「利便性」とは?

関連ニュース

仮想通貨取引所向けウォレットのスタンダード目指すフレセッツ、UTECとセレスから約3.5億円を調達 - 06月18日(月)16:19 

仮想通貨やブロックチェーン技術の研究開発を行うフレセッツは6月18日、UTEC(東京大学エッジキャピタル)およびセレスを引受先とした第三者割当増資により総額3億4900万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回調達した資金をもとにエンジニアの採用など組織体制を強化する方針。近日公開予定の事業者向けウォレット管理システム「Bitshield」の開発を進めるほか、マーケティング活動への投資も行う。 フレセッツは2017年8月の設立。同年9月にセレスとストーンシステムから約2300万円、2018年3月にも同じくセレスとULSグループから約3500万円を調達している。 社内に専門家がいなくても導入できるウォレット フレセッツが現在開発しているのは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向け(仮想通貨取引所向け)のウォレットだ。 「コールドウォレット(ネットワークに接続されていない環境に秘密鍵を保存したウォレット)」や「マルチシグ(送金に必要な秘密鍵を分割し複数管理することでセキュリティを高める技術)」については1月にコインチェックからNEMが流出した騒動で取り上げられたこともあり、仮想通貨を保有していない人であっても聞き覚えがあるキーワードかもしれない。 この1件の影響もあり、金融庁では仮想通貨交換業者への一斉検査を実施。複数の事業者が...more
カテゴリー:

チェジュ航空、大阪/関西の発着ターミナルを年内に移転 自動チェックイン機7台設置へ - 06月18日(月)13:38 

チェジュ航空は、年内に関西国際空港の発着ターミナルを第2ターミナルに移転することを、来日したチェジュ航空の李碩柱(イ・ソックジュ)最高経営責任者(CEO)が明らかにした。 移転に合わせ、自動チェックイン機7台を設置することで、利便性も向上させる。旅客施設使用料は移転によって、現在の大人3,040円、小人1,680円から大人・小人1,540円に引き下げられる。 7月21日には、大阪/関西〜清州・グアム線それぞれ週7便を同時就航し、大阪/関西を発着する便は週70便体制へと大幅に拡大する。運航規模の拡大に合わせて、利用コストが安い第2ターミナルへの移転により、競争力のある運賃の提供を目指す。 チェジュ航空は2006年6月に運航を開始し、2008年に初の国際線となる、清州〜広島線に就航。現在は札幌/千歳・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・松山・福岡・沖縄/那覇の7都市へ12路線を運航している。李碩柱CEOはTraicyの単独インタビューで、「旭川、広島への就航を検討したい。」と話した。(インタビューは別掲します)。
カテゴリー:

Francfrancにある「ミニ扇風機」がバカ売れ中! 「最強」「そりゃ人気出る」 - 06月18日(月)11:55 

暑い夏、外出時に団扇や扇子を持ち歩いている人もいるのでは? 100円均一ショップなどではミニタイプの扇風機も販売されていますが、今、SNS上で話題なのは、屋外でも屋内でも使える2WAYタイプの扇風機。風量も調整可能で、猛暑の熱い空気でも涼しい風を生み出してくれるんです。 アウトドアやフェスでも活躍 それがこちらの「フレ 2WAY ハンディファン」シリーズ。インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」で2018年4月27日から販売されています。 コードレスで使える充電式なので使用場所を選ばず、卓上扇風機としても携帯扇風機としても使うことができます。170gと軽量で持ち運びしやすいハンディサイズのため、アウトドアやフェスなどにももってこいです。 風量は弱から強モードまで5段階で調整でき、風力強で約2時間、弱で8時間の連続運転が可能。USB電源と充電池の2電源に対応しており、充電池使用の場合は約4時間で充電が完了します。 ホワイト、ピンク、ネイビーの3色展開で、価格が1980円(税込)とリーズナブルなのも嬉しいところ。 そうした利便性の良さと優れた機能性が支持されており、同社によれば、販売開始から1か月で累計販売数約2万5000個、計画比約1700%の売上だといいます(5月31日時点でのシリーズ合計の数字)。 SNS上でも評判がよく、 「宇...more
カテゴリー:

【企業】メルカリ19日上場 時価総額4000億円 今年最大級 - 06月18日(月)04:13  bizplus

個人間で中古品などを売買するフリーマーケットアプリ最大手のメルカリが19日、東京証券取引所の新興市場マザーズに上場する。公開価格は仮条件の上限となる1株3千円で、時価総額は今年上場する企業で最大級の約4千億円の見通し。最大630億円の調達資金は、米国を中心とする世界展開に主に投じるとみられる。日本発ではほぼ例がない世界で成功するアプリとなるか注目が集まる。 山田進太郎会長が世界中で通用する個人間売買のアプリを目指してサービスを始めたメルカリは、国内ではアプリの利便性の高さなどから先行していた競...
»続きを読む
カテゴリー:

成長戦略のポイント フィンテック キャッシュレス比率を4割に - 06月16日(土)06:10 

 金融とITを融合した「フィンテック」の分野では、キャッシュレス社会の実現を掲げた。現金処理に伴うコストを削減し、消費者の利便性向上も図る。
カテゴリー:

海外の人は子連れにめっちゃ優しい。子連れ旅のすすめ/ママと子のW杯観戦記 - 06月18日(月)15:46 

 子どもがいたって、行きたいところがあるなら諦めないで!  ママたちにそうエールを送りつつ、ワールドカップの開催地ロシアからお届けする「ワンオペ子連れ旅レポート」第2回。前回に続いて準備編です。 「2歳・5歳の子ども2人を連れて」しかも「旦那不在のワンオペで」の海外…ロシアに限らず、子連れ旅をしたい人の参考になればと思います。 ◆「1歳の子連れでブラジル行き」も、なんとかなった  まずは「そもそもなんでワンオペなの?」って話ですが、話は2014年のブラジルワールドカップ、それよりさらに昔の結婚前に遡ります。  独身だったワタクシ、その頃はひとりでワールドカップを観にブラジルへ行こうと思っていました。  それが現在の旦那に「子どもが生まれたら3人でブラジルに行こうよ♪」とそそのかされ、「それも楽しそう!」と思って結婚、そして出産。  ところがいざブラジル行きを計画し出したら「やっぱり治安の悪いところには行きたくない」と言い出す旦那。ちなみに旦那は身長180cm、体重90kg超の屈強そうな黒人です。しかも中南米出身。  説得する気すらも起きず、仕方がないので腹をくくってワンオペで行くことにしました。世の中、強い意志さえあればやってやれないことはない! 適当なラテン旦那と生活しているとメンタルが鍛えられます。 ◆海外の人は子連れと子どもにめっちゃやさしい!  そうやっ...more
カテゴリー:

チェジュ航空、大阪/関西の発着ターミナルを年内に移転 自動チェックイン機7台設置へ - 06月18日(月)13:38 

チェジュ航空は、年内に関西国際空港の発着ターミナルを第2ターミナルに移転することを、来日したチェジュ航空の李碩柱(リー ソク ジョー)最高経営責任者(CEO)が明らかにした。 移転に合わせ、自動チェックイン機7台を設置することで、利便性も向上させる。旅客施設使用料は移転によって、現在の大人3,040円、小人1,680円から大人・小人1,540円に引き下げられる。 7月21日には、大阪/関西〜清州・グアム線それぞれ週7便を同時就航し、大阪/関西を発着する便は週70便体制へと大幅に拡大する。運航規模の拡大に合わせて、利用コストが安い第2ターミナルへの移転により、競争力のある運賃の提供を目指す。 チェジュ航空は2006年6月に運航を開始し、2008年に初の国際線となる、清州〜広島線に就航。現在は札幌/千歳・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・松山・福岡・沖縄/那覇の7都市へ12路線を運航している。李碩柱CEOはTraicyの単独インタビューで、「旭川、広島への就航を検討したい。」と話した。(インタビューは別掲します)。 投稿 チェジュ航空、大阪/関西の発着ターミナルを年内に移転 自動チェックイン機7台設置へ は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR──オンオフすべてをカバーするスポーツウォッチ - 06月18日(月)05:58 

平日は街中でのランニングやジムワーク主体に汗を流し、休日には郊外や大自然に飛び出してさまざまなアクティビティを楽しむ。そんな幅広いシーンで躍動する面々にとって、すべてをカバーしてくれるマルチスポーツGPSウォッチは、必需品ともいえる存在。今回紹介するSUUNTOの「SPARTAN TRAINER WRIST HR」は、あらゆるスポーツに対応するとともに、日常使いにも適したコンパクト性も兼ね備えた優れものだ。 さまざまなアクティビティで使える約80種類のスポーツモードをプリインストール 「SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」は、重量がわずか56g(ステンレスベゼル採用モデルは66g)。アウトドアシーンを中心に愛されている従来のSPARTANシリーズよりも格段に軽量かつスリムな1本だ。タッチパネルではなく5つのボタンによる操作となるなど、上位機種との違いはあるものの、コンパクトなボディには、多彩なトレーニング機能をはじめ、SPARTANシリーズの魅力が凝縮されている。 その特色として、まず、従来のSPARTANシリーズのアイテムと同様に、多彩なアクティビティに活用できる点が挙げられる。ランニングやサイクリング、スイミングなど、それぞれの競技で使い勝手のよいスポーツモードが多種用意されており、合計で約80種類をプリインストール。さらに、スプリットタイムやラ...more
カテゴリー:

バイク業界はもう消滅寸前? 切実投稿に「若者の危険離れ」指摘する声も - 06月17日(日)18:09  news

「若者の◯◯離れ」という言葉をやたらと目にする昨今。若者当人からすれば「税金とか社会保険料が増えて、可処分所得が少なくなってるのに、 そんな色んなことにお金を使えるわけないだろ」という話だろうが、それでも離れられる業界にとっては深刻な問題だ。 そんな中、「はてな匿名ダイアリー」に投稿されたエントリーが話題になっている。 ■二輪(バイク)業界が消滅寸前な理由とは 「二輪業界は本当にもう消滅寸前だと思う」と語る投稿者。その理由は「若い世代がバイクに乗らず、興味もない」「値段が高い上、維持にお金がか...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】“年の差婚”益子直美&山本雅道、『イチから住』で富士河口湖町にガチ移住 - 06月16日(土)05:07  mnewsplus

2018.06.15 12:30 “年の差婚”益子直美&山本雅道、『イチから住』で富士河口湖町にガチ移住  タレントや芸人、俳優が縁もゆかりもない地方に移住、その田舎暮らし体験に密着し、“人がそこに住む理由”を伝える、リアル・ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』(テレビ朝日系)。  6月17日(日、午後6:30~)放送から、益子直美&山本雅道夫妻が移住に挑戦。世界遺産・富士山の麓、富士五湖を舞台に新たな暮らしをスタートする。番組で夫婦揃って移住するのは、まこと(シャ乱Q)&富永美樹(移住先:静...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「利便性」の画像

もっと見る

「利便性」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる