「収益力」とは?

関連ニュース

ITサービス業の課題は収益力向上と働き方改革―カギを握る「PSA」とは何か? | IT Leaders - 08月17日(金)10:30 

「仕事はたくさんあるのに人材が足りない」。国内でも引く手あまたの活況に見えるITサービス(情報サービス)業界だが、一皮めくると異なる姿が見えてくる。利益水準が低く、IT人材の処遇や教育投資はもちろん、R&DやM&A投資を十分に行えないという実態だ。一般企業の情報システム子会社となると状況はいっそう厳しいはずで、切れ間なく仕事が入ってくる今のうちに抜本的な手を打つ必要がある。そのカギとなるアプローチの1つが「PSA」である。
カテゴリー:

17年度平均:銀行員給与609万円、2年連続前年割れ - 08月14日(火)15:58 

東京商工リサーチ集計 低金利の長期化が銀行の収益力弱める  大手銀行と地方銀行(未上場を含む)の2017年度の年間平均給与が前年度比0.96%減の609万円と、2年連続で前年を下回ったことが14日、分かった。東京商工リサーチが集計した。低金利の長期化が銀行の収益力を弱め、従業員の給与にも影響を与えて
カテゴリー:

【企業】東芝 営業益9割減、次の稼ぎ頭の育成が焦点に - 08月09日(木)16:47  bizplus

東芝 営業益9割減、次の稼ぎ頭の育成焦点  東芝の4~6月期の最終利益が1兆円超となったのは、半導体子会社だった東芝メモリの売却益ですべての説明がつく。  実際、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比94・5%減の7億円どまりで、従来、営業利益の9割を稼いだ半導体メモリーに代わる“稼ぎ頭”の不在が改めて浮き彫りになった。  11月に公表する中期経営計画で、新たな成長事業をどう打ち出せるかが、最大の焦点となる。  4~6月期の主要5事業の部門別の営業損益をみると、エネルギーとシステムが赤字、半導...
»続きを読む
カテゴリー:

宇宙やヘルスケア「先陣切らないと」 政投銀の渡辺社長 - 08月08日(水)11:42 

 政府系金融の日本政策投資銀行社長に6月末に就いた渡辺一(はじめ)氏が朝日新聞のインタビューに応じた。株式会社化から10年を迎え、「投資のウェートを高くして、収益力を上げていく」と述べ、株式上場も視野…
カテゴリー:

韓国 けさのニュース(8月2日) - 08月02日(木)10:14 

◇サムスン電子の営業利益率 アップル抜き世界首位   韓国・サムスン電子が半導体事業の好調を追い風に、収益力を示す営業利益率で初めて米アップルを上回ったことが分かった。サムスン電子は4~6月期、売上高に営業利益が占める割合(営業利益率)が25.4%だった。23.7%のアップルより1.7ポイント高い。アップルは米経済誌フォーブスの2016年6月の集計で、製造業では世界トップの営業利益率を記録している。この時、サムスン電子は10ポイント以上の差をつけられていたが、18年1~3月期には0.2ポイント差まで追い
カテゴリー:

テスラ社のイーロン・マスクに7兆円もの資金を提供する組織の名 - 08月15日(水)04:30 

先日、イーロン・マスクが投稿した「テスラ株を非上場にする」というツイートを受け、同社の株価が高騰したことが大きく報じられました。彼はなぜ一度上場した株を非上場に戻す決断を下したのでしょうか。世界的エンジニアの中島聡さんは自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、イーロン・マスクが社員向けに書いたメールなどを引きながらその意図を解説。そして今回の一連の動きに対して「前例のない巨額な非上場化であり、いかにもイーロン・マスクらしい」との見解を示しています。 株式公開する理由、非公開に戻す理由 先週の火曜日、テスラのCEOであるイーロン・マスクが以下のようなツイートを投稿し、市場に大きな動揺を与えました。 Am considering taking Tesla private at $420. Funding secured. — Elon Musk (@elonmusk) 2018年8月7日 NASDAQに上場しているテスラ株(ツイートの前までは1株$342)を、一株$420で引き取って非上場にする、という提案です。 株価はこれを受けて高騰し、一時は$387.46を付けましたが、これによりショートセラー(日本語に訳せば「空売り筋」)の含み損が一気に$1.3billionにまで膨らんだそうです。 ショートセラーとは、ターゲットにする会社の株が高値の時に空売りし(株を...more
カテゴリー:

第一生命:豪生保買収へ 526億円、収益力強化 - 08月09日(木)17:29 

 第一生命ホールディングス(HD)は9日、オーストラリアの保険大手サンコープグループの生命保険事業を買収すると発表した。買収額は約526億円。成長が見込める海外事業を拡大し、収益力を強化する。
カテゴリー:

東芝、純利益は大幅改善--収益力強化目指す「東芝Nextプラン」今秋発表へ - 08月08日(水)19:32 

東芝は、2019年3月期第1四半期(2018年4~6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比7.3%減の8427億円、営業利益は94.5%減の7億円、継続事業税引前利益は前年同期の7億円の赤字から284億円の黒字に転換。当期純利益は前年同期の503億円から大幅に改善し、1兆0167億円となった。
カテゴリー:

日本にも飛び火か。「米中貿易戦争」で突きつけられる無茶な要求 - 08月07日(火)05:00 

もはや「報復関税の応酬」の様相を呈している米中貿易戦争。その好ましからざる影響は、当事国のみならず世界に飛び火しつつあります。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、米中それぞれの思惑や日本が直面する内外圧、さらに中東やロシアの動き等を詳細に分析し、今後の行方を予測しています。 米中貿易戦争の行方 米中貿易戦争や日銀金融政策の微調整など、世界や日本の行方に暗雲が立ち込めてきた。それを検討しよう。 7月の日銀金融政策決定会合 日銀金融政策決定会合では、日本の長期金融緩和を維持するために、銀行の収益力を上げる必要から、国債の金利、言い換えると長期金利を現在0.1%程度であるが、それを0.2%に引き上げるために国債買い入れを緩和する。国債の流動性が低下して、市場が立たないことになり、新規国債の売却に支障をきたし始めていた。この緩和であるが、これは利上げである。このコラムでは銀行の倒産で金融恐慌を避けるために利上げが必要と提案したが、それを実行したようだ。 もう1つが、日経225のETF買いを1割にして、TOPIXのETF買いを9割にして、買入金額も柔軟化するという。当面の高い株価水準での買入額を減少させると見える。日経平均株価での寄与度が高い企業株の占有率が上がるなど株価の歪が大きくなり、もし、日銀買入がないと仮定した場合の現時点の日経平均株価は、2万円弱から1万8,0...more
カテゴリー:

【トップインタビュー】ユニチカ 注連浩行代表取締役社長執行役員 - 08月02日(木)06:00 

 来年で創立130周年を迎えるユニチカ――時代の変化に対応しながら技術を転換し、新しい領域へ広げてきた。この間、取り組んできた改革では収益力を高め、17年度(18年3月期)には営業利益9.1%を確保するまでに体質が...
カテゴリー:

もっと見る

「収益力」の画像

もっと見る

「収益力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる