「反省点」とは?

関連ニュース

【サッカー】乾に本田が「チームに迷惑をかけた」「満足いくプレーを一つも見せていないと思う」 - 06月20日(水)03:26  mnewsplus

6/20(水) 2:14配信 「チームに迷惑をかけた」乾に本田が“愛のムチ” [6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]  切り込み隊長としての役割を担った。左サイドハーフの位置で先発出場を果たした日本代表MF乾貴士は90分間ピッチに立ち続け、持ち味のドリブル突破も見せた。しかし、本人は自身のパフォーマンスに納得いかなかった。  自身にとって初めての大舞台となったが、「緊張はなかった」と試合開始から積極的なプレーを披露。しかし、前半15分にはMF香川真司のスルーパスからフリーでPA内に侵入し...
»続きを読む
カテゴリー:

「テレビ番組ってそんなに早く決まるの!?」ベッキーも驚いたワケとは? - 06月15日(金)05:00 

2018年8月12日(日)夜1:00よりカンテレにて、「全人類がリサーチャー! 特定せよ!」第2弾の放送が決定。 同番組は、今年3月25日の深夜に関西ローカルで放送。スマホや携帯、パソコンがあれば誰でもリアルタイムで参加できる視聴者参加型の生放送番組。 写真に写ったわずかな情報を元に、視聴者がインターネットを駆使し、“この人物は誰?”“この写真に写っているのはどこ?”“これはいつ撮られた写真?”などといった情報を特定し、特定作業の能力=特定力を生放送で競い合う。 そして、第1弾に引き続き、第2弾でも一番早く正解にたどり着いた視聴者には賞金3万円をプレゼント。 今回の第2弾でもベッキーがMCを務める。第2弾決定の報告を受けて「『第1弾の生放送、楽しかったなぁ。ご好評いただけてうれしいなぁ』…とまだ余韻に浸ってるうちに第2弾のお話がきたので、びっくりしました! テレビ番組ってそんなに早く決まるの!?と(笑)。本当にありがたいです。前回、自分なりの反省点がたくさんあったので、第2弾ではそこが生かせればなぁと思っています」と喜ぶ。 一方で、「ただ番組を見るというだけでなく、視聴者の皆さんが、ご自身の携帯やパソコンを駆使して、一緒に何かを“特定していく”というというドキドキ感がたまらないと思います。よく“視聴者参加型”なんて言葉を耳にしますが、それよりももっと深い楽しみがありますよね」と同番...more
カテゴリー:

【芸能】<ジャニーズ事務所>NEWS復帰の “腹づもり”「山口とは違う」はアリなのか? - 06月14日(木)00:10  mnewsplus

上半期に立て続け、です。 飲酒にまつわる騒動で、人気グループ2組から3人も処分を下されるという異常事態が起きているジャニーズ事務所。 山口のときとはケースが違う NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、未成年者に飲酒を勧めたとして処分されましたが、 「関係者は、TOKIOの山口達也の強制わいせつ事件の直後なのに、事態を軽く見ているきらいがある」と情報番組ディレクターが伝えてきます。 ジャニーズ事務所幹部の声は、こうです。 「山口達也のときとは、ケースが違う。今回は、騒動を起こした2人から、直接、事務所に...
»続きを読む
カテゴリー:

GENERATIONS片寄涼太が23年の人生で味わった最高の瞬間 - 06月13日(水)16:30 

5月から初のドームツアーがスタートし、ノリに乗っているGENERATIONS from EXILE TRIBE。6月13日にはニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。デビュー6年目のいま改めて7人のことを知りたいと、片寄涼太&佐野玲於にGENERATIONSメンバーのことを語ってもらった!【前編】   ──ついに初の単独ドームツアーが開催。ステージに立った感想は?   片寄「圧倒されました。出ていった瞬間、“やっぱ、すっげえなドーム”って。でもお客さんがあたたかく迎えてくれたから、ほんとにうれしくて、楽しくて。まだまだ反省点もたくさんあるんですが、僕の人生のなかでも最高の瞬間でした」   佐野「僕も、ほんとにうれしかったです! デビューしたときから単独でドームに立つことがひとつの目標だったので。ただ、無我夢中で駆け抜けてきたから、実際に幕が開くまで実感がわかなかったんですけど(笑)」   ──今日は、2人から見たメンバーの魅力や人柄を伺いたいです。まずは小森隼さんについて。   佐野「隼と初めて会ったのは、EXILEさんのバックダンサーをやったとき。トイレで並んで立ちションしてたら“君、かわいいね”って声かけてきて(笑)。まあ、僕のほうが背がちっちゃかったし、隼は大人っぽかっ...more
カテゴリー:

【サッカー】<釜本邦茂>あの程度の運動量やビジョンしかないのなら本田のトップ下はないよ - 06月09日(土)20:56  mnewsplus

ロシア・ワールドカップもいよいよ開幕まで、あと5日となった。自国が出場する各国のファンも、いよいよ本番に向けて盛り上がっている時なんじゃないかなあ。 直前のテストマッチの出来に、ああだこうだと議論してみたりね。 スイス戦は、小さなスタジアムに超満員の観客が詰めかけていたけど、多くのスイス・ファンは自国のパフォーマンスに 「よし、これなら行ける」と自信を持ったんじゃないかな。その一方で、日本は……。 全員が守備をしっかりやろうというコンセプトの下で、日本の選手たちもきっちりと相手を追い回していた...
»続きを読む
カテゴリー:

日本男子チームは優勝絡めず4位…中島啓太「攻めるゴルフが足りなかった」【トヨタジュニアW杯最終日】 - 06月15日(金)19:50 

<トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 最終日◇15日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(男子6,843ヤード・パー71 女子6,130ヤード・パー72)> 「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」男子最終日。スペインチームとのマッチレースを制したデンマークチームがトータル23アンダーで優勝。日本チームは優勝争いに絡むことができず、トータル11アンダー・4位で大会を終えた。 【写真】個人優勝を果たして誇らしげな安田祐香 双子の兄弟、ラスムス・ホイキアンド、ニコライ・ホイキアンドの活躍で逆転勝利となったデンマーク。ラスムスが最終日「64」でトータル16アンダー、ニコライが「67」でトータル12アンダーとし、個人の部でもワンツーフィニッシュ。デンマーク男子チーム監督のエスベンソン・インステンド氏は「この大会へ向けて、計画を立ててきた。そのミッションどおりにプレーしようと声をかけました。緊張するなかでも、選手たちには”勝ちたいんだろ!”とメンタル面でのアドバイスをしました」と、気持ちの強さとチーム力を勝因に挙げた。 一方の日本男子チームは、エースの中島啓太(代々木高校3年)が「チーム戦だけに、”打っちゃいけない”という意識が強すぎて、”伸ばす”という考えにならなかったのが反省点。最終日の攻めるゴルフが必要だったのですが、足りなかった。チームワークは良かった...more
カテゴリー:

ベッキー、生放送MC続投に驚き「そんなに早く決まるの!?」 - 06月15日(金)05:00 

 タレントのベッキーが、8月12日に生放送されるカンテレ単発番組『全人類がリサーチャー! 特定せよ!』(深1:00※関西ローカル)のMCを務めることが、わかった。今年3月の第1弾から続投となったベッキーは「『第1弾の生放送、楽しかったなぁ。ご好評いただけてうれしいなぁ』…とまだ余韻に浸ってるうちに第2弾のお話がきたので、びっくりしました! テレビ番組ってそんなに早く決まるの!?と(笑)。本当にありがたいです」と驚きつつも喜びを語った。 【画像】ベッキーが魂を込めた…くノ一・お螢  同番組はスマホやケータイ、パソコンがあれば誰でもリアルタイムで参加が可能。写真に写ったわずかな情報をもとに、視聴者がインターネットを駆使し、“この人物は誰?” “この写真に写っているのはどこ?” “これはいつ撮られた写真?”などを特定。特定作業の能力=特定力を、“生放送”で競い合い最も早く正解にたどりついた人には、賞金3万円をプレゼントするという視聴者参加型の内容となっている。  第1弾では日曜の深夜の生放送にも関わらず、視聴率が4.0%(ビデオリサーチ調べ)と高視聴率を記録。ツイッターのHOTワードランキングでも関西ローカルの番組ながら全国1位になるなど話題を呼んだ。ベッキーも放送直後には「おもしろかった! またやりたい!!」とすっかり楽しんでいたが「前回、自分なりの反省点がたくさんあったので、第...more
カテゴリー:

【新幹線殺傷】 車内の様子、JR東海が説明 - 06月13日(水)23:57  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20180614/k00/00m/040/106000c 新幹線殺傷 車内の様子、JR東海が説明 毎日新聞 2018年6月13日 20時52分(最終更新 6月13日 22時36分)  東海道新幹線車内で9日夜に起きた3人死傷事件について、JR東海が13日、詳細を明らかにした。  事件が起きた東京発新大阪行き「のぞみ265号」には運転士1人と車掌2人、車内巡回などを行うパーサー2人の乗務員5人(うち女性1人)がいた。  新横浜駅を発車直後、乗客が押した非常ブザーで覚知。車掌長(30代男性)は10号車から12号車に駆...
»続きを読む
カテゴリー:

有村智恵が惜敗の中で見つけた、6年ぶりVへの手応えと課題 - 06月10日(日)18:32 

<宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,525ヤード・パー72)> 2012年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来となる6年ぶりの優勝にはあと一歩届かなかった。「宮里藍 サントリーレディス」最終日、有村智恵はトータル16アンダーまで伸ばし、成田美寿々とのプレーオフに挑んだが、4ホール目で破れた。 【写真】バーディパットを外し驚きの表情を見せる有村 3日目を終えて首位とは3打差の5位タイ。目標のスコアは設定せず、「やることをやるしかない」と目の前の一打に集中し続けた。前半9ホールを終えて「いい位置にいるなと。攻めて行こう」とギアチェンジ。4ホールで2つ伸ばすと、15番ではピン左3mを入れてバーディ。さらに17番パー5では3打目を1mにつけて、首位を走る成田に追いつく。だが、18番で決めれば単独首位という5mのパットを外し、勝負はプレーオフへ。 ともに1ホール目をパーとした2ホール目に、大チャンスがやってくる。2打目を1.5mにつけると、成田は7mのバーディパットを決められず。決めれば優勝。お膳立ては整ったが、最後に左へ切れるはずのボールは右に行ってしまう。「自分では思ったところに打てたのですが…微妙なところに切ってあるのは分かっていました。フックだと思ったらスライスしました」。決着が持ち越された4ホール...more
カテゴリー:

高校野球連載 第9回/オリックス・バファローズ澤田圭佑投手が振り返る春夏連覇の舞台裏! - 06月08日(金)21:27 

“高校野球大好き”な著名人が甲子園の魅力を語るスペシャル連載「”ワタシ”が語る甲子園~100年の熱狂ストーリー~」。情報誌「関西ウォーカー」と連動してスタートしたWEB版連載では、誌面に掲載しきれなかった未公開トークを含むスペシャル版を前後編で掲載。 【写真を見る】「藤浪とは文句を言いながら、よく一緒に走っていましたね(笑)」と、当時の様子を語ってくれた 連載第9回目は、かつて大阪桐蔭で甲子園春夏連覇を成しとげた、オリックス・バファローズの澤田圭佑投手のインタビュー(前編)をお届け! ■ 愛媛からはるばる高校野球の激戦地・大阪へ。あえて勝負に行った理由とは? ―澤田投手は愛媛県出身ですが、大阪桐蔭に進んだのはなぜですか? 澤田「もっとレベルの高いところで野球をやりたいというのが一番の理由です。最初は大阪桐蔭のことは全く知りませんでしたが、大阪の高校を調べていて、見たことのある選手が多いなと思ったのが大阪桐蔭でした。それから父と練習を見に行ったのですが、ノックを見ていると守備の上手い人ばかり。バッティング練習でも、どんどんホームランを打っていて…、見ているだけで圧倒されました。自分は中学までチームで何をしても1番で、自分よりすごいと思える選手を目の前で見たことがなくて。周りの人がうまいと、わくわくするじゃないですか。そういう雰囲気の中で野球をやってみたいなと思いました」 ―入学当...more
カテゴリー:

もっと見る

「反省点」の画像

もっと見る

「反省点」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる