「協定書」とは?

関連ニュース

高齢者見守り協定書に調印 - 10月12日(金)07:10 

三養基郡基山町は11日、コープさが生協(本部・佐賀市)と、高齢者らを見守る「見守りネットワーク事業」の協定を結んだ。生協は配達などの日常業務で顧客の異変に気付いた場合、町役場や警察、消防に通報するなどの措置を取る。 生協の町内の会員数は3月末現在で1478世帯。食料品や日用品の配達で、毎週月~金曜に町内523カ所を回っている。 町役場で締結式があり、松田一也町長と生協の桑原廣子会長が協定書に調印した。松田町長は「1人暮らしの高齢者はこれから増加することが確実。
カテゴリー:

中核病院開設へ協定 弘前市や青森県など4者 - 10月05日(金)09:52 

弘前市と青森県、独立行政法人国立病院機構、弘前大の4者は4日、弘前市立病院と国立病院機構弘前病院を統合してつくる中核病院に関する基本協定を締結した。2022年早期の開設を目指す。 協定書には(1)整備
カテゴリー:

弘前に健康管理企業、100人超雇用へ - 10月10日(水)20:20 

東京に本社があり、青森県弘前市にも事業拠点を置く東証1部上場の健康管理サービス事業会社バリューHR(藤田美智雄社長=弘前市出身)は、同市富田3丁目に新事業所を建設し、来年1月にも「弘前オペレーションセンター」を稼働させる。10日、県や弘前市と開設に関する基本協定を締結した。従業員60人(新規地元雇用40人)でスタートし、来年中に100人超を雇用する方針。 市役所で行われた調印式には、藤田社長、青山祐治副知事、桜田宏市長が出席し、協定書に署名した。
カテゴリー:

ユニーク民泊、京都で地域調和目指し増加 - 10月05日(金)08:11 

京都市中心部の姉小路通周辺で、地元住民と事業者が話し合いを重ねて協定書を締結するなどし、地域と調和した宿泊施設の開業が相次いでいる。違法民泊が横行するなか、市は…
カテゴリー:

「協定書」の画像

もっと見る

「協定書」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる