「原桂之介」とは?

関連ニュース

知英、観客よりも猫が大切!? 慌てて謝罪も場内爆笑 - 06月18日(月)21:15 

 知英の主演作「私の人生なのに」の完成披露上映会が6月18日、東京・新宿バルト9で行われ、知英と共演の稲葉友、メガホンをとった原桂之介監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  今作は、東きゆう(著)、清智英(原案)による同名小説を映画化したもの。新体操選手としてオリンピック出場を期待されていたものの、不治の病で半身不随となり競技人生を絶たれた主人公の金城瑞穂(知英)が、音楽という新しい夢に出合い、幼なじみの柏原淳之介(稲葉)らとともに再び前に向かって歩み始める姿を描いた。  主題歌「涙の理由」も担当した知英は、「今作は新体操、車椅子、歌までやることばっかいりの作品だった。不安もプレッシャーもあった」と本音を吐露しつつも、「改めて歌って素晴らしいなって思いました。主題歌を歌わせていただいたのも嬉しいですし、自分が演じて歌うのは初めて。今までと違う感じで、役になって歌えた気がします」と笑みをこぼした。  さらに、知英との共演について聞かれた稲葉が一瞬黙ると知英は、「良かったでしょ?」と茶目っ気たっぷりに答えを誘導。稲葉は「良かった! そりゃめちゃめちゃ良かったよ! 下手に役のことを相談しなくて、他愛ない話をしていたよね」とタジタジになりながら返答していた。  また劇中で瑞穂と淳之介が互いにとってかけがえのない存在になっていくこ...more
カテゴリー:

知英、初の映画主題歌に感慨「今までとは違って役になって歌えた」 - 06月18日(月)21:14 

 女優で歌手の知英が18日、都内で行われた映画『私の人生なのに』(7月14日公開)完成披露上映会の舞台あいさつに出席。同作で新体操や車いすでの演技、本業でもある歌にも挑戦した。知英は「やることがたくさんでプレッシャーだった。また映画主題歌を歌うのは初めてなので、今までとは違って役になって歌えた」と充実感を語った。 【写真】知英の幼なじみを演じた稲葉友と監督ら  また、同作の中で知英の幼なじみとして共演した俳優の稲葉友は映画音楽の作曲も担当。ギターを弾いたり監督とも何回もやり取りをして作曲に参加したという。稲葉は「最後のエンドロールの作曲のところに名前があって、本当にうれしかった。感慨深い」としみじみ。  また、MCから、かけがえのないものは何かという質問に対して、同作の監督である原桂之介氏は「観てくださる方がいないとやっていけないので、作品を観てくださる方」と回答。先に良いことを言われたと知英と稲葉が嘆いていると、知英は「猫って言おうとした」と告白。「猫を飼っていて癒されます」と答えるもすかさず、「(会場の)みなさんも」とフォローして沸かせた。  同作は、金城瑞穂役の知英がオリンピック候補の新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり絶望する中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介役の稲葉友と再会する。そのことで音楽とふれ合い、それぞれが抱える葛藤や悩...more
カテゴリー:

知英、観客よりも猫が大切!? 慌てて謝罪も場内爆笑 - 06月18日(月)21:15 

知英の主演作「私の人生なのに」の完成披露上映会が6月18日、東京・新宿バルト9で行われ、知英と共演の稲葉友、メガホンをとった原桂之介監督が舞台挨拶に出席した。今作は、東きゆう(著)、清智英(原案...
カテゴリー:

知英、主演映画で初の主題歌「役の思いを込めて」 - 06月18日(月)19:41 

 知英(24)が主演した映画「私の人生なのに」(原桂之介監督、7月14日公開)の完成披露試写会が18日、都内で行われた。  半身不随になった新体操選手が音楽との出会いを通して希望を取り戻していく物語。主題歌も担当した知英は「新体操、車椅…
カテゴリー:

「原桂之介」の画像

もっと見る

「原桂之介」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる