「剤取締法違反」とは?

関連ニュース

【福岡県警】覚醒剤100キロを密輸した疑いで日本人3人と中国人4人を覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕 末端価格60億円相当 - 06月20日(水)08:00  newsplus

朝日新聞デジタル  密輸された覚醒剤約100キロ(末端価格60億円)が押収された事件で、福岡県警などは19日、無職の山口和己容疑者(47)=佐賀市高木瀬東2丁目=ら日本人3人と中国人4人を、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで再逮捕したと発表した。県警は7人の認否を明らかにしていない。  薬物銃器対策課などによると、山口容疑者らは5月7日、大阪市の大阪港で、船に積んだコンテナ内の木製品の中に隠した覚醒剤約100キロを陸揚げし、密輸した疑いがある。船は香港籍のコンテナ船(5万5千トン)で、...
»続きを読む
カテゴリー:

覚せい剤100キロ密輸か=中国人ら7人送検-福岡県警 - 06月19日(火)18:49 

 覚せい剤約100キロを密輸入したとして、福岡県警は19日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、無職山口和己(47)=佐賀市高木瀬東=、中国籍の自称溶接工陳景邦(31)=住所不詳=両容疑者ら7人を送検した。県警は全員の認否を明らかにしていない。 送検容疑は、中国で覚せい剤約100キロ(末端価格約60億円)を隠したコンテナを船に積み、5月7日、大阪港に陸揚げして密輸した疑い。 7人は大阪港に陸揚げ後、県警などがすり替えた覚せい剤の代替品を所持していたとして、5月27日に麻薬特例法違反などの疑いで逮捕され、今月17日に再逮捕されていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

坂口杏里のストリップ降板が波紋「もう後がない」と心配の声 - 06月17日(日)21:34 

「ドタキャンドタキャンって ドタキャンされたのはこっちなんだけどね。時間、労力全部返してほしい。枯れるほど泣いたわ」   Instagramに6月15日、こう投稿したのは坂口杏里ことANRI(27)だ。ANRIは16日からストリップ公演をする予定だったが、直前に会場である浅草ロック座が“降板”を発表。その理由について「諸事情により出演を見送る事になりました」としている。   しかしANRIは、上記のようにコメント。さらに「練習風景をムービーで撮って、じゃあこれ撮ったからあとは家で練習?」「ストリップ以前に踊ることも初心者の人間に色々無茶言わないで欲しい」と練習指導についての不満を述べ、こう続ける。   「こっちはプロじゃないし、きっちりちゃんと教えて、練習もできるまでやってほしかった。たかが5.6回の練習でやりきれってゆう方がどーかしてるわ。踊り子のプロと一緒にしないでください」   ネットではANRIの啖呵の切り方に、戸惑いの声が上がっている。   《先ず自分が「プロじゃない」「初心者」という認識でステージに上がろうとしているのがそもそも違うんじゃないかな》 《誰か隣にいてあげてほしい。話を聞いたり、学び方を教えてあげたり。何より、1人で解決することが難しいと、本人も気づくべきだと思う》   AN...more
カテゴリー:

【広島地裁】「公妨とるぞ」 広島県警の職務質問「度を超え違法」 地裁が批判 覚醒剤陽性反応の尿、証拠採用せず 無罪に★2 - 06月17日(日)07:55  newsplus

 広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出ていた尿の鑑定結果は「違法収集証拠」として証拠採用しなかった。  判決によると、男性は2016年12月、広島市内で複数の警察官から職務質問を受けて逃走。警察官は両肩をつかんで押さえつけるなどし、約4時間後に令状を執行し、採尿した。  判決は警察官の行為について、任意の職務質問の「限度を超えて違法」...
»続きを読む
カテゴリー:

広島県警の職務質問「度を超え違法」 地裁が批判 - 06月16日(土)00:41 

 広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出て…
カテゴリー:

覚醒剤100キロを密輸した疑い 末端価格60億円相当 - 06月19日(火)19:30 

 密輸された覚醒剤約100キロ(末端価格60億円)が押収された事件で、福岡県警などは19日、無職の山口和己容疑者(47)=佐賀市高木瀬東2丁目=ら日本人3人と中国人4人を、覚醒剤取締法違反(営利目的輸…
カテゴリー:

「刑事免責」証人が証言=覚せい剤事件の公判-東京地裁 - 06月19日(火)15:40 

 刑事裁判で不利な証拠として扱わない約束をして証言を強制する「刑事免責」制度が適用された証人尋問が19日、東京地裁で開かれた覚せい剤密輸事件の裁判員裁判であった。適用は全国初とみられる。 証人尋問があったのは、国際郵便で覚せい剤を密輸入したとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた中国籍の林伯珠被告(22)の公判。刑事免責制度は共犯とされた陳豪超被告(24)=同法違反罪などで起訴=に適用された。 尋問に先立ち、家令和典裁判長は「証言は証人自身の公判で不利益な証拠にはならない」「有罪判決を受ける可能性がある場合も拒めない」などと説明。陳被告は「分かりました」と返事をした。 尋問で陳被告は、林被告からの指示をまとめたとみられるメモについての検察官の質問に対し、何度も「覚えていない」と証言。「ここに林被告がいるのと関係しているのか」と詰問されたが、「違います」と反論し、弁護側は「質問が重複している」などと異議申し立てを繰り返した。判決は22日の予定。 【時事通信社】
カテゴリー:

【広島地裁】「公妨とるぞ」 広島県警の職務質問「度を超え違法」 地裁が批判 覚醒剤陽性反応の尿、証拠採用せず 無罪に★3 - 06月17日(日)18:03  newsplus

 広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出ていた尿の鑑定結果は「違法収集証拠」として証拠採用しなかった。  判決によると、男性は2016年12月、広島市内で複数の警察官から職務質問を受けて逃走。警察官は両肩をつかんで押さえつけるなどし、約4時間後に令状を執行し、採尿した。  判決は警察官の行為について、任意の職務質問の「限度を超えて違法」...
»続きを読む
カテゴリー:

【広島地裁】「公妨とるぞ」 広島県警の職務質問「度を超え違法」 地裁が批判 覚醒剤陽性反応の尿、証拠採用せず 無罪に - 06月16日(土)21:30  newsplus

 広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出ていた尿の鑑定結果は「違法収集証拠」として証拠採用しなかった。  判決によると、男性は2016年12月、広島市内で複数の警察官から職務質問を受けて逃走。警察官は両肩をつかんで押さえつけるなどし、約4時間後に令状を執行し、採尿した。  判決は警察官の行為について、任意の職務質問の「限度を超えて違法」...
»続きを読む
カテゴリー:

覚醒剤使用、広島の男性に無罪 捜査過程の違法性認定 - 06月15日(金)11:45 

覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた広島市の男性(51)に、広島地裁が、職務質問時の警察官の行為を違法と認定し...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「剤取締法違反」の画像

もっと見る

「剤取締法違反」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる