「半沢直樹」とは?

関連ニュース

累計170万部突破の大ベストセラー! 長瀬智也主演 池井戸潤作品 初の映画化!!! 空飛ぶタイヤ - 05月24日(木)07:00 

[株式会社講談社] 累計170万部を突破した池井戸潤による大ベストセラー「空飛ぶタイヤ」。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会現象を巻き起こしてきた池井戸作品が、満を持しての初の映画...
カテゴリー:

食わず嫌いに知ってほしい「ネットバング」のメリット - 05月18日(金)16:00 

「先月末、三菱UFJ銀行が銀行員のいる窓口を持つ店舗を'23年までに半減させると、日本経済新聞が報じました。現在は、全国に約515店ありますが、当初3年間で約430店に減らし、最終的には約250店にするといいます」 そう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。最近、銀行の収益悪化はよく聞きく。とはいえ、これほど大規模な店舗削減に、「銀行がなくなる」と衝撃を受けた人もいるかもしれない。だが、結論から言うと、銀行はなくならない。ただし、今の業態からシフトチェンジし、大きく変わっていくのは間違いない。 「店舗を減らすとともに、銀行員のリストラも進むでしょう。みずほ銀行は1万9,000人、三菱UFJ銀行は9,500人、三井住友銀行が4,000人のリストラを発表しています。銀行は『銀行法』で公益性が高いとされているため、表向きは『ようこそ、お客様』とほほえみますが、本音では『一般顧客にはあまり来てほしくない』と考えています」 これからは、「富裕層をおもな顧客として、財産管理や資産運用など高収益の相談業務を中心に据えるでしょう」と荻原さん。 「一般顧客相手の預金や振り込みなど、従来の銀行業務は、IT技術の応用で人の手を介さないシステムに変えていくのです。こうした銀行の変化を見据え、私たちも銀行との付き合い方を変えていかねばなりません。今の時代、IT技術があふれていますから、もう苦手...more
カテゴリー:

池井戸潤『七つの会議』映画化、キャスト発表にネット騒然 「濃すぎるでしょ」 - 05月16日(水)06:30 

 5月10日、池井戸潤氏の小説『七つの会議』(集英社)が、2019年に実写映画化されることが発表された。同時に主要キャストが明かされたが、その濃すぎるメンツが話題を呼んでいる。  同作は、TBS系でドラマ化された『半沢直樹』や『陸王』の原作者としても知られる、池井戸氏の同名小説が原作。監督を務めるのは、前述の『半沢直樹』『陸王』など、多数の池井戸作品を手がけてきた福澤克雄氏だ。  そして主人公の“ぐうたらサラリーマン”八角民夫役は、能楽師の野村萬斎(52)が務め、香川照之(52)、及川光博(48)、片岡愛之助(46)、音尾琢真(42)、立川談春(51)、北大路欣也(75)といった、池井戸作品ではおなじみの豪華メンバーが脇を固める。  野村は、今回の主演について、「ようやくめぐり合えた池井戸作品。そして、福澤監督とのお仕事に心から喜びを感じています」と、映画の公式サイトにコメント。さらに「私自身、初のサラリーマン役。それでいて、八角は一癖も二癖もある決して平凡ではない役どころなので、演技すること自体が新たな挑戦だなと思います」と、自身初となる役どころへの意気込みをつづった。  また、『半沢直樹』の大和田常務役で高い評価を受けた香川は、「池井戸潤・福澤克雄の両巨頭が組む作品カラーはすでに国内に幅広く浸透している」「私に求められる役割はほぼ確定している」とコメント。そして...more
カテゴリー:

『ブラックペアン』、不評の女優・加藤綾子が後半のカギ!? - 05月13日(日)08:30 

 嵐の二宮和也(34)主演の日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)が注目を浴びている。内野聖陽(49)や竹内涼真(25)といった豪華俳優陣の共演も話題で、5月6日第3週の平均視聴率も12.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、上々の結果となった。まずはその第3週の放送を振り返ってみよう。  前回の手術の失敗から窮地に追い込まれた高階(小泉孝太郎/39)は、スナイプの研究に躍起になっていた。そんな中、佐伯(内野)はスナイプ手術を高階ではなく、渡海(二宮)に任せることを宣言する。しかし手術当日、渡海は手術を途中でやめてしまう。スナイプを使えない患者だからという判断だった。一方、佐伯のもとには治験コーディネイターの木下(加藤綾子/33)が訪れていた。その後も、渡海はスナイプ手術が予定されている患者に、その危険性を語るなど、高階とさらに対立していき……という展開だった。  二宮が演じる孤高の天才医師である渡海と、あらゆる策略の中で揺れる小泉が演じる高階、二人の熱い対決が見どころだったが、世間は本作が女優デビューとなった木下役の加藤綾子に注目しているようだ。元フジテレビアナウンサーの華麗なる女優転身には、ネットもざわついている。  加藤の持つ小悪魔的な魅力が、木下というミステリアスなキャラクターを活かしているが、意外にもSNSなどの反応は手厳しい。とにかく“ミスキャスティング”...more
カテゴリー:

池井戸潤作品初の映画化「空飛ぶタイヤ」プロデューサーの不安と自信 - 05月11日(金)12:00 

1998年「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞して作家デビューし、「下町ロケット」では直木賞を受賞したベストセラー作家・池井戸潤。 【写真を見る】ディーン・フジオカ、高橋一生という大ブレークイケメン2人ががっちり脇を固める/(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会 これまで「半沢直樹」(2013年、TBS系)、「花咲舞が黙ってない」(2014年ほか、日本テレビ系)、「民王」(2015年ほか、テレビ朝日系)、そして「陸王」(2017年、TBS系)など、数々の傑作小説がドラマ化、その全てが高視聴率・話題となっている。 そして2009年にはWOWOWで連続ドラマ化され、このたび池井戸作品初の映画化となる「空飛ぶタイヤ」が6月15日(金)に公開となる。 本作は、第136回直木賞候補作となり、池井戸自らが「僕はこの物語から『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ」とコメントするなど深い思い入れのある物語。 映画化の話が持ち上がったのは、約3年前。配給会社である松竹の矢島孝プロデューサーが、映像化の権利を預かったことから始まる。 「預かったのは良いが、これは簡単なものではないなという思いもどこかにあった」と当時を振り返る矢島氏。 「もちろん大好きな小説であったし、自分も劇場のスクリーンでこの物語を見たいと強く願っていたのだが、数多くの登場人物とボリュームを前にして、『脚本がうまくいかなかった...more
カテゴリー:

長瀬智也の気迫がみなぎる!サザンの主題歌を堪能できる特別映像が到着 - 05月18日(金)18:00 

「半沢直樹」「陸王」などで知られる池井戸潤の同名小説を、TOKIOの長瀬智也を筆頭にしたオールスターキャストで映画化した『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)。このたび本作から、サザンオールスターズが歌う主題歌「闘う戦士たちへ愛を込めて」をフィーチャーしたスペシャルムービートレーラーが到着した。 【写真を見る】ディーン・フジオカと高橋一生、今をときめくイケメン俳優が夢の共演/[c]2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会 池井戸小説として初の映画化となる本作は、大企業の“リコール隠し”という真実を前に、正義を胸に立ち向かっていく男たちの物語。ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故を受けて、整備不良を疑われた運送会社の社長・赤松徳郎は、製造元であるホープ自動車の沢田悠太に再調査を要求。そんな折、ホープ銀行の井崎一亮がグループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自に調査を開始する。 このたび到着したスペシャルムービートレーラーは約2分間に及ぶ映画予告ロングバージョン。「こんな状況の中で精一杯やった思いが誰かに届いて、奇跡が起きることを信じてるんだ」という長瀬演じる赤松のセリフとともに、予告編ではサビしか聴くことができなかった主題歌を堪能できる仕上がりとなっている。 さらに映像中には桑田佳祐が本作のために書き下ろした歌詞が大きく表示され、映画と主題歌それぞれの世界観が重なり合う。この...more
カテゴリー:

萩原博子が警告「銀行大リストラ時代」はネットバンクで備えろ - 05月18日(金)16:00 

「先月末、三菱UFJ銀行が銀行員のいる窓口を持つ店舗を'23年までに半減させると、日本経済新聞が報じました。現在は、全国に約515店ありますが、当初3年間で約430店に減らし、最終的には約250店にするといいます。最近、銀行の収益悪化はよく聞きます。とはいえ、これほど大規模な店舗削減に、『銀行がなくなる』と衝撃を受けた方もいるかもしれません。ですが、結論から言うと、銀行はなくなりません。ただ、今の業態からシフトチェンジし、大きく変わっていくのは間違いありません」 そう話すのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。従来、銀行といえば、都心の一等地に店舗を構え、人件費の高そうな人材がたくさん働く場所だった。 「よく『収支が1円でも合わないと、何時間でも残業させる』といわれたものです。これは、銀行の正確性や真面目さを表す美談と受け止められていました。しかし今思うと、何十人もの銀行員に残業代を払って1円を追うなんて、コスト意識の欠落と言っても過言ではありません。銀行は非効率な運営が続いていたのです」(荻原さん・以下同) 当時は、旧大蔵省が強い行政指導を行い、金融業界を統制していた。自由競争がほぼない代わりに、倒産もなく安定していたのだ。 「ですが、'96年ごろからの『金融ビッグバン』によって、銀行独自の金利設定が可能になるなど、銀行間の競争が勃発。'97年、北海道拓殖銀行の破たんを皮...more
カテゴリー:

『コンフィデンスマンJP』、まさかのセルフパロディに「破壊力ありすぎ」 - 05月14日(月)07:00 

 5月7日、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第5話が放送。同ドラマの“セルフパロディ”が登場し、大きな話題となったようだ。  このドラマは、ダー子(長澤まさみ/30)たち詐欺師集団が、悪徳な資産家たちから大金をだまし取っていく物語。第5話でダー子たちのターゲットになったのは、野々宮総合病院の理事長である野々宮ナンシー(かたせ梨乃/61)だった。  野々宮理事長は、腕利きの医師を薄給でこき使ったうえ、その医師が病院を離れようとすると医療過誤をでっち上げて、医学界から追放するという悪事を行っていた。そこでダー子の詐欺師仲間であるボクちゃん(東出昌大/30)が身分を偽り、後任の医師として理事長の面接を受けることに。  このとき、ボクちゃんが面接を受けた部屋には絵画が飾られていたが、実はこの絵画は第3話にも登場したもの。第3話でダー子は、ターゲットの美術評論家をだますため、オランダ人画家のヨハネス・フェルメールの名画『真珠の耳飾りの少女』のヘタクソすぎる贋作を描いていた。その絵が飾られていたのだ。  そんなダー子の描いたヘタな絵が、まったく別のエピソードで登場したことに、視聴者は騒然。ネットには「この理事長、オークションで偽フェルメールを落札したのか」「背景の偽フェルメールが破壊力ありすぎて、話が入ってこない」「あんなヘタクソな絵が丁重に額縁に入れて飾...more
カテゴリー:

ドラマ化連発の池井戸作品 次は映画化めぐって争奪戦が激化 - 05月11日(金)19:00 

狂言師の野村萬斎(52)が直木賞作家・池井戸潤氏(54)のベストセラー小説を映画化した「七つの会議」(2019年公開予定)に主演すると、一部スポーツ紙が報じている。 記事によると同作で萬斎が演じるのは、中堅電機メーカーの万年係長の主人公役。主人公が上司をパワハラで訴えたことをきっかけに、社内の問題が次々と明らかになっていきストーリーが展開される。 同作には池井戸氏原作のTBS系ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などに出演した、香川照之(52)、及川光博(48)、片岡愛之助(46)、北大路欣也(75)ら“池井戸組”の常連が集結。ヒットの期待が高まっている。 「『七つの会議』は、13年に少年隊の東山紀之さんの主演作品としてNHKでドラマ化されています。これだけ短いスパンでドラマ化・映画化というのは、あまり例がないこと。しかしオリジナルの脚本ドラマ・映画がヒットしなくなった昨今、売れっ子作家の作品の争奪戦はさらに激化してしまっています」(出版関係者) 特に池井戸氏の作品は民放キー局のみならず、NHKそしてWOWOWも次々とドラマ化。売れ筋の原作10作品以上が映像化されている。TOKIO・長瀬智也(39)主演の映画「空飛ぶタイヤ」(6月15日公開)も、09年に仲村トオル(52)主演作としてWOWOWでドラマ化されている。 「池井戸さんの作品はドラマ化が連発...more
カテゴリー:

野村萬斎主演で池井戸潤原作「七つの会議」を実写映画化 - 05月10日(木)22:50 

テレビドラマ化された「陸王」「下町ロケット」や、「オレたちバブル入行組」にはじまる半沢直樹シリーズなど、数々の代表作を抱える池井戸潤の傑作小説「七つの会議」が野村萬斎主演で実写映画化されることがわかった。
カテゴリー:

もっと見る

「半沢直樹」の画像

もっと見る

「半沢直樹」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる