「北村有起哉」とは?

関連ニュース

平手友梨奈「文句があるなら私にどうぞ」常識をぶち壊す天才美少女作家ぶりに騒然 - 07月14日(土)21:19 

2017年のマンガ大賞受賞作で、欅坂46・平手友梨奈の主演で実写映画化される9月14日(金)公開の「響 –HIBIKI-」より、平手演じる鮎喰響の常識をぶち壊す天才ぶりが見られる予告映像が公開。同時にメインビジュアルも解禁された。 【写真を見る】平手友梨奈が北村有起哉に蹴りを食らわせる!/(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館 特に過激なパワーワードが満載の予告映像は14日朝にYouTubeに公開されると、半日で20万を超える再生数を数え、ファンからも「てちの演技ヤバイ」「平手打ちに蹴り!?」「これは早く見たい」と大きな反響が上がっている。 同作は、2014年よりビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発。既に累計部数160万部を突破している。 実写化には映画会社・テレビ局など10社が名乗りを上げ、争奪戦の末に東宝が権利を獲得。2017年12月、月川翔監督×西田征史脚本によって実写映画化されることが発表されると、大きな話題となった。 平手の他、響の才能を見いだす若手女性編集者・花井ふみ役に北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏役をアヤカ・ウィルソン。 そして高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗旬といった豪華実力派俳優陣が脇を固め、響を中心に描かれる人間ドラマを彩る。 ■ 予告&メインビジュアルが公開 平手...more
カテゴリー:

平手友梨奈の天才だけどヤバい一面が…!『響 -HIBIKI-』予告編が完成 - 07月14日(土)08:00 

昨年大ヒットを記録した『君の膵臓をたべたい』(17)を手がけ『センセイ君主』(8月1日公開)の公開も控える月川翔監督が、「マンガ大賞2017」で大賞を受賞した柳本光晴の人気コミックを実写映画化した『響 -HIBIKI-』が9月14日(金)より公開。このたび本作の予告映像がついに完成した。 【写真を見る】てちが文学界に革命をもたらす天才少女に!/[c]2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 [c]柳本光晴/小学館 本作は、出版不況の文学界に突如現れた15歳の天才少女・鮎喰響を軸に、彼女に関わる人々の心の葛藤を描き出すヒューマンドラマ。自分の信じた生き方を絶対に曲げず、様々な人に計り知れないほどの影響を与えていく主人公・響を演じるのは、欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈。本作で映画初出演にして堂々初主演を飾る。 このたび到着した予告映像では、平手が演じる響の、一見すると可憐だが実は“普通じゃない”姿がまざまざと映し出されていく。不良の指を平気で折ったり、文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、芥川賞作家に蹴りを入れる。まさに“天才だけどヤバい”彼女が次から次へと世間の常識をぶち壊していく。 また、響の才能を見出す編集者役の北川景子や、文芸部の部長を演じるアヤカ・ウィルソンら、脇を固める豪華俳優陣の姿もお目見え。すでに出演が発表されている高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗...more
カテゴリー:

平手友梨奈が不良の指を折り、先輩を叩く!?実写「響 HIBIKI」予告披露&新キャスト発表 - 07月14日(土)08:00 

 柳本光晴氏の人気漫画を「欅坂46」平手友梨奈主演で実写映画化する「響 HIBIKI」の予告編とメインビジュアルが、このほど披露された。映像は常軌を逸した天才・鮎喰響(平手)が、自身の信念を貫くために不良の指を折り、文芸部の先輩に平手打ちを食らわせ、そして芥川賞作家に蹴りを入れるなど、衝撃シーンの数々を収めている。 ・【動画】「響 HIBIKI」予告編  「マンガ大賞2017」の大賞を受賞し、累計発行部数は160万部を突破した「響 ~小説家になる方法~」を実写化。共演には北川景子をはじめ小栗旬、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生らが名を連ね、メガホンは小栗と北川が出演し大ヒットを記録した「君の膵臓をたべたい(2017)」の月川翔監督がとっている。  物語は、出版不況に苦しむ文芸界が舞台。文学誌「木蓮」編集部に、要項を一切無視した新人賞応募作が届く。破棄されるはずだった鮎喰響(平手)による「お伽の庭」だが、編集者の花井ふみ(北川)は、その圧倒的な才覚に目を留める。何者にも惑わされず、己の信念を決して曲げない響が、やがて様々な人々に計り知れない影響を与えていく。  あわせて披露されたメインビジュアルは、うず高く積まれた本を背景に、大股開きで鋭い眼差しを投げかける響の姿を活写した。さらに新キャストも発表され、吉田栄作が文芸部部長・凛夏(...more
カテゴリー:

【欅坂46】“天才だけどヤバい”平手友梨奈が指折り、顔面蹴り、平手打ち!初主演映画「響 -HIBIKI-」予告映像解禁 - 07月14日(土)09:17  mnewsplus

欅坂46の平手友梨奈が主演を務める映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)の予告映像、メインビジュアルが14日に公開。 新キャストも発表された。 予告映像には、平手演じる主人公・鮎喰響が、不良の指を平気で折り、文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、さらには芥川賞作家に蹴りを入れる姿。 「私は、曲げない」というメインコピーさながらに、自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール、常識をぶち壊していく“天才だけどヤバい”響を平手が熱演している。 また、メインビジュアルには、本に囲まれ鋭い視線を送る...
»続きを読む
カテゴリー:

平手友梨奈主演『響』予告解禁 追加キャストに吉田栄作&北村有起哉 - 07月14日(土)08:00 

 平手友梨奈が映画初主演する『響 ‐HIBIKI‐』より、予告編とメインビジュアルが解禁。さらに追加キャストとして、吉田栄作と北村有起哉の出演も明らかになった。メインビジュアルには、平手をはじめ、小栗旬や北川景子らが扮するキャラクターの姿が収められている。【写真】映画『響 ‐HIBIKI‐』新キャスト場面写真 本作は、2017年にマンガ大賞を受賞した柳本光晴による『響~小説家になる方法~』(小学館)を実写映画化。主人公・鮎喰響(平手)の圧倒的な小説の才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を交えた人間ドラマを描く。 「私は、曲げない」というコピーが添えられたメインビジュアルには、大量の本に背を預けながら鋭い視線を送る響と、響が作品を送った出版社の若手女性編集者・花井ふみ(北川)、芥川賞受賞を狙う青年作家・山本春平(小栗)、日本を代表する小説家の父を持ち自身も小説家を志す文芸部の部長・祖父江凛夏(アヤカ・ウィルソン)の姿が収められている。 新たに出演が明らかになった吉田が演じるのは、凛夏の父で世界的に絶大な人気を誇る大物小説家・祖父江秋人。絶対的なオーラを醸しながら、自らと同じ道を歩もうとする娘を優しく見守る父親だ。北村は、響が応募した新人賞の選考委員も務める芥川賞作家・鬼島仁に扮した。仁は響に蹴りを食らわされながらも、彼女の才能を認めていくという役どころとなっている。 7月27日より発売さ...more
カテゴリー:

欅坂46平手友梨奈のヤバい平手打ち 映画『響 -HIBIKI-』予告映像 - 07月14日(土)08:00 

 欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈が映画初出演・初主演する『響 -HIBIKI-』(9月14日公開)の予告映像とメインビジュアルが解禁された。予告映像では、不良の指を平気で折り、文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、芥川賞作家に蹴りを入れる…“天才だけどヤバい” 主人公・鮎喰響(あくい・ひびき)を熱演する平手の姿が。メインビジュアルは、本に囲まれ鋭い視線を送る響と、彼女を取り巻く人々…北川景子、小栗旬、・アヤカ・ウィルソンのシーン写真で構成。「私は、曲げない」というメインコピーもインパクト大だ。 【動画】映画『響 -HIBIKI-』予告(90秒)  同映画は、2014年より『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載中の『響~小説家になる方法~』(作:柳本光晴)が原作。スマートフォン・SNSの普及により、活字離れが急速に進み、出版不況の文学界に、一人の天才少女が現れる。  15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。しかし、一見可憐なその少女は“普通じゃなかった”。  自分の信念を絶対に曲げず、世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、...more
カテゴリー:

「北村有起哉」の画像

もっと見る

「北村有起哉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる