「初任給」とは?

関連ニュース

40代社員は苦難の連続!? 10年後に待ち受ける高い壁とは - 07月16日(月)08:32 

 年金の支給開始年齢の引き上げをにらんで、サラリーマンの定年が60歳から65歳へと引き上げられる過渡期にある現在。しかし、ほんの30年ほど前までは「55歳定年」が主流だった。そんな「55歳」というボーダーラインは、今日では見えざる壁となって現役サラリーマンの前に立ちふさがっている。例えば、サラリーマンは55歳を超えると会社から“戦力外”扱いされるという話もあり、実際SPA!で55~60歳の男性にアンケートを行ったところ(回答者数3018人)、58.9%が「55歳を境に人生が“下り坂”になった」と回答していのだ。 ◆今の45歳を待ち受ける、10年後の高い壁とは……?  今の45歳が55歳になったときに直面する“10年後の壁”は、どのようになっているのだろうか? 「今の45歳は団塊ジュニア世代のど真ん中であり、企業において最も社員数が多い世代。さらに問題は、そのすぐ上にバブル世代がいることで、会社にとってはお荷物であるシニア社員が“詰まっている”状態。当然ながら、今の55歳が直面している役職定年や常時リストラといった“壁”は、より高いものになるでしょう」(ライフデザインアドバイザーの木村勝氏)  さらに、10年後には「年金支給開始が70歳近くになる」という事情も絡んでくる。 「これに伴い、法律が改正されて『65歳定年制』になるでしょう。現状より5年後ろ倒しになるわけで、とな...more
カテゴリー:

意外! 頑張った中小企業 「定昇」「ベア」「賞与」3部門で大企業超え? - 07月07日(土)15:00 

政府主導の「官製春闘」が始まって5年目を迎えたが、2018年春に賃上げを実施した企業は全体の82.2%にのぼることが東京商工リサーチの調査でわかった。賃上げの実施は、大企業が中小企業を2.8ポイント上回り、実施した企業のうち、7割で「従業員のモチベーションが上がった」など、賃上げの効果を実感した。その一方、景気の先行き不透明感を背景に、賃上げを実施しなかった企業は全体の17.8%あった。賃上げができなかった企業は求人難に加え、退職が加速する可能性もあり、中長期的には業績への影響が危惧される。 大企業は新卒者の初任給を重視 賃上げ内容を詳しくみると、賃上げを実施した企業のうち最多は「定期昇給」の78.7%、次いで「ベースアップ」の43.8%、「賞与(一時金)の増額」の37.4%と続く。これらを実施した企業の割合(構成比)は、大企業と中小企業ではほとんど差がなかったが、「新卒者の初任給の増額」で、大きな差が出た。 大企業が25.8%、中小企業が15.2%と、両者の差は10.6ポイントに広がった。内部留保に余裕のある大企業はもともと賃金が高いうえ、人材確保のため初任給の賃上げに積極的に取り組んでいることがうかがえる。 具体的な賃上げ幅(月額)をみると、まず「定期昇給」では、最多は「5000円以上1万円未満」が21.3%、次いで「2000円以上3000円未満」が21.2%、「3000円以上...more
カテゴリー:

稼げる人材を育てる、起業家が海外に作った新しい発想のキリロム工科大学 - 07月12日(木)09:15 

 現在の教育界の主要キーワードともいえる「英語」と「IT」。この2つを課題として、多くの既存大学が新しいカリキュラムを提案している。そうしたなかで、自由に英語を話し、最先端ITを駆使できる人材輩出を目指す大学が4年前、カンボジアに誕生した。キリロム工科大学(KIT)である。創設したのは起業家で学長の猪塚武氏、2018年4月には日本人学生の受入れも開始した。 2018年7月上旬、帰国中の猪塚武氏を、リセマムを運営するイードの代表取締役社長 宮川洋が訪問。なぜカンボジアなのか、どのような大学なのか、さらに将来の展望まで熱い想いを聞いた。経済的自由度を得るためのITと英語宮川:なぜカンボジアに設立したのですか。猪塚氏:カンボジアに行ったのは、当初、起業するためでした。一方で、日本の教育はこのままではいけないという想いももっていました。そして、いざカンボジアで採用活動を始めると、雇いたいと思える人がなかなか見つからない。だったら、日本とカンボジア、両方の人材を育てようと思ったわけです。しかもカンボジアは、まず宗教が仏教で日本と同じですし、食事の問題もない、しかも親日派で、また外資制限もありません。宮川:多角的に考えられたうえで、カンボジアだったのですね。そのカンボジアで、どのような人材を育てようとされているのでしょうか。猪塚氏:経済的自由度がなければ良いこともできないし、何も始まりませんが...more
カテゴリー:

獣医師不足が深刻! 年齢上限を引き上げたり、試験を増やすなど四苦八苦 あれれ~?おかしいぞ~? - 07月01日(日)20:10  news

県が公務員獣医師の確保に頭を悩ませている。全国的になり手が不足する中、県では採用試験の実施回数を増やすなど門戸を広げ、 手当を上乗せするなど待遇を改善してきたが、採用枠に満たない状態が続く。 ペットブームで、学生の就職が民間の動物病院に集中していることが要因という。県は7月から、希望者に就業体験をしてもらう。 関係者は「職場環境は充実している。ぜひ仕事場を見てほしい」と呼び掛けている。(古市豪)  公務員獣医師は、保健所や畜産試験場、家畜保健衛生所などで、家畜の検査や研究をしたり、食肉や乳製...
»続きを読む
カテゴリー:

「初任給」の画像

もっと見る

「初任給」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる