「労働時間」とは?

関連ニュース

厚労省:不適切データ問題、政治家の指示なしと結論 - 07月19日(木)02:00 

 厚生労働省の労働時間調査で不適切なデータが多数見つかった問題で、同省の監察チームがまとめた報告書案の概要が関係者への取材で判明した。「裁量労働制の方が働く時間が短い」とする誤った資料の作成は担当職員の確認不足が原因とする内容。政務三役など政治家からの指示はなかったとした。同省は監督責任を問い、労働
カテゴリー:

働き方改革への意識や企業の取り組み状況は? 会社員1,000名に調査(マクロミル調べ) - 07月18日(水)13:00 

マクロミルは「働き方改革」をテーマとした調査結果を発表した。内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置されてから約2年で、企業の働き方改革はどの程度進んだのだろうか?全国の20~59歳の会社員(民間企業に勤める、役職者を除く正社員)1,000名に、勤め先における働き方改革の取り組み状況や、現在の意識を調査した。【1】 勤め先が、働き方改革に「取り組んでいる」3割。 “取り組んでいる”とは回答できない人が6割 民間企業に勤める正社員(一般社員)1,000名に対して、勤め先が「働き方改革」に取り組んでいるかを尋ねたところ、「取り組んでいる」と回答した人は37%だった。一方、「取り組んでいない」は5ポイント高い42%で、取り組んでいるかどうか「わからない」という人も21%存在した。”勤め先が、働き方改革に取り組んでいる”とは回答できない人が63%という結果だ。【2】 働き方改革の取り組み内容、 「有給休暇取得の推進」「長時間労働の見直し」など、 “労働時間”に関するものが上位に どのような働き方改革の取り組みが実施されているのか、14個の取り組みを選択肢に挙げ、再度全体に対して実施状況を尋ねた。 実施されている取り組みの上位2つは、「有給休暇取得の推進」36%、「長時間労働の見直し」31%となっており、従業員の“労働時間”に関する取り組みを進める民間企業が多いようです。 3番目、 4番目に...more
カテゴリー:

パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は「働き方改革研究センター調査2018」レポートの第二弾を会員限定で公開 - 07月17日(火)20:52 

■AI・RPAの導入で労働時間が減少する人とそうでない人の違いを分析 パイプドHD(東1)のグループ会社、パイプドビッツ内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、全国2.4万人規模の「働き方改革研究センター調査2018」レポートの第二弾を本日7月17日に会員限定で公開した。
カテゴリー:

【働き方改革】「労働生産性」の意味を説明できる人は8.2% - 07月17日(火)16:45  bizplus

ジャストシステムは7月17日、「働き方改革に関する実態調査(イマドキの働き方編)」の結果を発表した。調査は6月20日~23日、20歳~65歳1,000人を対象にインターネットで行われた。 仕事をするうえでどちらが重要か聞くと、「環境や制度の整備といった働きやすさ」(35.8%)よりも「給与」(54.9%)が多く選ばれた。 「給与」よりも「環境や制度の整備といった働きやすさ」を重視すると答えた人に、働きやすい環境として必要なことを一つだけ挙げてもらったところ、「堅苦しくなく、発言しやすい環境(風通しのよさ)」(28.7%)が最も多いと...
»続きを読む
カテゴリー:

取り組みは様々 企業に本当に求められる「働き方改革」は? - 07月15日(日)18:37 

6月29日に「働き方改革」関連法が参院本会議で可決、成立したことで、来年4月以降、企業は労働時間の見直しや非正社員の待遇改善など、対応を余儀なくされることとなった。
カテゴリー:

「食料品業界の働きやすい企業ランキング」発表! “1日7時間勤務”で知られる味の素が1位に - 07月18日(水)15:00 

[株式会社グローバルウェイ] 本ランキングは、「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い食料品業界に属する企業をまとめたものです。 【...
カテゴリー:

AIを導入・活用して労働時間が減少した人は約1割、その原因は? - 07月18日(水)10:50 

パイプドビッツは7月17日、パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」が、全国2万4000人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果の第2弾を会員限定で公開した(レポート会員は無料登録可能)。
カテゴリー:

【働き方改革】副業する人の労働時間、見直しを議論 厚労省 - 07月17日(火)20:02  bizplus

厚生労働省の有識者検討会は17日、副業をする人の労働時間の管理の見直しについて議論を始めた。現行法の規定では合算している、複数の企業で働く人の労働時間を別々の管理にするかが焦点になる。長時間労働を招く可能性もあるため、同省は有識者の意見を踏まえて慎重に検討する。 現行の労働基準法では事業所が異なっても、労働時間は通算するとの規定がある。ある人が1日の所定労働時間が5時間のA社と、同4時間のB社で働くと、B社で法定労働時間(1日8時間)を超える。このためB社は1時間分の割増賃金を支払わねばならない。 これ...
»続きを読む
カテゴリー:

カオナビ 業務時間外で自己実現支援 労働時間を自ら調整 - 07月17日(火)06:01 

業務時間以外での自己実現を支援しようと、クラウドを使った人材プラットフォームサービスを運営するカオナビ(東京都港区)は、労働時間を社員自ら調整できる「プラスマイ…
カテゴリー:

ちゃんと「休ませろ」! 勤務間インターバルは短くなるばかり - 07月14日(土)16:16 

総務省の「わが国における勤務間インターバルの状況」によると、2016年のホワイトカラーの勤務間インターバルは、「14時間以上~15時間未満」の人が最も多い21.7%だった。2018年7月10日の発表。「勤務間インターバル」は、勤務終了後に一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く人の生活時間や睡眠時間を確保する仕組み。職場では休息期間を設けたうえで、始業時間を遅らせることができる。この調査で、短時間のインターバルが増加傾向にあることがわかり、長時間労働の実態を裏付けた。 教員の4人に1人が「11時間未満」 ホワイトカラーの労働者について、2016年の勤務間インターバルの状況をみると、「14時間以上15時間未満」の人が最も多く21.7%。前回調査の2011年と比べて2.2ポイント減少した。次いで「15時間以上16時間未満」の18.3%(0.9ポイント減)、「13時間以上14時間未満」の17.7% (0.9ポイント増)となっており、勤務間インターバルが「13時間以上16時間未満」の人が57.7%(2.2ポイント減)となった。 一方、短時間の勤務間インターバルもみられ、「11時間未満」の人は10.4%で、5年前から0.4ポイント増えた。 男女別にみると、男性は「14時間以上15時間未満」の人が最多。次いで「13時間以上14時間未満」、「12時間以上13時間未満」の順。「11時間未満」...more
カテゴリー:

もっと見る

「労働時間」の画像

もっと見る

「労働時間」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる