「労務管理」とは?

関連ニュース

中小企業よ、もう残業時間を気にしない経営は終わったのだよ - 07月18日(水)19:43 

働き方改革関連法が成立しましたが、なかには中小企業にとって経営に直結し、会社の存続に関わってくるようなものもあります。無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では、今回の法改正のなかでも中小企業が特に注意すべき「残業時間の上限規制」について詳しく紹介しています。 御社では「残業時間の上限規制」対策、大丈夫? 働き方改革関連法が成立しました。国会では、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」に対して、「残業代ゼロ法」とか「過労死推進法」などとさんざん言われていましたが、実は、この「働き方改革関連法」の中には、もっと中小企業の経営に直結するような法改正があります。それが、「残業時間の上限規制」です。これが、来年の4月から施行されます。 労基法では、1日8時間または1週40時間を超える労働は禁止されています。しかし、会社と労働者の過半数代表者の間で36協定を結ぶことで、その協定で定めた時間までは残業させることができます。 この36協定で定めることができる上限時間が変わります。 今までは、労働省告示で1ヶ月45時間・1年360時間が上限とされていました。ただし、特別条項を結べば、実質、青天井で残業させることができました。今回の改正で、上限時間の1ヶ月45時間・1年360時間について、労働省告示から法律に格上げされました。そのため、罰則を含めた強い拘束力...more
カテゴリー:

大規模災害時の協定を締結 福島県社労士会 - 07月12日(木)10:00 

 福島県社会保険労務士会(宍戸宏行会長)と福島県社会福祉協議会(瀬谷俊雄会長)はこのほど、地震、水害、原子力災害などの大規模災害発生時に、社会保険労務士を相談員として派遣することを内容とした協定を締結した(写真)。 相談員は同県社協の依頼に応じて派遣する。派遣された社労士は、同県社協と社会福祉施設が適切な労務管理を行い、利用者の生活基盤を確保できるよう支援する。相談内容としては雇用保険・労災保険の……[続きを読む]
カテゴリー:

【今週の労務書】『企業のための副業・兼業労務ハンドブック』 - 07月14日(土)05:00 

時短勤務者の取扱い注意 副業・兼業に関して、生じ得る労務管理上のリスクを洗い出し、予防・対応策をQ&A方式で示している。 たとえば「育児のための短時間勤務措置としている社員を副業不許可とできるか」との問いには、「それを理由に認めないのは不利益取扱いになる可能性がある」と指摘。一律で認めないとする対応は避けるべきとした。育児中の短時間勤務労働者から副業の申請が提出された際は、内容・時間帯・勤……[続きを読む]
カテゴリー:

「労務管理」の画像

もっと見る

「労務管理」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる