「出来高概算」とは?

関連ニュース

【株式市場】貿易摩擦の影響を受けにくい銘柄が選別買いされ日経平均は大幅に反落 - 06月22日(金)16:09 

◆日経平均の終値は2万2516円83銭(176円21銭安)、TOPIXは1744.83ポイント(5.80ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億9404万株 22日後場の東京株式市場は、引き続きEU(欧州連合)が22日から対米報復関税を発動すると伝えられたことなどが影響し、日経平均は下げ幅200円から150円のゾーンで弱もみ合いを続けた。
カテゴリー:

【株式市場】海外勢の買い観測が言われ日経平均主導で上げTOPIXなどの追い上げ待つ - 06月21日(木)15:58 

◆日経平均の終値は2万2693円04銭(177円61銭高)、TOPIXは1750.63ポイント(2.12ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億25万株 21日後場の東京株式市場は、TDK(東1)やソフトバンクグループ(東1)など、日経225種平均への寄与度・影響度の大きい銘柄が一段と強含む印象になった。
カテゴリー:

【株式市場】香港株の反発など受け後場急速に上げ日経平均は3日ぶりに反発 - 06月20日(水)15:53 

◆日経平均の終値は2万2555円43銭(276円95銭高)、TOPIXは1752.75ポイント(8.83ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億9054万株 20日後場の東京株式市場は、日経平均が時間とともに持ち直して上値を追い、大引けにかけて302円98銭高(2万2581円40銭)まで上げて3日ぶりに反発した。
カテゴリー:

【株式市場】大阪で発生した地震も影響したようで日経平均は一時189円安と大きく反落 - 06月18日(月)12:03 

◆日経平均は2万2662円68銭(189円07銭安)、TOPIXは1769.98ポイント(19.06ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億1483万株 18日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウが一時280.9ドル安と下押したほか、朝8時前に大阪府を中心に発生した震度6の地震が影響したようで、日経平均は軟調に始まった後も下値を探り、11時過ぎに225円68銭安(2万2626円07銭)をつけた。
カテゴリー:

【株式市場】北朝鮮への経済協力関連株など強く日経平均は朝方147円高のあと一進一退 - 06月15日(金)11:59 

◆日経平均は2万2827円77銭(89円16銭高)、TOPIXは1788.49ポイント(4.60ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億250万株 15日(金)前場の東京株式市場は、日本と北朝鮮のトップ会談の可能性に期待が強まり、伏木海陸運送(東2)や兵機海運(東2)が急伸するなど、材料株物色が活発になった。
カテゴリー:

【株式市場】欧州も対米報復関税と伝わるが日経平均は朝方の278円安を下値に復調 - 06月22日(金)12:04 

◆日経平均は2万2500円45銭(192円59銭安)、TOPIXは1739.42ポイント(11.21ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億8655万株 22日(金)前場の東京株式市場は、米中貿易摩擦に加え、EU(欧州連合)も22日から対米報復関税を発動すると伝えられ、NYダウが8日続落したことなどが影響し、日経平均は取引開始後に278円86銭安(2万2414円18銭)まで下押した。
カテゴリー:

【株式市場】米追加関税の適用除外など好感され日経平均は一時192円高 - 06月21日(木)12:19 

◆日経平均は2万2734円28銭(178円85銭高)、TOPIXは1757.30ポイント(4.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億5505万株 21日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの続落を受けて日経平均は32円安で始まったが、「米追加関税、日本などの42品目を適用除外」(毎日新聞ニュース)などと伝わったあたりから日経平均の上げが強まった。
カテゴリー:

【株式市場】米中貿易摩擦の激化が懸念され日経平均は190円安だがメルカリは快調 - 06月19日(火)12:04 

◆日経平均は2万2482円89銭(197円44銭安)、TOPIXは1758.35ポイント(13.08ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億9552万株 19日(火曜)前場の東京株式市場は、米中貿易摩擦の推移などが注視され、NYダウの5日続落もあり、日経平均は114円安で始まった。
カテゴリー:

【株式市場】日銀の金融政策会合を受け金融株は重いが日経平均は堅調で反発 - 06月15日(金)15:47 

◆日経平均の終値は2万2851円75銭(113円14銭高)、TOPIXは1789.04ポイント(5.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億8394万株 15日後場の東京株式市場は、正午頃に日銀の金融政策決定会合(14~15日)の結果が伝えられ、マイナス金利を含めて異次元の緩和を継続とされたため、三菱UFJフィナンシャル・グループ(東1)などの大手銀行株が取引開始後一段軟化。
カテゴリー:

【株式市場】日銀の金融政策会合が米利上げの影響を受けるか注目され日経平均は反落 - 06月14日(木)15:46 

◆日経平均の終値は2万2738円61銭(227円77銭安)、TOPIXは1783.89ポイント(16.48ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億9745万株 14日後場の東京株式市場は、米国の今年3度目の利上げを受け、日銀の金融政策決定会合(6月14~15日)でどのような方針を示すか注目する様子があり、個別物色の色彩が強まった。
カテゴリー:

もっと見る

「出来高概算」の画像

もっと見る

「出来高概算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる