「原田知世」とは?

関連ニュース

鈴木亮平、『西郷どん』撮影で「奄美に心惹かれ、後ろ髪を引かれている」 - 05月21日(月)16:43 

俳優の鈴木亮平が21日に更新したアメブロで、現在主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第19話を振り返り、オフショットを公開した。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の激動の半生を描いた作品。第19回「愛加那」では、藩命により菊池源吾という名で奄美大島に流された西郷隆盛が島娘のとぅまと心を通わせ、祝言をあげるという内容だった。 鈴木は放送内容を振り返り、「ここから西郷どんの、人生で最も幸せであっただろう時期が始まります」とコメント。「そんな今回は、二人の結婚記念ということで、島での写真をたくさん紹介していきたいと思います」と、サトウキビをかじる自身の姿や、鹿児島県・沖永良部島で撮影した地元のエキストラの人々との写真、木場伝内役を演じる俳優・谷田歩との2ショットなどを公開した。 鈴木はクランクイン前に下見に訪れていたといい、「遊んでるわけじゃありません」と前置きしつつ、その時に撮影したダイビングや今年のロケで訪れた際に行ったホエールウォッチングの様子を紹介。「奄美大島は、本当に美しく、不思議な魅力がある島でした」「とてもミステリアスで心奪われます」と絶賛。「吉之助でなくても「もうこの島で生きる!」と思ってしまう魅力に溢れていました」と力説した。 ブログをつづっている今でも「奄美に心惹かれ、後ろ髪を引かれている」といい、「そのへんも、自...more
カテゴリー:

木村佳乃、女優の価値下げることなくバラエティで神回連発 失われない清廉性 - 05月17日(木)08:40 

 女優・木村佳乃がバラエティ番組出演で、相変わらずの“神回連発”で話題となっている。1年ぶり3回目の参戦となった6日放送の『世界の果てまでイッテQ!GWシャッフル3時間SP』(日本テレビ系)では、これまで以上に体を張った企画に挑戦。インターネット上ではそんな木村の勇姿に「芸人キラー」「レギュラーになってほしい」など称賛の声が相次いだ。同番組での木村の立ち居振る舞いは「バラエティにも出演する女優」という言葉では語れないほどの破壊力なのは周知の通り。だが、どんな無茶をしても、決して女優としての価値を下げないのが彼女の特異性なのだ。 【画像】年齢を重ねてなお輝きを増す木村佳乃 美しい背中を大胆披露 ■初登場は「神回」と絶賛! 3戦目では遂に“キラキラ加工”も解禁  「木村佳乃×バラエティ」の構図が話題になったきっかけは、2015年1月4日に放送された『世界の果てまでイッテQ!新春2時間スペシャル』。木村はそこで、本格的なバンジージャンプ、蛾の炒め物の試食、ほっかむり姿で熱湯風呂、ふんどし姿のガチ相撲にも挑戦し、たんぽぽ川村と一戦。木村は突如、女優モードにスイッチを入れ、出演ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)の悪女役さながら、「私、親方の座を狙ってんの!」「大丈夫よ、歯クソなんてみんな付いてるわ」など仰天発言を連発。だが勝負は、ふんどしを尻に食い込ませて敗北を喫し、SNS上で...more
カテゴリー:

【女優】ネットで「可愛い」 朝ドラ「半分、青い。」ヒロイン親友役で注目 奈緒(23)が「ブレーク必至」 - 05月06日(日)14:08  mnewsplus

朝ドラの脇役はブレーク女優の登竜門。 最近では13年の「あまちゃん」で、ヒロインが所属したアイドルグループ「GMT47」のリーダーを演じた松岡茉優(23)、15年「あさが来た」でヒロインの親友役だった吉岡里帆(25)らが出演をきっかけに活躍の場を広げた。 「半分、青い。」で注目されているのは、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の親友・菜生(なお)役の奈緒(23)。 視聴者がネット上で「可愛い」「どんな人?」と注目している書き込みが目立つ。 テレビ関係者は「愛らしいルックスと透明感、鍛え上げられた演技力...
»続きを読む
カテゴリー:

『半分、青い。』で好演、中村倫也「31歳で大ブレイク」の予感 - 05月19日(土)13:00 

 NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』が、ついに東京編に突入。永野芽郁(18)が演じるヒロインの楡野鈴愛が上京し、漫画家、秋風羽織(豊川悦司/56)のもとで働くこととなった。涙々で岐阜を後にした鈴愛が、今後、東京でどんな活躍をするのか楽しみでならない。今回は5月12日の放送回を振り返り、東京編の注目ポイントを一気見したい。  鈴愛に次いで、萩尾律(佐藤健/29)も上京することに。「大きくなったね、律」と、母親の和子(原田知世/50)は涙をこらえながら、律と別れる。そんな律のところに猫が転がり込んできた。それは律の隣の部屋に住む、朝井正人(中村倫也/31)の飼い猫だった。  一方、先に上京して秋風羽織のオフィス・ティンカーベルで働いていた鈴愛は、漫画制作に関わることなく、スタッフの食事を作る係として雑用を続けていた。ある日、五平餅を作るが、秋風はこれに満足せず鈴愛を叱り、漫画家のアシスタントにするつもりはないことを告げ、鈴愛は秋風らオフィス・ティンカーベルの面々に激高するのだった。  東京編は豊川悦司や井川遥(41)らキャラの濃いベテラン勢に加えて、志尊淳(23)、清野菜名(23)ら若手にも注目だ。彼らの演技は、世間をにぎわせること間違いなしだろう。しかし、この放送回で初登場となった中村倫也こそ、最注目俳優なのだ。「半分寝ているような顔して」と風吹ジュン(66)のナレー...more
カテゴリー:

永野芽郁×豊川悦司、ボーダーかぶりに照れ笑い【朝ドラの裏側をのぞきたい!(14)】 - 05月17日(木)08:20 

第7週を放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月17日(木)にオンエアされた第40回では、秋風(豊川悦司)の大切なネームが行方不明に。鈴愛(すずめ、永野芽郁)が掃除をした際に捨ててしまったのではないか、と疑われる展開が描かれた。 【写真を見る】鈴愛(永野芽郁)と秋風(豊川悦司)が、まさかの“ボーダーかぶり”で…/(C)NHK ■ 永野芽郁が無邪気に発見! 鈴愛が秋風に問い詰められるシーンは、撮影現場にも普段とは違った緊張感が漂う。モニターに映される鈴愛の“やってまった”な表情に、見守る側もなぜかしょげてしまう。親しい友人が先生のお説教を受けていると、こちらまで反省モードになってしまう…そんな感覚を思い出す。 だが、カットがかかると一転。和やかな雰囲気に戻る。中でも、永野と豊川が立ち位置を確認するため並んだ時、永野が「あっ…!」。 鈴愛と秋風の服装が、“ボーダー”柄でかぶっていることに気付いたらしい。「おそろいっ」とつぶやき、はにかんでいた。 ■ あと5m? このシーンでもう1つ印象的なのが、井川遥演じる菱本の長せりふ。「先生、お言葉ですが、可燃ごみは回収されると同時に“パッカー車”というゴミ圧縮車に投入され…」と、ゴミが処理される仕組みと、捨てられた物を追うのがどれだけ無謀かを、早口で一気に説明しきるのだ。 井川は休憩時間...more
カテゴリー:

「原田知世」の画像

もっと見る

「原田知世」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる