「初期費用」とは?

関連ニュース

平成最後の今、平成元年を振り返る - 06月22日(金)18:10  news

平成が終わって次の元号が来る前に、平成元年(1989年)がどんな時代だったかを振り返っていきましょう~ まずは、どんな年だったかというと 平成元年(1989年)は、消費税がはじめて導入された年で最初は3%だったところ、現在は、その倍以上となる8%に。今後は、10%への増税も検討されてる。(※2019年10月まで先送り状態。) 仕事や学校は、土曜日が休みに もともと土曜日は「半ドン」と呼ばれ、お昼や夕方前まで働いてる人が多かった。平成元年頃から、その働き方が見直されることに。 2018年現在、週休3日になる会社もあ...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨取引所向けウォレットのスタンダード目指すフレセッツ、UTECとセレスから約3.5億円を調達 - 06月18日(月)16:19 

仮想通貨やブロックチェーン技術の研究開発を行うフレセッツは6月18日、UTEC(東京大学エッジキャピタル)およびセレスを引受先とした第三者割当増資により総額3億4900万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回調達した資金をもとにエンジニアの採用など組織体制を強化する方針。近日公開予定の事業者向けウォレット管理システム「Bitshield」の開発を進めるほか、マーケティング活動への投資も行う。 フレセッツは2017年8月の設立。同年9月にセレスとストーンシステムから約2300万円、2018年3月にも同じくセレスとULSグループから約3500万円を調達している。 社内に専門家がいなくても導入できるウォレット フレセッツが現在開発しているのは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向け(仮想通貨取引所向け)のウォレットだ。 「コールドウォレット(ネットワークに接続されていない環境に秘密鍵を保存したウォレット)」や「マルチシグ(送金に必要な秘密鍵を分割し複数管理することでセキュリティを高める技術)」については1月にコインチェックからNEMが流出した騒動で取り上げられたこともあり、仮想通貨を保有していない人であっても聞き覚えがあるキーワードかもしれない。 この1件の影響もあり、金融庁では仮想通貨交換業者への一斉検査を実施。複数の事業者が...more
カテゴリー:

ウィンスリー、ご好評の「リテーナー契約」を8月いっぱいまでの契約締結で初期費用を無料に!“企業外・人事部”としての活用メリット満載 - 06月15日(金)12:28 

[株式会社ウィンスリー] [画像: https://prtimes.jp/i/24731/13/resize/d24731-13-593956-0.jpg ] 「リテーナー契約」のKPIは“採用”ではなく“面談に至った数”で計る!専門ヘッドハンターだから実現する、転職...
カテゴリー:

日本政府「北朝鮮への現金支援はない」 コメや医薬品の提供 インフラ整備など経済協力を通じた投資 - 06月15日(金)10:25  news

日本「北への現金支援はない」…3段階支援の構想をみると 「北朝鮮に現金を直接与えることはないはず。経済協力プロジェクト形式を取って支援することになるだろう」 最近、日本政府の関係者が記者に述べた言葉だ。日朝交渉に関連し、北朝鮮は植民地支配および過去の清算による経済支援、すなわち現金支援を期待しているが、日本の構想は違うということだ。 実際、日本経済新聞は14日、日本政府の「3段階対北朝鮮支援」構想を紹介した。 第1段階は国際原子力機関(IAEA)の核査察に対する初期費用の支援だ。北朝鮮非核...
»続きを読む
カテゴリー:

脱炭素へ!初期費用0円からの自家消費型太陽光発電導入セミナー開催~電気代削減とCO2削減の一挙両得~ - 06月14日(木)10:31 

[エコスタイル] 【自家消費型太陽光発電導入セミナー概要】 2015年パリ協定の採択以降、世界は脱炭素に向けて加速しています。このような背景から日本でも「RE100」への加盟を目指す動きも広がっています。「RE100」とは、使用す...
カテゴリー:

帳票の改訂作業を効率化するクラウド型の文書管理システム、トッパン・フォームズ | IT Leaders - 06月20日(水)16:55 

トッパン・フォームズは2018年6月20日、文書管理ソフトをクラウド型で提供するサービス「DocValue Contents/ドックバリュー コンテンツ」を発表、同日付けでベータ版の提供を開始した。正式版は2018年7月24日に提供開始する。価格(税別)は、初期費用が400万円で、月額費用が30万円。1Tバイトまでデータを貯められる。販売目標は、2020年度までに100ライセンスで10億円。
カテゴリー:

「民泊新法」スタート! 料金、近隣トラブル、詐欺商法を防ぐ上手な活用法はコレだ - 06月15日(金)18:30 

一般の住宅に有料で人を泊める「民泊」のルールを定めた新法「住宅宿泊事業法」が2018年6月15日に施行された。新法では、自治体に届け出をすれば原則、誰でも空き部屋を貸し出すことができ、地域の活性化や観光業の振興などに期待が高まる。その一方で、宿泊料金のトラブルや近隣住民への騒音などの問題も心配されている。新法のスタートにあたり、国民生活センターがトラブル防止のための賢い民泊の利用方法を紹介した。 宿泊料金のほかに清掃料金まで請求 国民生活センターによると、民泊に関する相談は2015年には57件だったが、16年は214件、17年は271件と急増している。相談例をみると、「キャンセルしたら宿泊料全額を請求された」「宿泊料のほかに清掃料金を請求された」などの料金問題のほか、「儲かるといわれ、高額のマニュアルを買わされた」など詐欺まがいの民泊商法の相談や、「騒音がひどい」「ごみが放置されている」など近隣住民とのトラブルが多く寄せられている。 その具体的な事例を紹介しよう。 【事例1】宿泊料全額をキャンセル料として請求 「インターネットの予約仲介サイトに「○○ホテル」と表示されていたので、ホテルと思い、早期予約で20%割引の部屋(約1万7000円)を予約すると、マンションを貸し出す民泊だった。キャンセルすると、早期予約の条件として宿泊料全額をキャンセル料として請求された。民泊も扱っているなら...more
カテゴリー:

■ニュース速報:日本「北への現金支援はない」…朝鮮人がパニックに - 06月15日(金)11:42  liveplus

「北朝鮮に現金を直接与えることはないはず。経済協力プロジェクト形式を取って 支援することになるだろう」 最近、日本政府の関係者が記者に述べた言葉だ。日朝交渉に関連し、北朝鮮は 植民地支配および過去の清算による経済支援、すなわち現金支援を期待している が、日本の構想は違うということだ。実際、日本経済新聞は14日、日本政府の 「3段階対北朝鮮支援」構想を紹介した。 第1段階は国際原子力機関(IAEA)の核査察に対する初期費用の支援だ。 北朝鮮非核化の最初の段階といえるIAEAの査察に投入される人...
»続きを読む
カテゴリー:

NEC、ボランティア業務の円滑な運営を支援するサービスを提供 | IT Leaders - 06月14日(木)11:55 

NECは2018年6月13日、スポーツ大会をはじめとした各種イベントや企業の社会貢献活動などのボランティア活動向けに、ボランティア業務の円滑な運営を支援する「ボランティア支援サービス」の提供を開始した。価格(税別)は、初期費用が40万円で、月額が15万円。
カテゴリー:

北朝鮮にIAEA査察なら、初期コスト負担あり得る=菅官房長官 - 06月13日(水)14:54 

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午前の会見で、米朝首脳会談後の記者会見ででトランプ米大統領が北朝鮮の非核化にかかる費用を日本が負担してくれると発言したことについて、査察の初期費用の負担はあり得るとした。ただし前提となるのは、北朝鮮の非核化が進んで国際原子力機関(IAEA)の査察が行われることだとした。 米朝首脳会談の結果として官房長官は「日本にミサイルがいつ飛んでくるという
カテゴリー:

もっと見る

「初期費用」の画像

もっと見る

「初期費用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる