「出演ドラマ」とは?

関連ニュース

祝! 英王室ヘンリー王子とM・マークルが結婚 10万人の群衆集まる - 05月21日(月)11:48 

 現地時間19日、世界中の注目を集めるイギリスのヘンリー王子と元女優メーガン・マークルの結婚式が、ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂で執り行われた。ウィンザー城周辺には幸せなカップルの姿をひと目見ようと10万人以上の群衆が詰めかけたという。The Guardianなどの海外メディアが報じた。【写真】ダイアナ妃、ウィリアム王子…「セレブたちのウェディング」フォト集 晴れの舞台にメーガンが選んだのはジヴァンシーのオートクチュールのウェディングドレス。イギリス人デザインナーで同ブランド初の女性アーティスティックディレクターになったクレア・ワイト・ケラーがデザインしている。ドレスはスレンダーなメーガンに合ったロングスリーブのすっきりしたデザインでシルク製。シルクチュールのヴェールは長さ約5メートルとのこと。縁には英連邦の53ヵ国を表す花のブロイダリーがあしらわれているそうだ。 一方、ヘンリー王子は英国軍王室騎兵連隊ブルーズ・アンド・ロイヤルズの黒を基調にした制服を選択。ヒゲを剃っていなかったのもヘンリー王子らしいと言える。ヘンリー王子は祭壇を向いて花嫁が横に来るのを待つという伝統を破っている。メーガンの入場を見ながらメーガンが横に来ると「ステキだよ」と声をかけ、メーガンの美しさに感情を抑えられないかのように唇をかんだ姿が話題になった。 挙式には600人のゲストが参列。デヴィッド&ヴィクトリア...more
カテゴリー:

木村佳乃、女優の価値下げることなくバラエティで神回連発 失われない清廉性 - 05月17日(木)08:40 

 女優・木村佳乃がバラエティ番組出演で、相変わらずの“神回連発”で話題となっている。1年ぶり3回目の参戦となった6日放送の『世界の果てまでイッテQ!GWシャッフル3時間SP』(日本テレビ系)では、これまで以上に体を張った企画に挑戦。インターネット上ではそんな木村の勇姿に「芸人キラー」「レギュラーになってほしい」など称賛の声が相次いだ。同番組での木村の立ち居振る舞いは「バラエティにも出演する女優」という言葉では語れないほどの破壊力なのは周知の通り。だが、どんな無茶をしても、決して女優としての価値を下げないのが彼女の特異性なのだ。 【画像】年齢を重ねてなお輝きを増す木村佳乃 美しい背中を大胆披露 ■初登場は「神回」と絶賛! 3戦目では遂に“キラキラ加工”も解禁  「木村佳乃×バラエティ」の構図が話題になったきっかけは、2015年1月4日に放送された『世界の果てまでイッテQ!新春2時間スペシャル』。木村はそこで、本格的なバンジージャンプ、蛾の炒め物の試食、ほっかむり姿で熱湯風呂、ふんどし姿のガチ相撲にも挑戦し、たんぽぽ川村と一戦。木村は突如、女優モードにスイッチを入れ、出演ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)の悪女役さながら、「私、親方の座を狙ってんの!」「大丈夫よ、歯クソなんてみんな付いてるわ」など仰天発言を連発。だが勝負は、ふんどしを尻に食い込ませて敗北を喫し、SNS上で...more
カテゴリー:

【訃報】井上堯之さん死去 「ザ・スパイダース」で活躍 マッチ「愚か者」作曲 - 05月05日(土)05:02  mnewsplus

5/5(土) 5:00 スポニチアネックス 井上堯之さん死去 「ザ・スパイダース」で活躍 マッチ「愚か者」作曲  1960年代にグループサウンズ「ザ・スパイダース」で活躍したギタリストの井上堯之(いのうえ・たかゆき)さんが2日に死去したことが4日、分かった。77歳。兵庫県出身。死因は明らかにされていない。沢田研二(69)のバックバンドを率い、ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」のテーマ曲演奏にも携わるなど、多才なミュージシャンだった。5日に近親者のみで密葬を執り行う。  井上さんは95年に初期の胃...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木紗理奈、番宣女優にブチ切れ「こっちは外国で賞獲っとんねん!」 - 05月17日(木)12:06 

5月16日放送の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に鈴木紗理奈がゲスト出演し、バラエティー番組に出演する女優たちに憤慨する場面があった。 【写真を見る】美脚披露の鈴木紗理奈/※画像は鈴木紗理奈(munehirovoice)公式Instagramのスクリーンショットです 出演ドラマの宣伝のために女優がバラエティー番組に出演することも多々あるが、紗理奈は「今日は番宣でわざわざ来ていただきました」という司会者の言葉にイライラするとぶちまける。 そういう場面に出くわすたびに「(私たち)タレントもわざわざ来とんねん!」「(女優には)気ぃ遣ってしゃべっとんなぁ」という気持ちが湧き起こるという。 紗理奈自身も女優としても活躍しており、主演映画「キセキの葉書」でマドリード国際映画祭の最優秀外国映画主演女優賞を受賞した経歴の持ち主。 バラエティー番組に番宣でやって来た女優に対して、心の中で「こっちはな、外国人に褒められた賞獲っとんねん!」「声も小っちゃいな!(バラエティーではもっと声を)張れや!」と毒づいていることも明かしていた。 放送後のSNS上では「ブチ切れてるだけのようにも見えるけど、紗理奈の言ってることは正論」「紗理奈のことが好きになった」など、好意的なコメントが数多く寄せられていた。 次回の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」は5月23日(水)放送...more
カテゴリー:

84歳で輝き続ける草笛光子 クローゼットを公開したスタイルブックがロングセラー中 - 05月12日(土)07:00 

 女優・草笛光子(84)が今年3月に発売した自身初のスタイルブック『草笛光子のクローゼット』(主婦と生活社)が、幅広い世代から支持されロングセラーを記録している。80歳を超えた年齢を感じさせない遊び心あふれるファッションを次々と披露し、ページをめくるたびに読者に笑顔と元気を与える本書のヒットの理由を探ってみた。 【写真】スタイル抜群!草笛光子の手を引く文音  草笛は1950年に松竹歌劇団に入団し、松竹大船や東宝を経て多数の舞台やミュージカル、映画に出演。58年スタートの音楽バラエティー『光子の窓』では司会も務めた。豊富な出演作の中でも、近年は大河ドラマ『真田丸』(2016)で主人公の真田信繁の祖母・とり役が話題となり、今年も公開中の映画『ばぁちゃんロード』、6月スタートのNHKドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』に出演、9月からは舞台『新・6週間のダンスレッス』の主演(共演:松岡昌宏)を務めるなど、精力的に活動している。  70年近くも第一線で走り続ける名女優に対して、中谷美紀や長澤まさみら人気女優たちも「草笛光子さんのようになりたい」とあこがれの気持ちを明かしている。そんな草笛の新たな一面が注目されたのが昨年1月。テレビ番組にて紹介されたニューヨークで過ごす草笛のオシャレなコーディネイトが「かっこいい!」とSNSで反響を呼び、その声を受けて本書の発売が決定した。  越路...more
カテゴリー:

「出演ドラマ」の画像

もっと見る

「出演ドラマ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる