「出版」とは?

関連ニュース

有馬稲子が説く「小津さんに見せたかった4K東京暮色」 - 06月24日(日)21:30 

 小津安二郎監督の「東京暮色」(1957)と「彼岸花」(58)に出演した女優の有馬稲子が6月24日、小津監督の生誕115年を記念する特集上映「小津4K 巨匠が見つめた7つの家族」を上映中の東京・角川シネマ新宿でトークショーを行った。  有馬の代表作「東京暮色」は、妻に逃げられ、男手ひとつで娘を育てた銀行員(笠智衆)一家の物語。男に騙されて妊娠、中絶する次女・明子を演じた。4Kでデジタル修復された「東京暮色」の上映後に登壇した有馬は、「こんなところに出てくるべきではないですね。失敗しました。20年遅かった」と照れ笑い。「今の方は上手ですね。でも、『東京暮色』の私は悪くないと思うんですね。私、昨日、4Kで見て、“有馬さんいい”と思っちゃいました。演技していない。いや、しているんだけど、純潔さ、純粋さが出ている。だから、変な男にひっかかっちゃって、妊娠したりしちゃうんだけども」と話した。  明子役には自身の生い立ちもあって、深く共感する部分があったそう。「私は4歳の時にもらわれた子なんです。行った先のうちがよくて、踊りのお師匠さんをやっていたので、宝塚に入って、女優になったんです。だから、明子の心情がよくわかるんです。(父親役の)笠智衆さんはよかったですね。好きになる人はお父さんみたいな人。エディプス・コンプレックスなんです。そんなことがそのまま出ているんじゃないかしら」  小津監...more
カテゴリー:

ゲッターズ飯田「楽しい思い出の写真を飾る」 - 06月24日(日)19:00 

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、しあわせになる、ちょっといい言葉。 ゲッターズ飯田 [しあわせ言葉] 楽しい思い出の写真を飾ると、運気は上がる 学生時代の思い出の写真や、旅行や結婚式の写真など、あなたにとって一番幸せなときの写真を、一枚でも良いので飾りましょう。 良い思い出の写真を見ると、自然とそのときの楽しい気持ちを思い出して、運気も上がります。 寝る前に見ると、より運気が上がるので、ぜひやってみてください。 同じ考え方で、失恋した頃に買った靴をいつまでも履いていると、 気分が落ちて運気が下がるので、思い切って捨てましょう。 紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。 <ゲッターズ飯田 プロフィール> これまで約5万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。これまで占ってきた実績から「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどに数多く登場する。自分の占いで「顔は出さないほうがいい」からマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は100万人を超え、いま日本で最も有名な占い師。著書には「ゲッターズ...more
カテゴリー:

【芸能】海老蔵 麻央さんブログの書籍化断念「ネガティブなことを言う人がいる」 - 06月24日(日)16:45  mnewsplus

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が24日、長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2018」に、長女・麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄君(5)と参加。昨年6月22日に乳がんのため死去した、妻でキャスターの小林麻央さん(享年34)の遺志を継ぐ活動が、一部批判の声を受けて頓挫していることを明かした。  最愛の妻を失って1年、海老蔵の歩む道には、想像以上の強い“圧力”がかかっていた。昨年の「ABMORI」で宣言していた、乳がん患者を救うための“麻央基金”設立の進捗状況を問われると、「まだ放...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】日本のお家芸「ロボット研究」の国際地位が低下…学術論文数で中国が米国を抜くなど勢力図が変わる〔日本経済新聞〕 - 06月24日(日)15:07  newsplus

◆日本のお家芸ロボット、東大がトップ陥落本社共同分析 日本のお家芸とされ、ハイテク技術の象徴ともいえる「ロボット」研究で、日本の国際地位が低下している。 日本経済新聞と学術出版世界大手のエルゼビア(オランダ・アムステルダム)の共同分析で分かった。 科学技術への積極投資が進む中国は学術論文数で米を抜くなど勢力図が大きく変わってきている。 2016年までのロボットに関係する学術論文を分析。 ※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。 日本経済新聞 2018年6月22日 22:00 https:...
»続きを読む
カテゴリー:

不倫は芸術なのか?ホン・サンスとミューズキム・ミニの軌跡をたどる4つの物語 - 06月24日(日)11:30 

今年のカンヌ国際映画祭で絶賛を集めた『バーニング(英題)』のイ・チャンドンや、『嘆きのピエタ』(12)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したキム・ギドク、またハリウッド進出を果たしたキム・ジウン、パク・チャヌク、ポン・ジュノと、アジア映画の中でも実力の高い監督がひしめく韓国映画界。なかでも特に国際色豊かな作品を手掛ける監督はホン・サンスであろう。 【写真を見る】4つの異なる物語で、ホン・サンスの美学が発揮される/[c]2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved. 日本で韓国映画の一大ブームが巻き起こるよりも前にデビュー作『豚が井戸に落ちた日』(96)が公開されている彼の作品は、どういうわけか一挙にまとめて紹介されることが多い。2012年の秋に『よく知りもしないくせに』(09)から『次の朝は他人』(11)までの4作品が同日に封切られ、その後も『ソニはご機嫌ななめ』(13)と『へウォンの恋愛日記』(13)が同日公開。そして現在、近作4本が順を追って劇場公開されている。 ひとりの作家の作品群が、そうして数本ずついくつかのシリーズ(といってもストーリー的なつながりではなく、作品の性質的な、ないしは精神的なつながりだ)で区切られているというのは、ヌーヴェルヴァーグの巨匠エリック・ロメールを彷彿とさせるものがある。前述した2012年の4作品は「<恋...more
カテゴリー:

【技術】日本のお家芸「ロボット研究」の国際地位が低下…学術論文数で中国が米国を抜くなど勢力図が変わる〔日本経済新聞〕★3 - 06月24日(日)20:16  newsplus

◆日本のお家芸ロボット、東大がトップ陥落本社共同分析 日本のお家芸とされ、ハイテク技術の象徴ともいえる「ロボット」研究で、日本の国際地位が低下している。 日本経済新聞と学術出版世界大手のエルゼビア(オランダ・アムステルダム)の共同分析で分かった。 科学技術への積極投資が進む中国は学術論文数で米を抜くなど勢力図が大きく変わってきている。 2016年までのロボットに関係する学術論文を分析。 ※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。 日本経済新聞 2018年6月22日 22:00 https:...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】日本のお家芸「ロボット研究」の国際地位が低下…学術論文数で中国が米国を抜くなど勢力図が変わる〔日本経済新聞〕★2 - 06月24日(日)17:25  newsplus

◆日本のお家芸ロボット、東大がトップ陥落本社共同分析 日本のお家芸とされ、ハイテク技術の象徴ともいえる「ロボット」研究で、日本の国際地位が低下している。 日本経済新聞と学術出版世界大手のエルゼビア(オランダ・アムステルダム)の共同分析で分かった。 科学技術への積極投資が進む中国は学術論文数で米を抜くなど勢力図が大きく変わってきている。 2016年までのロボットに関係する学術論文を分析。 ※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。 日本経済新聞 2018年6月22日 22:00 https:...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木おさむ、息子の誕生日に家族3ショット「僕も父親として、もっと成長せねば」 - 06月24日(日)15:23 

放送作家の鈴木おさむが、22日に自身のアメブロを更新。息子・笑福くんの誕生日の様子を報告した。 冒頭で「本日、6月22日は、息子、笑福の三歳の誕生日」とつづった鈴木。3年前の生まれたばかりの息子と妻でお笑いトリオ・森三中の大島美幸の2ショットと、この日の朝撮ったという同じシチュエーションの2ショットで成長した息子の姿を公開し、「妻の顔はすっかり母親になりました」と感慨深い様子。 この日の朝、大島が飾ったという恐竜の風船の写真を公開しながら「笑福が欲しかった恐竜のセットをプレゼント」したことを明かした。息子については、大島の「愛に溢れて育って」いると述べ、「羨ましい」反面、「僕も父親として、もっと成長せねば」と親としての成長に意欲を見せた。 結婚する前の自身についても「仕事ばかりで、恋愛しても、平気で傷つけて」と振り返り、結婚してからは「大切にしたい優先順位が変わり。自分が今までどれだけ人の気持ちに気づけなかったかとか、そんなことに気づけたり」「ちょっとは人間らしくなれました」としみじみつづった。 翌日に更新したブログでも誕生日当日の様子をつづっており、笑福くんの大好きな焼肉屋店に行ったことを報告し、お誕生会での家族3ショットを公開した。 【関連記事】 ・「3歳??」(鈴木おさむオフィシャルブログ) ・「記憶??」(鈴木おさむオフィシャルブログ) ・『ママにはなれないパパ...more
カテゴリー:

語っていいとも! 第59回ゲスト・鈴木杏「ちょいちょいグレてたと…最近は発散場所が変わってきた感じ」 - 06月24日(日)12:00 

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。 前回、歌手・俳優の中村中(あたる)さんからご紹介いただいた第59回のゲストは女優の鈴木杏さん。 子役時代から活躍、96年にドラマ『金田一少年の事件簿』、翌年には『青い鳥』と話題作に出演。順調にキャリアを積み、03年の映画『花とアリス』では蒼井優とのW主演でも高い評価を得るなど、その後も舞台などで多くの実績を重ね、今や実力派の仲間入り。 愛らしいイメージだった“杏ちゃん”が大人の女優として幅を広げているが、30代を迎え、それまで背伸びしもがいていた20代から楽になれている今だというーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―時間ができて考えることばっかりしてると、ネガティブなスパイラルに陥っちゃいますしね。それこそ絵を描き始めたのも何かに投影して没頭できるのがよかったのでは。 杏 あと、絵はこう…すごく漠然としてるから、思いを限定されなくて済むっていう良さがありますね。今の時代、言葉を発信するのもすごく扱い方が難しくなってきてるじゃないですか? インターネットですぐ炎上したり、そういうつもりじゃないのに変な方向に取られてしまったり…。 ...more
カテゴリー:

ベストセラーランキング(2018/6/24) - 06月24日(日)11:00 

■球陽堂書房サンエー那覇メインプレイス店 (1)牧田善二著「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社・1620円) (2)菅野仁著「友だち幻想」 (3)吉野源三郎原作、羽賀翔一漫画「漫画 君たちはどう生きるか」 (4)すみれ著「かみさまは小学5年生」(サンマーク出版・1296円) (5)落合...
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる