「化学物質」とは?

関連ニュース

正体不明の不調の原因は自然から離れたせい? 「自然欠乏症候群」について - 07月17日(火)20:00 

空調の効いたオフィス、夜でも照明で明るい部屋…日常を振り返ってみると、自然からかけ離れた生活を送っていると感じる方も多いのではないでしょうか。 「自然欠乏症候群」という概念は、このように自然から遠ざかっている生活習慣が心身の不調の原因となるというもので、近年話題になっています。 自然と触れ合うことは人の心身の健康にとってどのように大切なのでしょうか。精神科医の井上智介先生に解説していただきました。   自然欠乏症候群とはなんのこと?   自然欠乏症候群は現代社会で非常に注目されていますが、正式な病名ではありません。自然から遠ざかった生活をすることによって、全身の倦怠感や不眠が引き起こされる可能性がある、という概念です。 昔のように公園などで泥だらけになるまで遊んでいる子どもを見る機会は減った一方で、部屋の中でお菓子を食べながらスマホゲームに没頭する子どもの姿をよく見るようになりました。 子どもだけではなく、大人も長時間の通勤電車に揺られて朝から晩までパソコンとにらめっこをするような生活習慣が広まっているように、自然と接する機会はめっきり減っています。 自然が欠乏するとどんな問題が起こる?    自然欠乏症候群の症状としてまず挙げられるものは全身の倦怠感です。「なんとなく...more
カテゴリー:

【スウェーデン】海洋投棄された化学兵器の毒がエビの体内から検出 - 07月13日(金)07:21  newsplus

◆スウェーデン 海洋投棄の旧兵器の毒がエビの体内から検出 スウェーデン西部の海岸で第2次世界大戦後に海洋投棄された昔の兵器が見つかり、その付近のエビを調べたところ、体内から化学物質の痕跡が検出された。 11日、スウェーデン国家水資源局が明らかにした。 第2次大戦後、スウェーデンの連合国らはスカゲラク海峡の諸島の付近で28隻の船を水深200メートルの海底に沈めた。 この際沈められた兵器のなかには戦場用化学物質、弾薬が含まれていた。 2017年にプレイスで行われた調査では、ヨーロッパアカザエビに...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】オゾン層破壊するフロン類、中国企業が違法に使用 NGO報告 - 07月11日(水)06:58  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3181855?cx_part=latest オゾン層破壊するフロン類、中国企業が違法に使用 NGO報告 2018年7月10日 12:21  発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ] 【7月10日 AFP】オゾン層破壊物質として国際的な規制の対象になっているクロロフルオロカーボン(CFC、フロン)類が現在も中国の工場で違法に使用されているとする報告書を、環境圧力団体が9日、発表した。CFC類については、その放出が増加していることが最近の研究で明らかになり、科学者らを困惑させていた。  英ロンドンの非政府組織(NGO)...
»続きを読む
カテゴリー:

芸能人ブログで話題!? 肌をリセットする「肌断食」で失敗しない予備知識 - 07月10日(火)10:00 

【芸能人ブログなどで話題】肌断食(肌ダイエット)って? 近頃、芸能人や美容家のブログやインスタグラムで話題の「肌断食」。別名「肌ダイエット」を美肌習慣のひとつとして取り入れている方が増え始めています。 肌断食とは、しっかりとしたメイクを止め、化粧水などの基礎化粧品などによるスキンケアをあえて行わないことを言います。こうして、日常気づかないうちに肌に与えられたダメージを抑え、過剰なスキンケアによって失われていた肌本来の保湿力や抵抗力を取り戻すことを目的としています。 きちんと肌のお手入れを行っていても肌荒れしてしまうという方が肌断食を行うと、肌の乾燥や毛穴の広がり、吹き出物などのトラブルが減少・改善すると言われています。 しかし誤った方法で肌断食を行っていると、肌に逆効果をもたらし、トラブルがさらに悪化してしまう可能性もあります。 肌断食で失敗しないためには、肌に関して正しい知識を持つことが重要です。また、自分の肌のサインを見逃さないこと、肌の状況が悪化しそうな時は無理をしないように意識しましょう。 関連画像をもっと見る ビフォーアフター!肌断食の効果とは 乾燥・角栓・毛穴 肌のリセットを行うことによって、肌本来の力を回復させる肌断食。具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか? 肌断食を行うと、トラブル改善前の問題が肌断食後どのように改善するのか、肌断食を...more
カテゴリー:

子どもにも安心!「スチームクリーナー」は99.99%除菌できるってホント? - 07月09日(月)21:30 

油汚れ、水垢、埃など汚れのタイプに合わせて、何種類も洗剤を使っていますか? 換気して、手袋をして……面倒ではありませんか? また、小さなお子さんやペットがいる部屋では強い洗剤を使いたくない、でも汚れは落としたいですね。 家族に喘息の持病があり、化学物質を避けるために掃除方法をいろいろと試してきた筆者が、“もう手放せない”“絶対オススメ!”なのがケルヒャーのスチームクリーナー。 汚れが簡単に落ちて、使うのは水だけ! しかも、99.99%除菌できるというスチームクリーナーを徹底検証します。 ケルヒャーのスチームクリーナーとはどんな家電なの? ケルヒャーのスチームクリーナーは、あざやかな黄色が特徴のドイツ生まれのお掃除家電。 ボイラー式で、蒸気を圧縮し約100度のスチームを作り出します。 最高約143度まで加熱できるボイラーから出る蒸気が汚れを浮かせて落とします。 しかも、一般家庭内のバクテリアを99.99%除菌できるんです。   水を注ぐだけで簡単にできるスチームクリーナーの使い方 スチームクリーナーの使い方は簡単! まずボイラーに水を注いでしっかりとふたを閉めます。   緑のランプが点灯したら準備完了。 あとは、掃除したいところをスチームをかけながらサッとなでるだけ! ただ、汚れのひどいオーブンは完璧にピカピカというわけにはいきませんでした。 キッチンのカウン...more
カテゴリー:

【朗報】内閣府「トランス脂肪酸は体内で蓄積しない、 それ自体が危険な物質ではない。食べてもいい - 07月14日(土)00:54  news

 トランス脂肪酸は脂質に含まれる不飽和脂肪酸の一種だ。マーガリンの製造工程で水素を添加するときに副生成物として生成される。 食品添加物だと勘違いしているケースも見られるが、トランス脂肪酸という油が売り買いされているわけではない。  マーガリンのほか、ショートニングにも含まれ、それらを使った菓子類やパン類、揚げ物など数多くの加工食品に使われている。 人がトランス脂肪酸を摂取したときの体内の動きについて、化学物質の代謝などに詳しい内閣府・食品安全委員会の山添康・前委員(東北大学名誉教授)は「体...
»続きを読む
カテゴリー:

デリケートゾーンの蒸れを防ぐショーツの選び方についてご紹介! - 07月11日(水)18:00 

デリケートゾーンの蒸れを防ぐには、適正サイズと素材が重要! デリケートゾーンの蒸れはニオイの原因になるだけでなく、お尻ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。モテBODYを維持するためにも、次のようなポイントをおさえて、デリケートゾーンに優しい質の良いショーツを選ぶようにしましょう。 【デリケートゾーンの蒸れはショーツ選びで軽減】 <正しいサイズの商品> 普段ショーツを購入する際、デザイン性や形ばかり重視していませんか?サイズが小さすぎるショーツはお尻が垂れる原因にもなるほか、通気性も悪いため蒸れやすいという特徴があります。ショーツもブラと同じようにウエスト・ヒップ・股下までしっかり採寸し、S〜Lサイズの商品から自分のサイズに最も近いものを選ぶようにしましょう。 <素材> デリケートゾーンの蒸れを防ぐにはやはり、100%天然素材のショーツが理想的です。なかでもおすすめなのはシルクのショーツ。シルクはつやつやとした滑らかな素材なので肌との摩擦も少なく、通気性も大変優れているそうです。値段は少々お高めのものが多いようですが、長持ちしやすいのでコストパフォーマンスは意外にも◎。コットンよりもシルクのショーツがおすすめです。 関連画像をもっと見る デリケートゾーンが蒸れた時に実践したい!おすすめのケア方法 デリケートゾーンが蒸れた時に実践したいおすすめのケア方法につ...more
カテゴリー:

ハチ、ゴキブリ、カメムシを撃退!ハッカ油で簡単にできる防虫&虫除け剤 - 07月10日(火)17:50 

夏が近づき、外に出る機会が多くなりましたね。 そこで気になるのが虫刺されや害虫被害です。 せっかく手入れした庭が虫にやられたり、自分が虫に刺されたりと夏の悩みは尽きません。 誰でも安心して使える防虫剤・虫除け剤は魅力的です。簡単に実践できる防虫・虫除け対策をご紹介したいと思います。 天然素材で安心!防虫・虫除けアイテム 初夏から真夏にかけて気をつけたいことは防虫と虫除けではないでしょうか。 この時期になると衣替えをする方も多いと思いますが、そこで注意したいのが虫食いです。 衣類に穴があいていたら虫が潜んでいる可能性が高いです。衣類を食べる虫は風通しが悪く湿度が高いところを好みます。 この虫は人に危害は加えませんが、衣類に穴があくことは避けたいですよね。 そこで活躍するのが防虫剤です。しかし、市販の防虫剤は匂いが独特で、含まれる成分も心配です。 化学合成物質であるナフタレン、パラジクロロベンゼンなどが配合されており、体に良いものとはいえません。 またこの時期はキャンプなどで外に出る時間が長くなるため、虫刺されも気になるシーズンです。 市販の虫除け剤には虫が嫌う化学成分が配合されています。ディートという農薬にも使われる化学物質です。 配合される濃度によって記されるパーセンテージが異なります。 ディートは、ペットや乳幼児の体には害のあるものなので気をつけなければなりません。 ここで、デ...more
カテゴリー:

【大阪】西成の廃棄物処理工場で火災、男性けが「爆発火災です。ドラム缶が燃えています」 - 07月10日(火)03:02  newsplus

大阪・西成の廃棄物処理工場で火災、男性けが 7/10(火) 2:40配信 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL7B0RJDL79PTIL065.html 火災が起きている産廃処理場=2018年7月10日午前1時36分、大阪市西成区、小林一茂撮影 10日午前0時20分ごろ、大阪市西成区津守3丁目の廃棄物処理工場「早来(はやきた)工営大阪工場」で、「爆発火災です。ドラム缶が燃えています」と従業員とみられる男性から119番通報があった。 西成署や大阪市消防局によると、工場の建物が焼け、従業員とみられる30代男性が...
»続きを読む
カテゴリー:

夏場のお昼寝にも最適!赤ちゃんの肌に優しい「天然素材タオルケット」10選 - 07月08日(日)21:30 

source:https://pixta.jp/ 赤ちゃんの柔らかいお肌を守るためにも、夜寝るときやお昼寝に綿100%のタオルケットを選ばれるママが多いことと思います。 高機能なタオルケットは汗をかいても、すぐ吸収してくれ赤ちゃんの身体を冷やすことなく体温調節してくれます。 今回は、夏場のお昼寝や出産祝いのプレゼントにも喜ばれる、赤ちゃんの肌に優しい天然素材のタオルケットのご紹介です。 ▼夏場のお昼寝グッズ 夏場のお昼寝「気がつけば赤ちゃんが汗だくになっていた」なんてことありませんか? 赤ちゃんはよく寝汗をかきます。 汗をかくことで体温調節をしている赤ちゃん達ですが、起こして着替えさせるのもかわいそう、かといってそのまま寝かせていても風邪を引いてしまいますよね。 そんな時はタオルケットがおすすめです。保温性と吸水性のバランスが取りやすくお腹を冷やさずに汗を吸収してくれます。 ▼夏場におすすめのタオルケット素材は? 素材はポリエステルなどよりも天然素材の方が赤ちゃんのお肌に負担をかけず、優しく包み込んでくれるでしょう。 ● 綿麻  綿麻 とは「綿(コットン)」と「麻(リネン)」の2つの素材を織り混ぜたものです。麻(リネン)だけですと、どうしても肌触りが硬くてゴワゴワしているので気になるのですが、綿(コットン)を織り混ぜることにより柔らかい肌触りに。吸水性がよく乾きも早く、丈夫と...more
カテゴリー:

もっと見る

「化学物質」の画像

もっと見る

「化学物質」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる