「北朝鮮核問題」とは?

関連ニュース

トランプが金正恩と習近平にダマされぬよう安倍総理がすべきこと - 06月22日(金)19:00 

金正恩委員長が6月19日に中国を訪れ、習近平国家主席と会談しました。今年の3月、5月に続くハイペースで既に3回目。その裏には一体何があるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、金正恩はトランプをだますことができないと焦っているので習近平に泣きつきバックアップを懇願、今度は中国主導で北朝鮮の経済制裁解除を要請できないかと道を探っているので、日米は断固として拒絶すべきとしています。 金正恩が、今年3度目の訪中。なぜ??? 金正恩が、また訪中し、習近平に会いました。 <金正恩氏が訪中、習国家主席と会談 中国国営メディアが報 6/19(火)20:40配信   【AFP=時事】(更新)2日間の日程で訪中している北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長が19日、首都北京で習近平(Xi Jinping)国家主席と会談した。中国国営メディアが報じた。 3月、5月につづき、なんと今年3回目の訪中です。何が話し合われたのでしょうか? 毎日新聞6月19日付から。 中国中央テレビによると、両首脳は朝鮮半島問題での連携強化を確認。金委員長は12日に行われた米朝首脳会談について「双方が一歩一歩着実に会談の共通認識を履行すれば、朝鮮半島の非核化は新たに重要な局面を打開することができる」と述べ、段階的に非核化を進める...more
カテゴリー:

断たれたのは金正恩の逃げ道。米朝会談は「トランプ大勝利」で確定 - 06月19日(火)04:30 

署名された共同声明に何の具体性もなく、「北朝鮮の勝利」との報道も目立つ米朝首脳会談。しかし、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは「トランプ大勝利」と言って憚りません。その論拠はどこにあるのでしょうか。北野さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』に、そう判断するに至った理由を記しています。 なぜ米朝会談は、【トランプ大勝利】なのか??? 米朝首脳会談について、ダイヤモンドオンラインさんに記事を書きました。 ● 米朝首脳会談、「具体性なし」でも評価すべき理由 この記事で私は、「米朝首脳会談大成功」と書いたのです。そしたら、たくさんの読者さんからメールが届きました。多くの内容は、「北野さん、皆『大失敗』だったといってますよ。成功したという北野さんは、『超少数派』です!」というもの。 私はしばらく、「まあ、失敗したか、成功したかなんて、ある面『主観的問題』だしな」と思い、コメントしないでいました。 「主観的」とは、どういうことでしょうか? この件については、「客観的」つまり「事実」があります。トランプと金が、12日にシンガポールであった。共同声明に署名した。そこには、4つの項目が記されていた。これらは、「客観的事実」です。 一方、これらの事実を、「どう解釈するか」は、「主観的問題」です。実際、トランプや金は、「大成功だった」といい、世界の多くのマスコミは、「大失敗だった」とい...more
カテゴリー:

今日の歴史(6月15日) - 06月15日(金)00:00 

1939年:京釜線ソウル―大田間が複線化 1960年:第3次改憲案(内閣責任制)が通過し第2共和国樹立、許政(ホ・ジョン)首相就任 1962年:パラグアイと国交樹立 1994年:カーター元米大統領が北朝鮮核問題の仲裁のため訪朝 1999年:韓国と北朝鮮の海軍艦艇が黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くで交戦(第1延坪海戦) 2000年:金大中(キム・デジュン)大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が南北首脳会談の成果を共同宣言として発表
カテゴリー:

北朝鮮核問題で金正恩を「外交上手」と持ち上げるテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』の違和感 - 06月01日(金)18:33  liveplus

北朝鮮の金正恩委員長とロシアのラブロフ外相が会談したことを1日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が取り上げた。この報道について、番組MCの羽鳥慎一や吉永みちこ氏は金委員長を「外交巧者」「交渉上手」と、その手腕を持ち上げる姿勢のコメントをした。 番組によると昨日、金委員長は平壌を訪れたパブロフ外相に「プーチン大統領が、アメリカの支配に対抗していることに感謝している」と話し、ラブロフ外相は「ロシアにもお越しいただければうれしく思う」と、金委員長の訪問を要請したという。 金委員長がラブ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプが金正恩と習近平にダマされぬよう安倍総理がすべきこと - 06月22日(金)19:00 

金正恩委員長が6月19日に中国を訪れ、習近平国家主席と会談しました。今年の3月、5月に続くハイペースで既に3回目。その裏には一体何があるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、金正恩はトランプをだますことができないと焦っているので習近平に泣きつきバックアップを懇願、今度は中国主導で北朝鮮の経済制裁解除を要請できないかと道を探っているので、日米は断固として拒絶すべきとしています。 金正恩が、今年3度目の訪中。なぜ??? 金正恩が、また訪中し、習近平に会いました。 <金正恩氏が訪中、習国家主席と会談 中国国営メディアが報 6/19(火)20:40配信   【AFP=時事】(更新)2日間の日程で訪中している北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長が19日、首都北京で習近平(Xi Jinping)国家主席と会談した。中国国営メディアが報じた。 3月、5月につづき、なんと今年3回目の訪中です。何が話し合われたのでしょうか? 毎日新聞6月19日付から。 中国中央テレビによると、両首脳は朝鮮半島問題での連携強化を確認。金委員長は12日に行われた米朝首脳会談について「双方が一歩一歩着実に会談の共通認識を履行すれば、朝鮮半島の非核化は新たに重要な局面を打開することができる」と述べ、段階的に非核化を進める...more
カテゴリー:

6カ国首脳会談開催を=日本も含め非核化協議-韓国専門家 - 06月15日(金)19:05 

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領の外交顧問として知られる延世大の文正仁名誉特任教授は15日、ソウルの外信記者クラブで会見し、北朝鮮の非核化や北東アジアの多国間安全保障協力を話し合うため、南北米中と日ロの「6カ国首脳会談の開催が望ましい」という見解を明らかにした。 文氏は「北朝鮮核問題は米韓だけで解決できる問題ではない」と指摘、「中国によるエネルギー・経済支援の問題もあり、米朝合意を維持するには、中国の役割が極めて重要だ」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【朝鮮日報】自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国 - 06月13日(水)09:03  newsplus

※たまたまスレです 日本が米朝対話の過程で、前提条件として非核化と共に根気強く強調してきた問題が北朝鮮による「日本人拉致問題」だ。日本が拉致問題解決を主張するたびに、韓国メディアは否定的な反応を示す。非核化の対話から疎外された日本が、悪あがきして韓国と米国の足を引っ張っているというわけだ。 日本政府が主張する日本人拉致被害者は17人。北朝鮮はこのうち13人について拉致の事実を認めた。生存者5人を日本に帰国させ、謝罪もした。しかし日本政府は北朝鮮を信じていない。残る12人についてだ。北朝鮮が「死亡した...
»続きを読む
カテゴリー:

「北朝鮮核問題」の画像

もっと見る

「北朝鮮核問題」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる