「労働力調査」とは?

関連ニュース

【外国人労働者】農業の外国人依存度 1位「茨城県」 2位「長野県」 3位「群馬県」 20代は半数 中国人やインドネシア人を中心に - 08月09日(木)18:03  newsplus

茨城県では中国人やインドネシア人の技能実習生が多く働いている  平均年齢は66歳、就業者数は10年で4割減――。日本の農業の実情だ。深刻な人手不足が解消できない中、外国人が強力な「助っ人」になっている。厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況」によると、農業・林業で働く外国人労働者は約2万7千人(2017年)。総務省の労働力調査と合わせて集計すると、全就業者数に占める外国人の割合(外国人依存度)は「74人に1人」で、09年の「266人に1人」と比べ、伸び率は3.6倍になった。  都道府県ごとに業種別の外国人割合が...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「あえて非正規」4割増 待遇改善・自由さ重視 - 08月07日(火)23:40  newsplus

働く時間や場所の自由度を求めて非正規雇用を選ぶ人が増えている。 総務省によると、4~6月時点で「都合のよい時間に働きたいから」非正規で働く人は592万人で、5年前から44%増えた。 人手不足を受け、賃金が上昇したり厚生年金に加入できたりと待遇改善が進んだことが大きい。 企業は働き方改革を急ぐが、多様な働き方の実現にはなお課題が残る。  総務省が7日発表した4~6月の労働力調査(詳細集計)によると、パートやアルバイト、派遣社員といった非正規雇用は前年同期より4%多い2095万人だった。 非正規で働く理由...
»続きを読む
カテゴリー:

「労働力調査」の画像

もっと見る

「労働力調査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる