「出版社」とは?

関連ニュース

韓国人セクシーゴルファー、アン・シネが日本で写真集を発売 - 05月26日(土)12:29  news

「セクシーゴルファー」アン・シネが日本で写真集を発売!?韓国ネットからため息 http://www.recordchina.co.jp/b603679-s0-c50-d0127.html 2018年5月25日、韓国・イーデイリーがこのほど「セクシーゴルファーのアン・シネが日本で写真集を発売した」と報じ、韓国のネット上で話題になっている。 アン・シネ(27)は自身のSNSを通じて写真集発売を発表した。「SHINE」というタイトルの同写真集は今年1月、豪州・ゴールドコストで トレーニング中に日本の出版社と撮影したという。4月には雑誌で写真の一部が公開され、今月23日か...
»続きを読む
カテゴリー:

Amazonランキング 本:経営学分門1位獲得!!「幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える」(前野隆司・小森谷浩志・天外伺朗著・内外出版社刊・5月23日発売) - 05月25日(金)17:10 

[株式会社 内外出版社] https://www.amazon.co.jp/dp/4862573541 [画像1: https://prtimes.jp/i/21817/43/resize/d21817-43-239525-0.jpg ] それを詳しく紹介しているのが、5月23日に発売された書籍『幸福学×経営学 次世代日本...
カテゴリー:

デンマークの人々が幸せなのはなぜ? 「ヒュッゲ」に学ぶ暮らしのヒント - 05月25日(金)12:00 

 2012年にスタートした国際連合の幸福度調査において、2017年までの過去3回首位に輝いているデンマーク。2017年の発表では150以上の国や地域の中で日本が51位だったということを知れば、デンマークの国民が日頃どれほど幸福度や満足度を実感しているか、少し想像できるかもしれません。  そんな「世界一幸せな国」とも言われるデンマークにおいて、独特の文化として存在するのが「ヒュッゲ」。  「ヒュッゲ」とはデンマーク語で、「幸福」や「心地よさ」を表す言葉。本書『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』の著者である芳子ビューエルさんは「大切な家族や親しい友人知人とともにほっこりした時間を過ごす」といった意味合いで解釈しているといいます。  国民の幸福度が高いいっぽうで、自殺率が高く、うつ病患者が多いという側面も持っているデンマーク。秋から春までの日照時間が非常に短いこの国では、暗く寒い日々が続くことから憂うつな気持ちを感じたり無気力になったりするのも無理はないことなのかもしれません。  だからこそそこで大事になるのがヒュッゲの考え方。「自分たちの『巣』を少しでも温かく、楽しく、心地よいものにして、自分が孤独ではないことを実感するためにヒュッゲという概念を生み出してきたように思えてなりません」と芳子さんは本の中で分析しています。そして、この最高に居心地のいいライフス...more
カテゴリー:

「企画」で苦しむのは、もうやめよう――目からウロコの企画のヒント - 05月25日(金)10:01 

「週明けに企画会議があるので、週末からもう憂鬱で」「とりあえず企画を持ってこい、と上司によく言われるので、本当に困る」「お客さんから企画の提案を求められているんですが、どういうものを出したらいいのか」「企画書って、何からどう書けばいいんでしょうか」 企画に、あるいは企画書づくりに頭を悩ませている人は本当に多いようです。しかし、「企画」という言葉に惑わされてはいけない、と語るのは、著書『企画書は10分で書きなさい』の著者で、たくさんの書籍企画に携わっているブックライターの上阪徹さん。 企画のイメージが変わる、「企画の作り方」のヒント、全5回です。 プロフィール ブックライター 上阪徹さん 上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。 1966年生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『JALの心づかい』『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか』『社長の「まわり」の仕事術』『10倍速く書ける 超スピード文章術』『成功者3000人の言葉』など。 「企画は難しい」という呪縛を解く 企画、と聞くと、...more
カテゴリー:

【アイドル】元Dream5重本ことり、美バスト大胆露出 衝撃のグラビアデビュー - 05月24日(木)22:08  mnewsplus

元Dream5でTBS系恋愛バラエティ番組「恋んトス」シーズン7にも出演した重本ことりが、6月17日にDVD『ことりばーす』、7月20日に写真集「未定」をそれぞれ発売することが決定。 グラビアに初挑戦した。 重本ことりがグラビア初挑戦 TVアニメ(以下同様)妖怪ウォッチエンデイングテーマ「ようかい体操第二」でブレイクし、元DREAM5のリーダーである重本が、グラビア撮影に初挑戦。 海で夕日をバックに撮影したシースルーキャミワンピース姿や、はだけた浴衣姿で、大胆に美バストを露出。 これまでの“普通の重本ことり”では満足で...
»続きを読む
カテゴリー:

【聖書vs進化論】教科書から「進化論」が消えようとしている、原因は「聖書に矛盾するから」 - 05月25日(金)22:09  newsplus

アメリカ・アリゾナ州で教育指針が見直されて、教科書から「進化論」に関する記述が消えようとしています。原因には、進化論に矛盾する聖書の存在があるようです。 Arizona state education standards see evolution deleted | Ars Technica https://arstechnica.com/science/2018/05/arizona-official-waters-down-states-science-education-standards/ アメリカでは州ごとに独自の教育を認める教育制度が採られており、授業でどの教科書を使うかの決定権は州に与えられています。そのため「地域性」が教科書の内容にも反映される...
»続きを読む
カテゴリー:

【 いちばんのリスクは基地が返還されること】 沖縄防衛局職員(40)が軍用地投資を勧める本 無断出版で処分検討 - 05月25日(金)15:02  newsplus

 防衛省沖縄防衛局の男性事務官(40代)が、沖縄の米軍基地の軍用地購入を勧める内容の本を出版した。防衛省に必要な申告をしておらず、小野寺五典防衛相は25日の閣議後会見で「規律違反の有無を含め詳細について調査中。判明した事実に基づいて厳正に対処したい」と述べた。  本は「お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない! 『軍用地投資』入門」で、東京の出版社から4月下旬に出版された。著者は「里中一人(さとなかひとり)」で、ペンネームだという。あとがきで「私は沖縄県に住んでいる現役の沖縄防衛局職員...
»続きを読む
カテゴリー:

すぐに試せる実用的なノウハウが凝縮!「できるところからスタートする コンバージョンアップの手法99」発売 - 05月25日(金)10:11 

株式会社エムディエヌコーポレーションは、Webサイトを運営する方に向けて、コンバージョンアップにつながるWebマーケティングの知識やノウハウを集めた実用書「できるところからスタートする コンバージョンアップの手法99」を5月25日に発売する。A5判/240P/オールカラー/2,000円(税抜) 「Webマーケティング」と聞くと、難しく考えたり、お金がかかるイメージを持っている人も多いのでは? 確かにWebで検索してみるとリスティング広告の出稿方法、オウンドメディア戦略、マーケティングオートメーション……といったテーマが多岐に渡り、はじめるにもハードルが高い印象だ。しかし、Webサイトの運営に携わる方々にとって「Webマーケティングだけ」に多くの時間は避けないのが現状ではないだろうか。 本書は、そんなWeb担当者に向けて、多忙な業務の間でも“小さな改善”を積み重ね、効果を出せるノウハウとTIPSを集めた一冊である。内容は、「コンバージョンを上げるための基本」「ユーザーを集めるための施策」「ユーザーにできるだけ長く留まってもらうための施策」「ユーザーに再訪問してもらうための施策」の4章構成。「どうしたら成果が出るのか、コンバージョン数が伸びるのか」というテーマは、Webサイトにとって永遠の課題。本書を通じ、すぐに“できるところ”からスタートしてみるのはいかがだろう。 Chapter 1...more
カテゴリー:

好きなことを“仕事”にできる方法がある? - 05月25日(金)06:00 

独立や起業と聞くと、憧れるけれどどこか遠いところの話のように感じてしまいますよね。ましてや社会人歴が浅い人は、自分に割り振られた仕事をこなすので精一杯だと思います。でも、その精一杯の仕事が、独立や起業のチャンスを生み出すかも……。「誰にだって、結果オーライの神様がついている」「奥村知花 『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』(PHP研究所/2018年)より引用」書籍PRとして、数多くのヒット作に関わっている奥村知花さんはそう言います。それは奥村さん自身が「独立してやる!」「起業するぞ!!」という意気込みが一切ないまま、気がつけばフリーランスとして、好きな本に関わる仕事をやり続けることができているからです。奥村さんの初めての著作『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』では、書籍をメディアに売り込む書籍PRのノウハウに加えて、奥村さん自身がどう周囲の人と関わってきたかが書かれています。奥村さんのスタートは専業主婦。そう聞くと、そこからどうやってヒット作に関わる仕事をするようになるのか不思議ですよね。本人曰く「ヤシの実のように流れ流れて」たどりついたそうですが、もちろん文字通り流れ流れていたわけではありませんでした。主婦からレストランのPR担当になり、その後フリーランスの書籍PRになるのですが、書籍PRへの扉を開...more
カテゴリー:

大人の発達障害「片づけが苦手な人」が悩まないための上手に暮らすテクニック - 05月24日(木)21:00 

「みんなが当たり前にできていることが自分にはできない」「ママ友とよく原因不明のトラブルになってしまう」…。発達障害が広く世間に認知されるようになり、「もしかして自分も?」などと感じている方も少なくないのではないでしょうか?そんな大人の発達障害(グレーゾーン含む)に悩む人のために、日常生活を上手に過ごすための具体的なノウハウを紹介したのが「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本」(翔泳社)。著書の村上由美さんは現在、言語聴覚士として活躍されていますが、実は4歳まで音声言語を話さなかったASD(自閉症スペクトラム)当事者です。そして、村上さんの旦那さんは、ASDに加えてADHD(注意欠陥・多動性障害)やLD(学習障害)の傾向もあり、大人になってからようやくそのことに気づいたそうです。そんな、当事者でもあり、家族でもあり、支援者でもある村上さんが、3つの視点から編み出した、発達障害の人が日々の暮らしがラクになるためのアイデアをうかがいました。お話をうかがったのは… 村上由美さん上智大学文学部心理学科、国立身体障害者リハビリテーションセンター(現・国立障害者リハビリテーションセンター)学院難能言語専門職員養成課程卒業。重症心身障害児施設や自治体などで発達障害児、肢体不自由児の言語聴覚療法や発達商談業務に従事。現在は、自治体の発育・発達相談業務のほか、音訳研修や発達...more
カテゴリー:

もっと見る

「出版社」の画像

もっと見る

「出版社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる