「前年同期」とは?

関連ニュース

【企業】三菱電機、4~9月期営業益は1500億円過去最高水準 - 06月20日(水)07:37  newsplus

2018年6月20日 2:00 [有料会員限定] 三菱電機の2018年4~9月期の連結営業利益(国際会計基準)は1500億円程度になりそうだ。前年同期(1492億円)が米国会計基準のため単純比較できないが、4~9月期として17年に続き過去最高水準になりそうだ。あらゆるモノがネットにつながるIoT市場の拡大で工場の自動化に使う制御機器が好調。為替が想定より円安・ドル高で推移していることも追い風となる。 同社は4~9月期の業績見通しを公表していない http://r.nikkei.com/article/DGXMZO31976580Z10C18A6DTA000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

W杯に端午節 買い物イベント「6・18」が記録更新 - 06月19日(火)16:59 

わずか60秒で、小米の携帯電話数万台が売り切れた。お掃除ロボットの売り上げが前年同期の1092倍増加した。ECプラットフォームが端午節(端午の節句、今年は6月18日)にちなんで打ち出したショッピングイベント「6・18年中ショッピング節」では、このような華々しい成果が相次いで伝えられた。 ...
カテゴリー:

ターキッシュエアラインズ/5月の貨物・郵便物取扱量は22%増加 - 06月19日(火)11:20 

ターキッシュエアラインズは6月19日、5月の貨物・郵便物取扱量は前年同期比22%増加したと発表した。 5月の貨物・郵便物輸送量は2桁成長を続け、前年同期から22%の増加となった。 増加は主にトルコ国内線の35%増、中東の […]
カテゴリー:

【中国経済】5月の工業生産や投資が伸び悩む 減速の兆しか [たま] - 06月17日(日)16:08  newsplus

2018年6月14日 11:13 JST 更新日時 2018年6月14日 12:45 JST https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-14/PAAJJ06K50XS01 中国経済は5月に減速の兆しを示した。工業生産の伸びは予想外に鈍化し、小売売上高と固定資産投資も振るわなかった。  国家統計局が14日発表した5月の工業生産は前年同月比6.8%増。ブルームバーグがまとめた市場予想は7.0%増、4月も7.0%増だった。  5月の小売売上高は前年同月比8.5%増加。市場予想は9.6%増。一方、1-5月の都市部固定資産投資は前年同期比6.1%増で、予想は7.0%増...
»続きを読む
カテゴリー:

プルームテック200万台突破 だがしかし紙巻たばこは14%減 普通のタバコが一番美味いのにな - 06月16日(土)23:38  news

加熱式たばこ競争激化!プルーム・テック累計200万台超も5月紙巻タバコ2ケタ減 5月の紙巻きたばこの販売数量 2018年6月15日にJTが開示した5月の国内紙巻たばこの販売数量は、2018年5月単月の対前年同月比は▲13%減となりました。 販売数量は71億本です。また、国内紙巻たばこの売上収益は428億円で同12%減という着地となりました。 また、2018年1月から5月までの累計では、紙巻たばこの販売数量は334億本で対前年同期比で▲14%減、国内紙巻たばこ 売上収益は1994億円で同14%減となっています。 5月単月及び5か月累計で対...
»続きを読む
カテゴリー:

難民申請が急増 3年以内に累計12万人超の見通し=韓国 - 06月19日(火)21:43 

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部が19日までにまとめた統計によると、今年1~5月に韓国で難民認定申請を行った外国人は7737人で、前年同期比132%増加した。
カテゴリー:

【IT】メルカリ初値5000円 買い殺到、公開価格67%上回る - 06月19日(火)11:36  bizplus

フリマアプリのメルカリが19日、東証マザーズ市場に新規上場した。高い成長性に期待した個人投資家の資金が流入し、午前11時過ぎに5000円の初値をつけた。公募・売り出し価格(公開価格、3000円)を2000円(67%)上回った。国内フリマ市場での高いシェアに加え、米国を中心とする海外展開への期待が高まっている。 取引開始から売り注文を大きく上回る額の買い注文が入った。初値で換算した時価総額は約6700億円。携帯ゲームのミクシィ株(約2350億円)を抜き、東証マザーズ市場で首位となった。 メルカリが上場前に実施した公募・...
»続きを読む
カテゴリー:

ホーチミン:住宅販売戸数が大幅減、41人死傷のマンション火災で - 06月18日(月)05:19 

 2018年1-5月期におけるホーチミン市の新規住宅販売戸数が、前年同期比で大幅に減少したことがホーチミン市不動産協会(HoREA)の報告で明らかにな...
カテゴリー:

【サッカー】W杯ロシア大会 商戦も白熱 大型テレビ3割増 「情熱」赤スパイク - 06月17日(日)14:54  mnewsplus

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に合わせ、テレビやビールなどの国内商戦が活発化している。小売店やメーカーは、日本代表を応援する消費者の需要を取り込み、売り上げ拡大につなげる絶好の機会と捉えている。  ビックカメラ有楽町店(東京)は、W杯を盛り上げて客を呼び込もうと、大型テレビの販売を強化している。W杯や五輪といったスポーツの大きな催しがあるとテレビや録画機器の買い替えが進む。広報担当者は「大型テレビの5~6月の販売額は前年同期に比べ3割増えている」と説明 https://mainichi.jp/article...
»続きを読む
カテゴリー:

「酒」倒産が増えている 「小規模店舗守るため」の酒税法改正が裏目? - 06月16日(土)15:00 

「改正酒税法」の施行(2017年6月1日)から1年が経過したが、酒類販売業者の経営状況は悪化しているようだ。帝国データバンクが「酒類販売業者の倒産動向調査」を2018年6月8日に発表。直近1 年の増加傾向が顕著という。改正酒税法は、継続的に総販売原価を下回る価格で酒類を販売することやリベートの一部規制など、行き過ぎた廉価販売を規制するのが狙い。値上がり一方で、今春には各ビールメーカーが業務用を中心にビール系飲料を値上げするなど、厳しい経営環境が続いている。 値上げしづらく、居酒屋はツライよ 調査によると、酒類販売業者の2017年度の倒産件数は、前年度と比べて23.1%増の176 件と、4年ぶりに増加に転じた。 業種別にみると、「酒類卸」が前年度比50.0%増の12件、「酒類小売」は33.3%増の32件、「居酒屋」は18.9%増の132件と、いずれも前年度に比べて大幅に増えた。なかでも、「居酒屋」は東日本大震災の発生直後でピークとなった2011年度以来の水準となっている。 居酒屋や小売事業者では、改正酒税法が収益に及ぼす影響が注目されていた。施行からちょうど1年間となる2017年6月~18年5月の酒類販売業者の倒産件数は前年同期比16.7%増の182件だった(=別表参照)。 改正酒税法による規制強化で、卸売り価格が上がる一方で、「居酒屋などは、消費者の反応を考えると、大幅な値上げはし...more
カテゴリー:

もっと見る

「前年同期」の画像

もっと見る

「前年同期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる