声明を出した。 ただ、判決はトランプ氏にブロックの解除を命じてはいないという。ロイター通信によると、訴訟で政府側を代表した司法省は「判決には同意できず、次のステップを検討している」として、上訴の構えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

トランプ氏との夕食券波紋 建設銀、3倍の値段で勧誘 - 05月23日(水)06:04 

 中国2位の国有銀行、中国建設銀行が、トランプ米大統領との夕食会に15万ドル(約1660万円)で参加できるとして、富裕層の顧客向けに参加チケットの勧誘を行っていたことが分かった。再選を目指すトランプ陣営は米司法省に留意するよう申し立てを行った。
カテゴリー:

「魔女狩り」開始から1年、米大統領選トランプ陣営とロシアとの関係調査の現状 - 05月22日(火)16:00 

2018年5月17日、米大統領選のトランプ陣営と選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。1年がたった今でもミュラーの存在を意識し、”魔女狩り”と揶揄するトランプ。果たしてミュラー特別捜査官は、大統領を起訴することができるのか?2018年5月17日、2016年の米大統領選におけるトランプ陣営と、選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。捜査当局はこれまで、22組の個人と組織に対する8つの訴訟を起こしている。トランプ陣営の協力者であるリック・ゲイツ、陣営の外交政策顧問を務めたジョージ・パパドプロス、元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンらは皆、同捜査絡みの裁判で有罪を認めている。トランプの選挙対策本部長だったポール・マナフォートは、さまざまな金融犯罪により起訴されたが、無罪を主張している。しかし自身の選挙キャンペーンに犯罪の臭いが漂っているにもかかわらず、ドナルド・トランプは依然として米国大統領の職に留まっている。しかもミュラーが特別捜査官に就任して1年を迎えた日の朝、トランプはツイッターで”祝意”を表明した。 Congratulations America, we are now into the second year of th...more
カテゴリー:

トランプ氏、大統領選でのFBI潜入疑惑巡り調査要請 - 05月21日(月)10:11 

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、司法省に対し、2016年大統領選で自身の陣営がオバマ前政権下の同省あるいは連邦捜査局(FBI)によって監視されていたかどうかを調査するよう求めるツイートを投稿した。 大統領は「FBI/司法省がトランプ陣営に潜入あるいは監視していたかどうか、またオバマ政権内の人々がそのような要請を行ったかどうかについて、司法省の調査をここに求める。
カテゴリー:

もっと見る

「司法省」の画像

もっと見る

「司法省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる