「升毅」とは?

関連ニュース

謎のパンダ男は田中圭!?「理想のエロい良き体型をしているから…」視聴者の推理合戦が過熱『シロクロ』 - 02月24日(月)13:22 

清野菜名&横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第7話が、2月23日に放送。インターネット上では、仰天のラストシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士で正義の存在・ミスパンダの川田レンを、横浜は、東京誠立大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。殺された門田明宏(山崎樹範)の催眠が解けて、本来の人格・川田リコが目覚めてしまったレン。直輝は、飼育員としてミスパンダを操り、世の中にシロクロつけていたことや、ミスパンダはリコが目指していた理想の形だと語りかけた。しかし、諸悪の根源が直輝であると感じたリコは、直輝に殴りかかってしまう。門田のところに戻ってもう一度催眠をかけてもらおうとするが、直輝から彼が殺されたことを聞かされた。門田の代わりに、直輝がもう一度催眠をかけることで、レンに戻ることができるが、もうリコには戻れなくなってしまう。直輝は「それでもいいのか?」とリコに問いかける。リコは、唯一の味方だった門田がなぜ殺されたのかが気になり、直輝に調査を依頼。その後、彼の催眠でリ...more
カテゴリー:

横浜流星演じる直輝、Mr.ノーコンプライアンスからミスパンダの殺処分を命じられ…『シロクロ』第6話 - 02月13日(木)18:18 

清野菜名&横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、2月16日に放送される。本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士で正義の存在・ミスパンダの川田レンを、横浜は、東京誠立大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。<第6話あらすじ>ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員も警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員になりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員を突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺して...more
カテゴリー:

横浜流星「好きな女性のタイプ」についてトークを展開『シロクロ』チェインストーリー - 02月17日(月)19:27 

清野菜名と横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)のチェインストーリーがHuluやGYAO!で配信中。ドラマの各話を繋ぎながら、本編とは異なるエピソードが繰り広げられる。本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士で正義の存在・ミスパンダの川田レンを、横浜は、東京誠立大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。チェインストーリーでは、毎回、本編の登場人物たちをクローズアップし、ある議題に対してシロクロつけるというストーリーが展開。1.5話の「パンダは笑い、レンの事情は明かされる」では、レンのアルバイト先の囲碁喫茶を舞台に、レンの親代わりでもある店主の加賀春男(升毅)と妻の佳恵(椿鬼奴)による、「どっちが先に惚れたのか問題」にシロクロがつけられた。また、2.5話の「パンダは笑い、直輝の素顔は暴かれる」では、直輝の大学の友人である小園(中田圭祐)と前川(祷キララ)が登場。不正入試問題に端を発する一連の事件でレンをかばい怪我をした直輝を心配する2人だったが、直輝とレンの関係については意見が分かれてしまう。レンは直輝に惚れており、直輝もまん...more
カテゴリー:

最凶バディが追う事件の顛末は「初めてシロクロつかずに終わった」清野菜名&横浜流星W主演『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 - 02月10日(月)18:43 

清野菜名・横浜流星W主演の連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第5話が2月9日に放送された。驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る飼育員さんの最凶バディが追うのは、偽物のミスパンダによる死刑囚強奪事件。しかし今回の事件は予想外の顛末を迎え、Twitterでは「初めてシロクロつかずに終わってしまった」「かなりやばい展開」「びっくりすぎる!」といった声があがった。悪事を働く輩を懲らしめる、巷で噂のミスパンダ。その正体は、極端なネガティブ志向の囲碁棋士・川田レン(清野菜名)だが、彼女にその自覚はない。レンは医大生・森島直輝(横浜流星)により、催眠状態で別人格を刷り込まれていた。催眠の合図は、直輝による「これからパンケーキどう?」のメッセージだ。フリーディレクター・神代一樹(要潤)は、直輝に接触。ミスパンダの正体とその目的を問う。そして自分の手でそれを暴けば、将来は約束されたようなものだと神代は語る。「だったらミスパンダの正体よりも、もっと大きなスクープがありますよ」「コアラ男です。8年前に起きた、佐島あずさ誘拐事件の犯人です」こう答える直輝。そして続ける。「警察官だった父親は、コアラ男を追っている最中に何者かに殺されました。ミスパンダの正体が知りたいなら教えます。ただその前に、まだ見つかっていない...more
カテゴリー:

「升毅」の画像

もっと見る

「升毅」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる