「労働組合」とは?

関連ニュース

県政与党 翁長氏の後継選び開始 知事選候補を各団体から推薦 - 08月17日(金)12:21 

 9月30日投開票の沖縄県知事選に向け、県政与党による候補者選考の絞り込み作業が17日、始まった。同日午前、政党や労働組合、企業で構成する調整会議が那覇市の自治労県本部であり、各団体が推薦する候補者を挙げた。    調整会議では候補者の選考基準として、今月8日に死去した翁長雄志知事の遺志を継ぎ、米...
カテゴリー:

韓国・釜山の日本総領事館付近で集会 徴用工像の設置訴え  - 08月15日(水)16:21 

【釜山聯合ニュース】韓国で光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)を迎えた15日、南部・釜山市東区の日本総領事館付近で全国民主労働組合総連盟(民主労総)の組合員や市民団体メンバーら500人余りが集会を開き、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像(徴用工像)の同総領事館前への設置などを訴えた。
カテゴリー:

翁長さん告別式 信念の人に惜別 涙雨 参列者ぬらす 稲嶺元知事、県民団結訴え - 08月14日(火)05:00 

 13日に行われた県知事の翁長雄志さんの葬儀・告別式は県内外から4500人余が参列した。政治や経済、市民団体、労働組合、米軍関係者ら多様な立場の人々が訪れた。予定していた午後4時半を過ぎても参列者の列が途切れず、約30分延長して対応した。病と闘いながらも、最後まで米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に...
カテゴリー:

今日の歴史(8月12日) - 08月12日(日)00:00 

1919年:第3代朝鮮総督に斎藤実が就任 1949年:戦争捕虜・戦時民間人に対する待遇などを定めたジュネーブ条約に調印 1957年:韓日会談を再開 1965年:民衆党所属の国会議員61人が韓日協定調印に反対し辞任届提出 1971年:大韓赤十字社が北朝鮮赤十字に南北離散家族を探すための会談を提案 1993年:金泳三(キム・ヨンサム)大統領が金融実名制実施を宣言 1999年:労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)のサッカー選手団が北朝鮮の朝鮮職業総同盟所属選手団と平壌で史上初のサッ
カテゴリー:

UAゼンセン:顧客迷惑行為対策求め、厚労相に署名提出 - 08月11日(土)18:07 

 流通やサービス業などの労働組合で構成する産別労組「UAゼンセン」(松浦昭彦会長)は10日、顧客からの悪質クレーム、迷惑行為の対策を講じるよう求める約176万筆の署名を加藤勝信厚生労働相に提出した。加藤厚労相は「実態把握のための調査を進める」と応じたという。
カテゴリー:

<終戦記念日>戦争反対を訴え立川談四楼さん講演 - 08月16日(木)11:00 

市民団体や労働組合などでつくる「平和・民主・革新の日本をめざす宮城の会」(宮城革新懇)は15日、仙台市青葉区のエル・パーク仙台で、「ふたたび戦争を繰り返させない集い」を開いた。 落語家の立川談四楼さん
カテゴリー:

翁長氏後継選び開始 県政与党 次回会合で絞り込み - 08月15日(水)10:37 

 9月30日投開票の沖縄県知事選に向け、県政与党や労働組合、企業などでつくる調整会議は14日、那覇市の自治労県本部で会合を開き、県知事在任中に死去した翁長雄志氏の後継者となる候補者の選定に向けた議論を開始した。候補者については、翁長氏の遺志を受け継ぎ、米軍普天間飛行場の県内移設断念を求めた「建白...
カテゴリー:

【追悼】心つかむ言葉 次々と キャッチフレーズは自ら考えた翁長雄志さん 「中学生になったら那覇市長目指す」と小学生で宣言 - 08月12日(日)19:01  newsplus

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-780819.html 心つかむ言葉 次々と キャッチフレーズは自ら考えた翁長雄志さん 「中学生になったら那覇市長目指す」と小学生で宣言 2018年08月12日 12:10  1962年末、大道小学校6年で生徒会長だった翁長雄志さんは、クラスメートの前でこう宣言した。「中学生になったら那覇市長を目指します」。中学校に入った後の目標を語る場で、政治家になるという将来の夢を打ち上げた。  父の助静さん、兄の助裕さんも政治家で、立法院や県議選、那覇市長選挙などに出馬した政治家一家。幼い頃...
»続きを読む
カテゴリー:

社労士、正論「1分単位で残業代を払うのならトイレに行ったら減給すべき。」 - 08月11日(土)22:31  poverty

コンビニエンスストアの「サンクス」でアルバイトとして働く埼玉県の高校3年生の男子 生徒が、労働組合を通じて、店の運営会社と「賃金支払いは1分単位」とすることを柱と する労働協約を結んだことが、ニュースで取り上げられていた。 ■悪質な労基法違反は改めさせて当然 報道によると、当該コンビニエンスストアでは、職務に不可欠なユニフォームへの着替え の時間を労働時間に組み込んでいなかったり、15分未満の早出や残業を意図的に 切り捨てるような形でタイムカードを切らせたりしていたようである。 このような労務...
»続きを読む
カテゴリー:

サントリーグループ企業「会社が提示した大幅減額残業代に合意するまでは残業代を一切支払いません!」 - 08月11日(土)16:04  news

サントリーグループで四度目の是正勧告 「残業代の減額に合意しないと支払わない」は合法か? 今野晴貴 | NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。 8/10(金) 12:00  7月26日、サントリーグループの自動販売機オペレーター大手・ジャパンビバレッジ社に対して、労働基準監督署が四度目の是正勧告を出した。 一つの企業が労働基準監督署から四度の是正勧告を受けるのは異例のことである。  同社は、昨年12月に違法な長時間労働(労基法32条違反)を、今年4月には残業代不払い(同法37条違反)を指摘され、是正勧告を受け...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「労働組合」の画像

もっと見る

「労働組合」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる