「北大路欣也」とは?

関連ニュース

元・日テレ松尾英里子アナ、ギリギリの歌詞朗読も「押し切りました(笑)」 - 07月13日(金)20:30 

BS12 トゥエルビで毎週金曜深夜に放送されている「ザ・カセットテープ・ミュージック」(夜2:00-2:30)。同番組では、マキタスポーツとスージー鈴木が1980年代の音楽シーンを振り返り、テーマに沿った名曲を紹介している。 【写真を見る】元・アイドリング!!!メンバーの河村唯も出演! コアなトークで人気を集める「ザ・カセットテープ・ミュージック」だが、7月6日の放送回より、雰囲気が一転。同局にて放送中の「マーケット・アナライズplus+」(毎週土曜昼1:00-2:00)のセットと、「マーケット─」に出演する松尾英里子アナウンサーを“レンタルして”収録している。 そんな「ザ・カセットテープ・ミュージック」が7月13日(金)に届けるのは、「声に出して読みたい歌詞特集」。マキタとスージーが、ザ・ブルーハーツや尾崎豊など、歌詞フレーズに着目して“好きで好きでたまらない”という数曲をセレクトして語り尽くす。 心にしみる歌詞は松尾アナが朗読するが、中には読むのに“キワドい”楽曲も…。「結果的には押し切った形です(笑)」と話す松尾アナに、収録の感想や「マーケット・アナライズplus+」について話を聞いた。 ――2番組のセットコラボという斬新な試みですが、お話を受けられた時、率直にどのように感じましたか? うれしかったですね! 「ザ・カセットテープ・ミュージック」はいつも見ていたので、マキタさん...more
カテゴリー:

北大路欣也が歓喜! 主演時代劇が「オリジナル番組アワード」大賞を受賞 - 07月12日(木)22:18 

「第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の授賞式が7月12日に都内で開催され、オリジナル番組賞7部門とオリジナル編成企画賞の表彰が行われた。 大賞受賞の喜びを語る北大路欣也 同アワードは、専門チャンネルならではの強みを生かしたオリジナル番組の制作促進と、その優れた番組をより多くの人に知ってもらうことを目的に、2011年に創設。作品のオリジナリティを中心に審査員が判断し、有料・多チャンネル放送の信用と権威を高めた番組を表彰する賞だ。 オリジナル番組賞7部門の最優秀賞の中から選ばれる大賞には、ドラマ番組部門から「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」(時代劇専門チャンネル)が輝いた。 授賞式には、同作主演の北大路欣也が登場。トロフィーを受け取った北大路は「各部門で受賞された皆さまと共に、この受賞を分かち合いたい。皆さま本当におめでとうございます。今、私はこの作品に出合えた喜びを体一杯に感じています。そして、私事ですが、13歳で東映よりデビューして62年目となりますが、偉大な先人たちが作りあげられた宝の山であるこの撮影所で仕事ができることは本当に幸せです。共演者の皆さまも、若い頃から切磋琢磨した関係で、ドラマ、現実という枠を超えた仲間。企画の始まりは10年前、それから多くの強い声援に支えられて本日を迎えられました。本当にありがとうございます」と喜びの心境を告白。 同アワードで審査...more
カテゴリー:

綾野剛『ハゲタカ』は3位! 7月スタート最注目ドラマは!? - 07月08日(日)10:00 

 7月スタートの夏ドラマも出そろい、どれを見ようか悩んでいる人も多いのではないだろうか。そこで今回は、7月から放送される新ドラマのうち「見たい(興味がある)作品はどれか」を、50代までの女性100人に聞いてみた。  まず第5位(6%)に選ばれたのは、7月19日木曜日スタートの『探偵が早すぎる』(日本テレビ系)と、7月11日水曜日スタートの『高嶺の花』(日本テレビ系)。 『探偵が早すぎる』は、滝藤賢一と広瀬アリスがW主演を務め、滝藤演じる「事件を未然に解決する」という新しいスタイルの探偵、千曲川光の活躍を描いた作品。広瀬は、5兆円の遺産を受け継いだ美人女子大生役だ。現在、滝藤はNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの父親役を好演中。広瀬も前回の朝ドラ『わろてんか』で女芸人リリコ役を演じ、存在感を発揮した。そんな実力派二人が、どんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。  一方、『高嶺の花』は、石原さとみ演じる、美貌、財力、家柄、才能など、すべてを持ち合わせた、まさに“高嶺の花”の女性と、峯田和伸演じる平凡な自転車店の店主との純愛ドラマ。峯田といえば、ロックバンドの銀杏BOYZメンバーで、本業はミュージシャンだが、2016年にNHKBSプレミアムで放送された『奇跡の人』で主演を務めた他、17年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でもヒロインの叔父役で大きな...more
カテゴリー:

メディアの極北でも最優秀賞! マキタスポーツ、スージー鈴木も喜びのコメント - 07月13日(金)07:15 

7月12日、東京・千代田放送会館にて「第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の授賞式が行われた。 【写真を見る】北大路欣也も登場!「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」が大賞に選ばれた オリジナル番組賞 バラエティー部門の最優秀賞に輝いたのは、BS12 トゥエルビで毎週金曜深夜に放送されている「ザ・カセットテープ・ミュージック」(夜2:00-2:30)。プロデューサーの高橋良美氏、演出の浅沼雄介氏が登壇した他、番組に出演するマキタスポーツはビデオメッセージで登場。さらに、ゲストとしてもう一人の出演者であるスージー鈴木が駆けつけ、会場を盛り上げた。 同番組はマキタスポーツとスージー鈴木が1980年代の音楽シーンを振り返り、テーマに沿った名曲を紹介するというもの。今回のアワードでは番組の初回としてオンエアされた「A面に入れたいサザンの名曲」が選考対象となり、見事 最優秀賞を獲得した。 ■ 高橋良美プロデューサー 受賞者スピーチ このたびは大変名誉な賞をいただきまして、ありがとうございます。私どもはBS12 トゥエルビと申しまして、リモコンの中でも一番端っこにある、無料放送でございます。 その中でも深夜2時という丑三つ時で、私たちは自虐的に“メディアの極北”と呼んでいます。そこでマキタスポーツさんとスージー鈴木さんという、非常に希有な才能と出会うことができまして、今回、このような賞...more
カテゴリー:

東山紀之主演『刑事7人』初回11.0% 事件の続きは第2話へ - 07月12日(木)11:08 

 俳優の東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)の初回(※15分拡大)が11日に放送され、番組平均視聴率が11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 【写真】制作発表会見時の7人ショット  同ドラマは、2015年から7月期に放送されてきた刑事ドラマシリーズ第4弾。主人公・天樹悠(東山)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく。第1シーズンから東山、北大路、倉科カナ、吉田鋼太郎が出演し、第2シーズンから塚本高史、今シーズンから新たに田辺誠一、白洲迅が加わった。  昨年シーズンから1年後の設定で、物語は再開。「刑事資料係」で、現場に出ることもなく気ままに捜査資料を読み漁る日々を送っていた天樹、その上司になっていた片桐正敏(吉田)。そして水田環(倉科カナ)と青山新(塚本)は、その片桐からの指示で監察官と交番勤務から「警視庁捜査一課12係」の刑事に戻っていた。  初回では、7年前に現金輸送車から3億円が強奪された事件をきっかけに、捜査一課12係の主任・海老沢芳樹(田辺)と、天樹の部下で刑事資料係の新人・野々村拓海(白洲)、さらに法医学教授の堂本を加えた7人が一緒に捜査を行っていくようになるまでが描かれた。  3億円を強奪した犯人は...more
カテゴリー:

「北大路欣也」の画像

もっと見る

「北大路欣也」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる