「前期比」とは?

関連ニュース

日本原電、30年3月期は増収増益 電力大手からの基本料金が支え - 05月24日(木)22:01 

 日本原子力発電が24日発表した平成30年3月期連結決算は、売上高が前期比4.3%増の1147億円、経常利益が58.2%増の76億円で増収増益だった。最終損益は26億円の黒字で、前期の64億円の赤字から、2年ぶりに黒字転換した。
カテゴリー:

企業決算:ソラシドエア 売上高、利益ともに過去最高 - 05月24日(木)20:24 

 ソラシドエア(宮崎市)が24日発表した2018年3月期単独決算は、売上高が前期比3.1%増の393億6900万円で過去最高を更新した。経常利益は5.7%増の36億2500万円で4期連続の増益。最終(当期)利益は4.8%増の24億8900万円で2期連続の増益だった。経常、最終利益も過去最高だった。
カテゴリー:

第1四半期シンガポールGDPは上方改定、18年予測も引き上げ - 05月24日(木)10:59 

[シンガポール 24日 ロイター] - シンガポール通産省が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は季節調整済みで前期比年率1.7%増だった。先月発表された速報値(1.4%増)から上方改定となった。
カテゴリー:

スバルはどうして苦境から抜け出せないのか 米国で新型車続々投入でも先行きは「茨の道」 | 経営 | 東洋経済オンライン - 05月23日(水)07:00 

SUBARUに元気がない。5月11日に発表された2019年3月期の業績予想は、売上高は前期比4.6%減の3兆2500億円…
カテゴリー:

フォーバル 18/3期の期末配当は前期比2円増配の21円 - 05月22日(火)16:04 

フォーバル<8275>は18日、2018年3月期の期末配当について発表した。
カテゴリー:

商工中金、不祥事でも最高益 貸し倒れ引当金戻り益発生 - 05月24日(木)21:38 

 政府系金融機関の商工中金が24日発表した平成30年3月期連結決算は、最終利益が前期比で15.0%増の373億円となり最高益を2期連続で更新した。景気回復で貸出先企業の業績が好調に推移し貸し倒れ引当金の戻り益が発生。不正融資関連で生じた85億5300万円の損失を穴埋めした。
カテゴリー:

電力:日本原電 販売電力ゼロで黒字 大手5社が基本料 - 05月24日(木)19:28 

 原発専業の日本原子力発電が24日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比4.3%増の1147億円、経常利益が58.2%増の76億円の増収増益だった。原発停止で発電できない状態が続き電力販売はなかったが、関西電力など大手5社からもらえる基本料金が収益を支えた。
カテゴリー:

「アメリ・ヴィンテージ」が好調、今期18億円に - 05月24日(木)09:00 

ビーストーン(東京)のEC発レディスブランド「アメリ・ヴィンテージ」の人気が急上昇中だ。服を見る目の肥えた30代を取り込み、今春物の販売が大きく伸びた。18年7月期売上高は約18億円、前期比倍増で着地しそうだ。 同ブランドは、ベーシックなデザインに一ひねり加えたおしゃれ感と品質で、多彩なファッション...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

森ビル18年3月期、減収増益 - 05月23日(水)05:35 

 森ビルが22日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比3.4%減の2497億円、本業のもうけを示す営業利益が7.2%増の631億円、最終利益が46.3%増の402億円で減収増益だった。オフィスビルなどの賃貸事業が好調だったほか、訪日外国人旅行者の増加などでホテル稼働率が上昇した。事業別の売上高は、賃貸事業が1.5%増の1552億円で大型商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」開業が寄与したほかオフィスビルの賃料値上げが進んだ。ホテル事業を含む施設営業は3.9%増の293億円で、住宅などの分譲事業と海外事業は減収。
カテゴリー:

東京圏の物流施設/需要活発ながら内陸エリアで空室率アップ - 05月22日(火)13:30 

ジョーンズラングラサール(JLL)は5月22日、「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第1四半期」を発表した。 東京のロジスティクス(物流)市場では、東京圏の空室率は5.3%、 前期比1.2ポイント上昇、前年比 […]
カテゴリー:

もっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる