「刊行物」とは?

関連ニュース

重本ことりがグラビアに初挑戦!~ ファースト DVD&ファースト写真集発売のお知らせ - 06月14日(木)12:00 

「週刊大衆」、「漫画アクション」などの定期刊行物、コミック、書籍などを発行する総合出版社・双葉社より、重本ことりの初グラビアDVD/写真集が発売。
カテゴリー:

本の定義は何ページ以上? - 06月10日(日)18:00 

本には分厚いものもあれば薄いものもあります。薄いものだと小冊子などと呼ばれることもありますが、一体何ページ以上が「本」とされるのでしょうか。 49ページ以上 ユネスコの国際的基準によれば、本の定義とは表紙をページとして数えずに、本文が49ページ以上の印刷された非定期刊行物と定義されています。毎月1冊発行されるといったものであるならば、逐次刊行物となります。この逐次刊行物では雑誌などがよく知られているでしょう。 それ以下はどうなる? それならば、49ページ以下の印刷物はどのように扱われるのでしょうか。この場合には小冊子という定義になります。小冊子は5ページ以上、49ページ以下のものが該当しますね。よく1折や2折、16ページや32ページの本があります。同人誌などでは「薄い本」といわれるものですが、これは定義上は本ではなく小冊子という扱いになります。 それ以下はどうなる? それならば5ページ以下の印刷物はどうなるのでしょうか。こちらは紙を折っただけという扱いになりますので、本でもなければ小冊子でもないということになります。普段何気なく手に取っている印刷物であっても、本と小冊子の違いがはっきりと決められているのです。これは世界的な基準となっていますので、日本以外の国でも適用されます。印刷物メディアにはこのようにきっちりと決まりごとが存在するのです。元記事をビーカイブで確認!■関連記事つ...more
カテゴリー:

トップガン2を32年間待ち続けた米軍涙目。トム・クルーズの後ろにまさかのアイツ - 06月02日(土)07:05  liveplus

もやっと写ってます Image: Tom Cruise/Twitter 『トップガン』を見て戦闘機乗りに憧れて入隊したパイロットの間に、いま静かな衝撃が走っています…。 『トップガン』?なにそれ? というみなさまのために説明しますと、1986年公開のトム・クルーズ出世作です。舞台は米海軍戦闘機兵器学校、通称・トップガン。米軍全面協力の実機撮影のスピード感、F-14「トムキャット」艦上戦闘機を華麗に操るマーベリック(トム・クルーズ)の無双ぶりに世界中のミリオタが胸躍らせ、年間興収1位を記録しました。 映画のヒットでマーベリッ...
»続きを読む
カテゴリー:

自動車保険で自転車事故もカバーできる? 2つの特約を解説 - 06月11日(月)19:12 

 自転車に乗っていて事故を起こし、人にケガをさせたり自分がケガを負ってしまうケースがある。そのような事故への備えとして加入できる自動車保険の特約が2種類存在する。それぞれの違いや特長を紹介する。 2つの自動車“傷害保険”、その違いと組み合わせのメリット ■事故相手のケガを補償する個人賠償責任特約  自転車に乗ったときに相手をケガさせたり、あるいは死亡させたり、または相手の持ち物などを壊した場合、たとえ自転車事故でも賠償額が1億円近くなるケースもある。そんなときに備え、自動車保険のオプションである個人賠償責任特約に加入しておくと安心だ。  ただし、個人賠償責任特約では自分や家族がケガをした場合は補償されず、保険金を受け取ることができない。そのための特約として用意されているのが、自転車障害特約だ。 ■自分のケガを補償する自転車障害特約  自転車事故で自身がケガをして入院したり、後遺障害を負ったり、あるいは死亡したときの備えとして、自転車傷害特約というものがある。これは自動車保険に付帯できる特約で、自転車に乗っていた本人やその家族のケガに備えるものだ。ただし単にケガをしただけで保険金は下りず、“ケガによる入院”が支払いの条件となる。「骨折したが日帰り手術で帰宅した」といったケースでは保険金を受け取れないのだ。ケガによる入院時には、入院保険金や入院一時金が支払われる。入院以外の...more
カテゴリー:

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方 - 06月08日(金)21:00 

 自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険だが、大きく2つのタイプがあり、保険料も補償される内容も異なる。実際にはどれを選べばいいのだろうか。 “高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方 ■エコノミータイプが適用外となるケース  保険会社によって多少呼び方は異なるものの、基本的に車両保険は一般タイプとエコノミータイプ(車対車+Aタイプ)の2種類がある。一般タイプは保険料がやや高めの金額設定だが、故意により生じた損害や一部の災害などを除き、どのような事故でも保険が適用される。一方でエコノミータイプは保険料を抑えられる反面、車同士の事故は補償されても単独で起こした事故は補償外となり、修理費等を全て自分で支払うことになる。  では、エコノミータイプで補償されない単独事故(自損事故)とはどのようなものだろうか。これは「車庫入れの時にハンドルを切り損ねて車体をこすった」「よそ見運転でガードレールにぶつかった」など、相手が車以外の事故を指す。たとえば「急に道路に飛び出してきた歩行者を避けようとハンドルを切って、電信柱にぶつかった」といったケースは単独事故となり、エコノミータイプの車両保険では補償されない。また、自転車との接触事故の場合も補償されず、車の修理費用は基本...more
カテゴリー:

「刊行物」の画像

もっと見る

「刊行物」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる