「判断能力」とは?

関連ニュース

北朝鮮「無知無能な集団」韓国をののしる 5/18 1:18更新 - 05月18日(金)01:18 

韓国との閣僚級会談を中止した北朝鮮は、「事態が解決されない限り対話は容易に実現しない」と警告した。また、会談の中止に遺憾の意を示した韓国政府に対し、「判断能力のない無知無能な集団」とののしった上で、「アメリカと結託している」と批判。
カテゴリー:

【遺産】成年後見、神戸のNPOが遺産受領 病死男性の自宅 - 05月13日(日)08:59  newsplus

 認知症などで判断力が衰えた高齢者らの財産を守る成年後見制度で、神戸市長田区のNPO法人の支援を受けていた男性の自宅所有権が、男性の死後に同法人へと移されていたことが12日、神戸新聞社の取材で分かった。生前に作成された公正証書に基づき遺贈されたとみられ、法人側は「正当な手続き」と主張している。一方、会員が成年後見人などを務める日本社会福祉士会は正規の報酬以外の物品や金銭を被後見人らから受け取ることを倫理綱領で禁じており、「法人であっても同様の制限がかかる」とする声もある。(井沢泰斗)  男性の...
»続きを読む
カテゴリー:

『モンテ・クリスト伯』伊武雅刀の目だけの演技「めちゃくちゃ怖い」 - 05月17日(木)10:00 

 ディーン・フジオカ(37)の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)。緊迫感のある演出が話題の同作第4話で、寝たきりの老人を演じる俳優の伊武雅刀(69)が見せた表情に「すごい」「めちゃくちゃ怖い」と賞賛が集まっている。  アレクサンドル・デュマによる『モンテ・クリスト伯』をベースにした同ドラマは、仲間にハメられたことで15年もの間、外国の牢獄に幽閉されていたディーン演じる漁師の柴門暖が、多額の資産を得て帰国後、“モンテ・クリスト・真海”と名前を変えて関係者たちに復讐していくという物語。  第4話では、真海の復讐計画だけでなく、関係者たちの状況の変化も描かれた。暖に無実の罪を着せた張本人である警視庁の入間公平(高橋克典/53)は、娘の未蘭(岸井ゆきの/26)を政略結婚させようと企んでいた。  伊武が演じるのは、公平の父で、脳梗塞で倒れて以降歩くこともしゃべることもできなくなった、世界的ファンドの元代表で30億円の資産を持つ入間貞吉役。公平は「思考能力があるのかどうかも疑問だ」と貞吉を下に見て、雑に報告をして貞吉の了承を得たことにし、結婚を進めていた。  しかし、孫の未蘭を愛する貞吉は、弁護士を通し、未蘭が望まぬ結婚をした場合「遺産はすべて世界文化振興財団に寄付をする」と遺言を書き換えたことを伝える。手も口も動かせないことで、公平は「でっちあ...more
カテゴリー:

「判断能力」の画像

もっと見る

「判断能力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる