「労働者」とは?

関連ニュース

中小企業よ、もう残業時間を気にしない経営は終わったのだよ - 07月18日(水)19:43 

働き方改革関連法が成立しましたが、なかには中小企業にとって経営に直結し、会社の存続に関わってくるようなものもあります。無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では、今回の法改正のなかでも中小企業が特に注意すべき「残業時間の上限規制」について詳しく紹介しています。 御社では「残業時間の上限規制」対策、大丈夫? 働き方改革関連法が成立しました。国会では、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」に対して、「残業代ゼロ法」とか「過労死推進法」などとさんざん言われていましたが、実は、この「働き方改革関連法」の中には、もっと中小企業の経営に直結するような法改正があります。それが、「残業時間の上限規制」です。これが、来年の4月から施行されます。 労基法では、1日8時間または1週40時間を超える労働は禁止されています。しかし、会社と労働者の過半数代表者の間で36協定を結ぶことで、その協定で定めた時間までは残業させることができます。 この36協定で定めることができる上限時間が変わります。 今までは、労働省告示で1ヶ月45時間・1年360時間が上限とされていました。ただし、特別条項を結べば、実質、青天井で残業させることができました。今回の改正で、上限時間の1ヶ月45時間・1年360時間について、労働省告示から法律に格上げされました。そのため、罰則を含めた強い拘束力...more
カテゴリー:

【雇用】ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ★3 - 07月18日(水)15:59  newsplus

2018年07月16日 06時00分 西日本新聞  改正労働者派遣法の施行から9月30日で3年を迎えるのを前に、ベテランの派遣社員を中心に「雇い止め」に遭うケースが相次いでいる。改正法では、同じ職場で働くのは最長3年で、超える場合は派遣元が派遣先に直接雇用を依頼する-などの雇用安定措置が義務化された。その義務が発生する前に契約を解除すれば、企業側は高待遇の正社員などに登用しなくて済む。労働者側からは「法の趣旨に反する派遣切りだ」と批判が出ている。  大分県内の製造会社に勤めていた40代のAさんは、専門書類...
»続きを読む
カテゴリー:

【雇用】ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ★2 - 07月18日(水)14:02  newsplus

2018年07月16日 06時00分 西日本新聞  改正労働者派遣法の施行から9月30日で3年を迎えるのを前に、ベテランの派遣社員を中心に「雇い止め」に遭うケースが相次いでいる。改正法では、同じ職場で働くのは最長3年で、超える場合は派遣元が派遣先に直接雇用を依頼する-などの雇用安定措置が義務化された。その義務が発生する前に契約を解除すれば、企業側は高待遇の正社員などに登用しなくて済む。労働者側からは「法の趣旨に反する派遣切りだ」と批判が出ている。  大分県内の製造会社に勤めていた40代のAさんは、専門書類...
»続きを読む
カテゴリー:

ベルトコンベヤーを停止させず巻き込まれ労災 製造業者を送検 佐賀労基署 - 07月18日(水)10:00 

 佐賀労働基準監督署は、機械を停止させずに労働者に土の除去作業を行わせたとして、製造業の一産業(=はじめさんぎょう、佐賀県佐賀市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で佐賀地検に書類送検した。平成30年3月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労働者はベルトコンベヤーに付着した土をスコップで除去する作業に従事していた際、ローラーに身体を巻き……[続きを読む]
カテゴリー:

アマゾンの「プライムデー」が、従業員ストライキや不買運動に見舞われた本当の理由 - 07月18日(水)08:00 

アマゾンの年に一度の大きなセールである「プライムデー」に合わせて、欧州の一部の国で従業員が賃金カットの撤回や労働環境の改善を訴えてストライキを実施した。この動きは消費者に飛び火し、アマゾン傘下企業のサーヴィスをボイコットする動きにまで発展した。強硬手段に出た労働者側の言い分とは?
カテゴリー:

【雇用】ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ★4 - 07月18日(水)18:36  newsplus

2018年07月16日 06時00分 西日本新聞  改正労働者派遣法の施行から9月30日で3年を迎えるのを前に、ベテランの派遣社員を中心に「雇い止め」に遭うケースが相次いでいる。改正法では、同じ職場で働くのは最長3年で、超える場合は派遣元が派遣先に直接雇用を依頼する-などの雇用安定措置が義務化された。その義務が発生する前に契約を解除すれば、企業側は高待遇の正社員などに登用しなくて済む。労働者側からは「法の趣旨に反する派遣切りだ」と批判が出ている。  大分県内の製造会社に勤めていた40代のAさんは、専門書類...
»続きを読む
カテゴリー:

TOGA PULLA (トーガ プルラ) × Barbour (バブアー)、異色のコラボレーション第2弾が発売 - 07月18日(水)15:00 

TOGA PULLA (トーガ プルラ) が英国王室御用達のアウトドアブランド Barbour (バブアー) とのコラボ第二弾を発表した。 Barbour は、北海の不順な天候下で働く港湾労働者のために防水性に優れたワッ […]
カテゴリー:

【雇用】ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ - 07月18日(水)11:06  newsplus

2018年07月16日 06時00分 西日本新聞  改正労働者派遣法の施行から9月30日で3年を迎えるのを前に、ベテランの派遣社員を中心に「雇い止め」に遭うケースが相次いでいる。改正法では、同じ職場で働くのは最長3年で、超える場合は派遣元が派遣先に直接雇用を依頼する-などの雇用安定措置が義務化された。その義務が発生する前に契約を解除すれば、企業側は高待遇の正社員などに登用しなくて済む。労働者側からは「法の趣旨に反する派遣切りだ」と批判が出ている。  大分県内の製造会社に勤めていた40代のAさんは、専門書類...
»続きを読む
カテゴリー:

窓掃除中に墜落 清掃業者を書類送検 諫早労基署 - 07月18日(水)10:00 

 長崎・諫早労働基準監督署は、労働者に高所作業を行わせる際の安全対策を怠ったとして、清掃業の㈲フジセス(長崎県長崎市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長崎地検に書類送検した。平成29年12月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労働者は諫早市内の老人保健施設において2階の窓の外側を清掃していた際、窓のさんから地上へ6.5メートル墜落し……[続きを読む]
カテゴリー:

15カ月にわたり搾取 保険会社代表を送検 新宮労基署 - 07月18日(水)05:00 

 和歌山・新宮労働基準監督署(森美大署長)は15カ月にわたり労働者1人の賃金の一部を搾取したとして、南紀保険グループの代表を労働基準法第6条(中間搾取の排除)違反の疑いで和歌山地検新宮支部に書類送検した。搾取した賃金は計94万1871円に上る。同グループは保険の代理店を運営しているが、搾取は同代表が個人で行ったものであり、法人は送検対象となっていない。 労働者は同代表の紹介で岐阜県の建設会社に就職……[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「労働者」の画像

もっと見る

「労働者」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる