「参拝者」とは?

関連ニュース

【西日本豪雨】「こんな被害は初めて」 天岩戸神社の参道で崩落 京都・福知山、元伊勢三社の一つ - 07月12日(木)18:23  newsplus

大雨の影響で崩落した参道の一部(福知山市大江町佛性寺・天岩戸神社)  大雨の影響で、天岩戸神社(京都府福知山市大江町佛性寺)の参道の一部が崩落した。本殿は無事だったが、全国から参拝者が訪れる神社だけに、氏子の地元住民たちは頭を抱えている。  同神社は内宮、外宮とともに元伊勢三社の一つとして知られ、一帯は府歴史的自然環境保全地域に指定されている。険しい岩壁に立つ本殿は市のPRポスターにも採用され、名所となっている。  8日朝、本殿に通じる川沿いの参道で、ベンチや案内看板を設置していた一角が崩...
»続きを読む
カテゴリー:

麻原彰晃(大川隆法)「空中浮遊がインチキ? 君らだってこうして霊言やって、(信者に)信じさせているじゃないか」 - 07月09日(月)23:56  poverty

幸福の科学「大川隆法」総裁 死刑執行後に「麻原彰晃」の霊を呼び出す オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑が執行されたのは、7月6日の朝。その日の午後、麻原の姿は、 東京・品川区の「幸福の科学」総合本部にあった――大川隆法総裁の身体を借りて。同教団の“お家芸”で蘇った麻原は、 何を語ったか。 (略) 「ウソか誠か、獄中の麻原は“精神錯乱”状態にあったといわれていますが、映像冒頭で『狂人を装っていた』と 断言されていたことに驚きました。『霊となった今は、しっかりと話せる』そう。今回の霊言の...
»続きを読む
カテゴリー:

幸福の科学、呼び出した麻原彰晃の霊に痛烈批判される - 07月09日(月)17:42  poverty

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00545056-shincho-soci&p=3 幸福の科学「大川隆法」総裁 死刑執行後に「麻原彰晃」の霊を呼び出す 7/9(月) 6:01配信  以下は、大川総裁(麻原)と、それに質問をぶつける3人の幹部との問答の様子を、参拝者の証言を元に再現したものである。 幸福幹部:いまの心境は?  麻原の霊言:逮捕から23年経ったし、死刑判決が出てから12年か。毎日「いつ来るか」と思っておった。 たくさんの人をポアしてきたから、ワシがポアされても当然。死んだという自覚はある。 死刑囚...
»続きを読む
カテゴリー:

麻原彰晃(大川隆法)「空中浮遊がインチキ?君らだってこうして霊言やってるじゃないか」 - 07月10日(火)00:05  news

幸福の科学「大川隆法」総裁 死刑執行後に「麻原彰晃」の霊を呼び出す オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑が執行されたのは、7月6日の朝。その日の午後、麻原の姿は、 東京・品川区の「幸福の科学」総合本部にあった――大川隆法総裁の身体を借りて。同教団の“お家芸”で蘇った麻原は、 何を語ったか。 (略) 「ウソか誠か、獄中の麻原は“精神錯乱”状態にあったといわれていますが、映像冒頭で『狂人を装っていた』と 断言されていたことに驚きました。『霊となった今は、しっかりと話せる』そう。今回の霊言の...
»続きを読む
カテゴリー:

大川隆法に降霊した麻原彰晃、「イタコ芸なんてインチキだ!」「ポアするぞ!」など幸福の科学を批判 - 07月09日(月)23:25  news

幸福の科学「大川隆法」総裁 死刑執行後に「麻原彰晃」の霊を呼び出す オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑が執行されたのは、7月6日の朝。その日の午後、麻原の姿は、 東京・品川区の「幸福の科学」総合本部にあった――大川隆法総裁の身体を借りて。同教団の“お家芸”で蘇った麻原は、 何を語ったか。 (略) 「ウソか誠か、獄中の麻原は“精神錯乱”状態にあったといわれていますが、映像冒頭で『狂人を装っていた』と 断言されていたことに驚きました。『霊となった今は、しっかりと話せる』そう。今回の霊言の...
»続きを読む
カテゴリー:

「ピース・ニッポン」中野裕之監督、名所の空白は「1時間に6秒ある」 - 07月07日(土)08:00 

 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」の試写会が7月6日、東京・ニッショーホールで行われ、メガホンをとった中野裕之監督が上映後のトークショーに出席した。  小泉今日子&東出昌大がナビゲーターが務めた本作は、数年間に1度しか出合えない風景をカメラに収め、神道と仏教が混交する精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成。企画の始まりは、2010年の「3Dブーム」。「当時は“日本を3Dで撮りたい”という思いだけで撮影を進めていました。そして翌年、東日本大震災でショックを受けたと同時に『自分には何ができるか』と考えました。そこで生きている限り、映像、写真、音声で日本を記録していこうと決意したんです」と明かしていた。  撮影の機会は、まさに“一期一会”だ。「桜の名所・弘前城公園にお団子屋さんがあるんです。最初の年は、1週間滞在しても良い桜が撮れなくて、お店の方に『あんた、もう10日間いなさい』と言われましたが、その頃はちょうどゴールデンウイーク。宿の予約もできずに諦めて帰りました。翌年に行ったら、僕にとっては満足な桜が咲いていたんです。でも、お店のおばちゃんは『今年はダメだね~』と(笑)。そん...more
カテゴリー:

「参拝者」の画像

もっと見る

「参拝者」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる