「収益力」とは?

関連ニュース

【金融】郵政民営化委員会、ゆうちょ銀行預入限度額2600万円に倍増で決着・・・株式早期売却などの条件付き - 12月15日(土)10:21  newsplus

時事通信 12/15(土) 7:04配信 現行1300万円のゆうちょ銀行の預入限度額が2600万円に倍増されることが14日、固まった。 「通常貯金」と「定期・定額貯金」を分離し、それぞれに1300万円ずつ預けられるようになる。 政府の郵政民営化委員会(岩田一政委員長)は年内に開く委員会で、こうした提言を盛り込んだ意見書を決定する。 限度額の引き上げをめぐっては、日本郵政・総務省と、銀行業界・金融庁が鋭く対立。 銀行側はゆうちょ銀の肥大化懸念から強く反対してきたが、この日までの協議で、ゆうちょ銀株式の早期売却といった付...
»続きを読む
カテゴリー:

米中ヒートアップと世界経済ペースダウン、懸念は越年【投資情報マンスリー12月】 - 12月13日(木)11:41 

ファーウェイ事件で市場は不安定な動き 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11月下旬の講演で、利上げの早期打ち止めの可能性を示唆した。また、米中両国は12月1日の首脳会談で、米国の中国に対する追加関税を90日間猶予することで合意。米国は追加関税を課さないための条件として、中国の構造改革の実施で合意することを求めた。「不均衡の是正」が進むかと期待されたものの、中国の通信機器最大手華為技術(ファーウェイ)の副会長兼CFOが、米国当局の要請により、カナダで拘束される事件が勃発。米中対立の深刻化、世界経済の減速などへの懸念から、金融資本市場では不安定な動きが継続しよう。 米中関係、FRBの利上げペース、主要国政府の政策努力に注目 企業価値研究所が18年11月末時点で集計した国内主要企業の18年度の連結企業業績予想は(金融を除く全産業248社ベース)、営業利益で前年度比8%増。続く19年度予想は同6%の営業増益となった。増益予想は維持されたが、前回(8月末時点)との比較では、減額修正。世界経済が減速傾向にあるなか、各種の経営コストの上昇が利益面に影響を及ぼしている。 今後の注目ポイントは引き続き、(1)米中関係、(2)FRBの利上げペース、(3)主要国政府の政策努力の効果、と考える。これらの動向を見据えつつ、国内株式相場は当面、上値の重い展開が見込まれる。ただ、国内主要企業は収益力、財...more
カテゴリー:

【日銀】高齢化で中立金利が低下、金融緩和効果の発揮が難しく=黒田総裁 - 12月07日(金)06:15  newsplus

https://jp.reuters.com/article/boj-kuroda-rate-idJPKBN1O50V7 ビジネス 2018年12月6日 / 10:29 / 11時間前更新 高齢化で中立金利が低下、金融緩和効果の発揮が難しく=日銀総裁 [東京 6日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は6日の参議院財政金融委員会で、高齢化の進展が潜在成長率低下とともに中立金利低下を招くとし、中立金利低下により、金融緩和効果を発揮することが難しくなると述べた。中山恭子委員(希党)の質問に答えた。 黒田総裁は「高齢化の進展が潜在成長率とともに、景気や物価に対して中立的な金利水準...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】きゃりーぱみゅぱみゅ『文化会館・市民会館』ライブが精一杯の悲惨な現状とは ★2 - 12月06日(木)14:47  mnewsplus

派手なファッションや独特の楽曲で、2012年から注目されだしたきゃりーぱみゅぱみゅ。 しかし、話題を集めたのも今や昔という感じで、現在の芸能活動はかなり悲惨なものとなっているようだ。 近年のきゃりーは音楽活動が低調気味で、シングルはオリコンランキングトップ10から漏れ続けている状態。 今年9月、4年ぶりにリリースした4枚目のアルバム『じゃぱみゅ』も、最高12位と物足りない結果に終わっている。 「きゃりーは過去3枚のアルバムで1位か2位しか取ったことがなく、シングルよりもアルバムに強かった歌手。 ましてや今...
»続きを読む
カテゴリー:

ファーストリテイリング(9983) 国内ユニクロの安定成長に加え、海外ユニクロの高成長が続くと見込む - 12月04日(火)09:05 

QUICK企業価値研究所アナリスト 原田大輔(2018/12/03) ・18/8期の営業利益は過去最高  18/8期通期の連結営業利益は前期比34%増の2362億円。国内外ユニクロ事業が好調で過去最高を更新した。事業別では、海外ユニクロ事業の営業利益が同63%増の1189億円。アジア圏を中心とする店舗網の拡大や、経費コントロールなどにより大幅増益だった。国内ユニクロ事業の営業利益も同24%増の1190億円。既存店売上高の伸長に加え、サプライチェーン・マネジメント(SCM)改革の効果も顕在化しはじめ、3期ぶりの増益だった。 ・19/8期以降も2桁営業増益を予想  企業価値研究所では、19/8期通期の連結営業利益を前期比14%増の2700億円、続く20/8期通期の連結営業利益を同11%増の3000億円と予想。国内ユニクロ事業の安定成長に加え、海外ユニクロ事業の高成長で2桁営業増益を見込む。海外ユニクロ事業では、アジア圏を中心とする積極出店で収益成長が続くと予想。ローカル化により確立した「ユニクロ」ブランドなどを背景に、今後も出店は順調に進むとみている。また、国内ユニクロ事業では、SCM改革による収益力の改善がポイントになろう。 ・リスクファクター ~季節商品の最盛期における天候 ・アナリストの投資判断 ~海外ユニクロ事業を中心とする業績拡大で株価も上昇へ  直近1年の株価推移をみると、...more
カテゴリー:

三井住友フィナンシャルグループ社長に太田純氏 - 12月14日(金)17:44 

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は14日、平成31年4月1日付で太田純副社長(60)を社長に昇格させ、国部毅社長(64)が会長に就く人事を正式発表した。トップの若返りを図り、経営効率化やコスト削減など業務改革を進めて収益力を高める。
カテゴリー:

黒田総裁「人口減少、高齢化がヤバイ」 人口減少高齢化で日本が黄金期を迎えるという三橋貴明やネトウヨを裏切ってしまう - 12月07日(金)13:29  poverty

人口減・高齢化は当面、投資を減らす影響が大きい-日銀の黒田総裁 金融面から実体経済に及ぼす影響も含め、注意していく必要 信用コストが急激に上昇し、金融システムが不安定化する可能性も 日本銀行の黒田東彦総裁は19日、都内で講演し、人口減少と高齢化は少なくとも当面、投資を減らす影響が大きいとの見方を示した。   黒田総裁は「人口減少・高齢化は、少なくとも当面は、貯蓄を増やす影響か、投資を減らす影響、あるいはその両方の影響が大きいと言えそうだ」と述べた。 日銀の黒田東彦総裁(10月31日)   その...
»続きを読む
カテゴリー:

不動産投資ローンで契約後に後悔しないための7つのポイント - 12月06日(木)19:48 

不動産投資では自己資金で足りない分は不動産投資ローンで補うのが一般的です。しかし自己の返済能力や収支計画を見誤れば赤字が積み重なり、不本意な形で物件を手放すことにもなりかねません。 今回は不動産投資ローンの内容と、契約後に後悔しないための注意点を紹介します。不動産投資の成功に大きく影響する不動産投資ローンを上手に活用するポイントをぜひ知りましょう。 目次 不動産投資ローンとは 1-1.不動産投資ローンと住宅ローンの違い 1-2.金利・借入条件の違い 不動産投資ローンで後悔しないための7つのポイント 2-1.好条件で借り入れる 2-2.返済能力を客観的に分析する 2-3.借入金利を慎重に検討する 2-4.ベストな金融機関を選ぶ 2-5.ベストな不動産会社を選ぶ 2-6.物件の収益性を評価する 2-7.柔軟に借り換えする 1 不動産投資ローンとは 不動産投資ローンとは、特定の目的(賃貸や売却等で利益を得るなど)でマンションやアパートなどを購入するために金融機関から借り入れるローン商品です。例えば年間の家賃収益が500万円得られる1棟アパートを6,000万円で購入する場合、自己資金で1,000万円用意し、残りの5,000万円を銀行から借りる場合などです。 1-1 不動産投資ローンと住宅ローンとの違い 住宅ローン(自宅を購入する際に個人が銀行などで借りるローン)と不動産投資ローンは混同...more
カテゴリー:

北米市場の評価 韓国車:最高品質、ドイツ車:高性能、レクサスLS:割安だけどダサい…。トヨタやばくね? - 12月04日(火)10:04  news

新型レクサスLS カー・オブ・ザ・イヤー“予選落ち”の衝撃 迷走するトヨタの高級ブランド戦略 2018.12.4 (中略) アメリカでは2018年1月に発売されたが、本格的に納車が始まったと考えられる 3月~10月で月平均855台の販売に留まっている。 先代LSは発売当初月平均3000台弱(2007年)を販売しており、 今のペースでは先代の3分の1以下の水準である。 それ以前の世代のLSもすべて初年度は年間2万~4万台を売り上げており、 新型LSの販売不振が際立つ。最大のライバルであるメルセデスベンツSクラスに 大きく水を開けられ、...
»続きを読む
カテゴリー:

きゃりーぱみゅぱみゅ、『文化会館・市民会館』ライブが精一杯の悲惨な現状 - 12月03日(月)10:37  news

派手なファッションや独特の楽曲で、2012年から注目されだしたきゃりーぱみゅぱみゅ。 しかし、話題を集めたのも今や昔という感じで、現在の芸能活動はかなり悲惨なものとなっているようだ。 近年のきゃりーは音楽活動が低調気味で、シングルはオリコンランキングトップ10から漏れ続けている状態。 今年9月、4年ぶりにリリースした4枚目のアルバム『じゃぱみゅ』も、最高12位と物足りない結果に終わっている。 「きゃりーは過去3枚のアルバムで1位か2位しか取ったことがなく、シングルよりもアルバムに強かった歌手。 ましてや...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「収益力」の画像

もっと見る

「収益力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる