「労務管理」とは?

関連ニュース

外国人実習生に働かせるより外国人実習生で強盗団作って高級マンション襲わせたほうが効率よくね - 11月17日(土)11:01  poverty

技能実習生として茨城県行方(なめがた)市の農家で働いていた中国人女性(32)が未払いの残業代などを求めた訴訟の判決で、 水戸地裁(岡田伸太裁判長)は9日、実習先の農家に約200万円の支払いを命じた。 判決によると、女性は2013年10月~14年11月、同市の農家で大葉の収穫作業に従事していた。岡田裁判長は、 女性が夕方から夜間にしていた大葉を束ねる作業について、「(女性側に)作業時間の裁量性が乏しく、雇用契約に基づいたものと認めるのが相当」と指摘。 農家側の「(成果払いの)請負契約だった」と...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱電機、裁量労働制の“悲劇” 大手企業の働き方改革は「八方塞がり」だ - 11月16日(金)07:10 

三菱電機が裁量労働制を全廃していたことが明らかとなった。過重労働など労務管理上のトラブルが相次いだことが原因とされているが、ビジネスモデルや業務プロセスの抜本的な見直しを行わないまま、安易に裁量労働制を強化すれば、こうした事態に陥ることは目に見えている。日本では「働き方改革」が国をあげてのテーマとなっているが、見かけ上、勤務形態を変えても実態は何も変わらない。働き方改革というのは、経営の問題そのものであり、改革にはそれなりの覚悟が必要となることを認識すべきだろう。
カテゴリー:

書籍『ディズニー・USJで学んだ 現場を強くするリーダーの原理原則』が日本の人事部「HRアワード2018」で入賞! - 11月15日(木)11:50 

[株式会社 内外出版社] 2018年11月13日に表彰式が行われた日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が主催する「HRアワード2018」。この表彰制度は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、年に1回...
カテゴリー:

残酷プレミアムショー 着ぐるみスタッフ女性がTDLを提訴。つかやめちゃえばいいじゃん - 11月13日(火)21:10  news

過酷ショー「使い捨て意識では」 TDL提訴の女性が涙   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000069-asahi-soci 従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした女性2人が13日、千葉市内で記者会見をした。同社の契約社員として、着ぐるみに入ってショーなどに出演してきた2人。この日の第1回口頭弁論にあわせ、裁判に至るまでの思いを語った。  会見ではまず、過重労働を訴える女性(29)が口を開いた。女性は2015年に運営...
»続きを読む
カテゴリー:

過酷なショー「使い捨ての意識」 TDL提訴の女性が涙 - 11月13日(火)17:05 

 従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした女性2人が13日、千葉市内で記者会見をした。同社の契約社員として、着ぐるみに入ってシ…
カテゴリー:

ディズニーパワハラ 「30以上のババァは要らん」「お前、ディズニーシーに異動ね」など暴言 - 11月16日(金)09:53  news

東京ディズニーランドでパワハラ訴訟 女性に「ババアはいらねえ」 誰もが一度は行ったことがあるだろう「夢の国」。出迎えてくれるキャラクターは、つねに元気でかわいらしくて心が躍る。 だが、その着ぐるみの中に入った女性らに、パワハラと過重労働が! “夢も醒める” 実態が告発されたーー。 「30歳以上のババァはいらねーんだよ。辞めちまえ」 「俺の前に汚ねえ面見せるな」 「お前は来期、(ディズニー)シーに異動かな」 こんなパワハラ発言をする上司が職場にいたらたまったものではない。だが、開業35周年を迎...
»続きを読む
カテゴリー:

【夢と魔法の国】着ぐるみを着て過酷ショー「使い捨ての意識があるんじゃないかと」東京ディズニーランド(TDL)提訴の女性が涙★2 - 11月15日(木)20:23  newsplus

第1回口頭弁論の後、弁護団とともに記者会見するオリエンタルランドの女性社員(中央と左) 従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした女性2人が13日、千葉市内で記者会見をした。同社の契約社員として、着ぐるみに入ってショーなどに出演してきた2人。この日の第1回口頭弁論にあわせ、裁判に至るまでの思いを語った。  会見ではまず、過重労働を訴える女性(29)が口を開いた。女性は2015年に運営会社のオリエンタルランド(同市)に入...
»続きを読む
カテゴリー:

不正で得た利益より重い不利益を。インチキ社員を処罰する方法 - 11月14日(水)22:00 

過剰な接待や不正リベートは会社に大きな損害を与えます。そして、これを行った従業員は忠実義務違反や職場規律違反にあたり、企業側はその社員を処罰することができます。今回の無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では著者で社労士の飯田弘和さんが、背信行為に及んだ社員を処罰する際に必要な3つの観点を紹介しています。 御社は、不正リベートについて厳しく対処していますか? 取引先に商品代金や発注金額を水増し請求させ、水増し分を個人的に受け取るような従業員への対処について考えていきたいと思います。 取引先企業は、受注欲しさに相手先企業担当者への接待や上記のようなリベートを渡すことがあります。過剰な接待やリベート等がなければ、会社はもっと安く購入できたであろうから、上記のような水増し分は明らかに会社の損害です。ですから、従業員の忠実義務違反や職場規律違反に当たります。 会社は3つの観点から、このような従業員に対応する必要があります。 懲戒処分の検討 刑事事件としての告訴 損害賠償請求 1.懲戒処分の検討 まずは事実関係を調査する必要があります。そして、その調査結果をもとに、就業規則の懲戒事由に該当するかどうかを判断します。ですから、就業規則がなかったり、就業規則の懲戒事由の中に該当するものがなければ、懲戒処分を科すことができません。 就業規則を確認していただき...more
カテゴリー:

【夢と魔法の国】着ぐるみを着て過酷ショー「使い捨ての意識があるんじゃないかと」東京ディズニーランド(TDL)提訴の女性が涙 - 11月13日(火)19:56  newsplus

第1回口頭弁論の後、弁護団とともに記者会見するオリエンタルランドの女性社員(中央と左) 従業員の労務管理に問題があるとして、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の運営会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした女性2人が13日、千葉市内で記者会見をした。同社の契約社員として、着ぐるみに入ってショーなどに出演してきた2人。この日の第1回口頭弁論にあわせ、裁判に至るまでの思いを語った。  会見ではまず、過重労働を訴える女性(29)が口を開いた。女性は2015年に運営会社のオリエンタルランド(同市)に入...
»続きを読む
カテゴリー:

【雇用】「時給400円」技能実習生の残業代、農家に支払い命令 - 11月10日(土)16:50  bizplus

技能実習生として茨城県行方(なめがた)市の農家で働いていた中国人女性(32)が未払いの残業代などを求めた訴訟の判決で、水戸地裁(岡田伸太裁判長)は9日、実習先の農家に約200万円の支払いを命じた。 判決によると、女性は2013年10月~14年11月、同市の農家で大葉の収穫作業に従事していた。岡田裁判長は、女性が夕方から夜間にしていた大葉を束ねる作業について、「(女性側に)作業時間の裁量性が乏しく、雇用契約に基づいたものと認めるのが相当」と指摘。農家側の「(成果払いの)請負契約だった」という主張...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「労務管理」の画像

もっと見る

「労務管理」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる